« コースターもクロマーで | トップページ | アクリルたわし・エコロジー・マダムミコ »

2007年3月25日 (日)

上海で流行ってたリボン刺繍の小物

上海の地下鉄は大体、切符売り場が地下一階にあり、切符を買って改札を通ってからさらに下の階へホームがあります。切符を売っている地下一階には壁づたいに小さなお店が並んでいました。仕事の帰り道、地下鉄で帰ったときなどは、この地下一階の小さなお店に並ぶ小物を見るのがなんとなく楽しみだったりしました
参考*3/18開始のパスモ話題になっていますね、でも上海では日本より早くパスモと同じしくみの「交通カード」の利用が始まっていました!!

Ribon 洋服のお店、マフラーや帽子手袋などの服飾小物のお店、本屋やめがね屋もありました。もちろんお菓子屋さんも。
職業柄、洋服や小物にはつい目が行ってしまいます。
そこで、目に付いたのは右の画像のようなリボン刺繍でした。リボン刺繍を知っている方はもちろん多いでしょう。

でも、そのお店はショーケースが全部若い女の子が使うような化粧ポーチや、携帯ケースのこんなお花のリボン刺繍です。ということは、これは流行?こんな流行日本にあったかしら?
中国の繊細な絹糸の手刺繍を思えば、中国の刺繍屋さんにとっては、この程度のリボン刺繍は簡単なものなのかもしれません、さらに安いコストで若い女の子向けに大量生産されたのでしょうか。
懐かしく可愛いものです。

リボンは平たく、巾があるので見た目よりこの刺繍は難しいんですよ。チャレンジしてみてください。

|

« コースターもクロマーで | トップページ | アクリルたわし・エコロジー・マダムミコ »

上海大好き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コースターもクロマーで | トップページ | アクリルたわし・エコロジー・マダムミコ »