« 鳥鎮の藍染・上海の休日 | トップページ | チベットのアクセサリー・上海で・マダムミコ »

2007年1月27日 (土)

チュニジアのブライダル用の帯・マダムミコ

Img_0805_1n1s_1  どうして写真が斜めかと言うと、いろいろと削除したいところが多かったからです。旅の途中で偶然めぐり合ったものを写真に上手に撮っておくのは難しいですね。

これからは、使えるように上手に撮ってためておきます。

チュニジアにもやはり伝統の織物がありますが、以前はどうだったのか、この帯の絹糸は中国から輸入したものを使っていました。

織物を織るのは男性の仕事だそうです。

アジアでは女性が織る事が多いので初めて、スポーツマンのような若い男性が織機の前で機織をしているのをみたときはびっくりしました。

けっこう力がいる仕事なので男性の仕事というのもうなづけます。それにしても、か細いアジアの女性はたくましいということになりませんか?

この帯は婚礼衣装の仕上げに腰に巻きつけるものです。帯は2枚の長いストールを巾が広くなるように刺繍でつないでいます、端につけた長いフリンジがチュニジアの帯の特徴です。この刺繍とフリンジ作りは女性の仕事だそうです。

|

« 鳥鎮の藍染・上海の休日 | トップページ | チベットのアクセサリー・上海で・マダムミコ »

エスニックな生地」カテゴリの記事

チュニジア大好き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鳥鎮の藍染・上海の休日 | トップページ | チベットのアクセサリー・上海で・マダムミコ »