« 世界遺産がうちにある・マダムミコ | トップページ | 下町のインシャーラ »

2007年2月27日 (火)

ドレスが額の中・マダムミコの趣味

自分で仕立てたものが多いだけに、洋服を手元に置きたい思いが強い・・・と言うよりも、実は手放す事ができません。あるときアートに変えて保管、手元に置く方法を思いつきました。
Mmemikoart1_1
節のある濃いピンク色のインドシルクでていねいに作ったロングドレスでした。

ハイネックは私が好んで着るデザインです。衿は後ろのスプリングホックもそっくりそのまま残してみました。

ドレスは、前身ごろに深い4cm巾くらいのタックを縦に順番に脇まで畳んでいます。

洋服からアートに変えるにあたってタックの山から3色の絹糸で刺し子のようにハンドステッチをいれました。
Mmemikoart1s_2
コサージュは、他の洋服の残り生地のシルクで作りました。
このコサージュを衿のところに縫い付けます。
袖もありましたが、これはアートですからこんなふうに変更。
ウエストのところからはヨークの切り替えにして、コサージュと同じシルクの生地のパイピングを挟み込みました。ヨークは刺し子でうずめています。

土台の生地に少しづつ縫いつけながらバランスを見て作業を進めます。

全部縫い付けたら、思い出のロングドレスが小さなアート作品に変身して完成です。

こんな作業が大好きなのですが、なかなか時間を見つける事ができずに作品は数点しか仕上がっていません、いつかこの作業だけをやる時間が作れることを願っているのですが。

|

« 世界遺産がうちにある・マダムミコ | トップページ | 下町のインシャーラ »

マダムミコ コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界遺産がうちにある・マダムミコ | トップページ | 下町のインシャーラ »