« FOODEX・果たして | トップページ | パンダの刺繍・マダムミコ »

2007年3月14日 (水)

ルーツマダムミコ・65年前のエコロジー

手織りの綿をご紹介します。どこかで見た事がありませんか?そう、すぐ上の↑現在このページのタイトルの背景に使っている生地です。
Roots_cotton Roots_cotton2

手織りの綿は、縫い糸の残りなどを利用して、マダムミコの祖母マダムトヨが65年位前に織ったエコロジー精神いっぱいのものです。祖母マダムトヨは他の仕事の合間に織機の置いてある部屋でカタンコトンと暇を見つけては織っていた様子を母から聞きました(祖母はマダムミコの物心つく前に他界)。この綿は家族用で丹前だったとか、なんと65年経っても丈夫に健在、現在はマダムミコが引き継いでインテリアに使っています。

祖母マダムトヨは三陸の小さな村(当時)のよろずやのおかみさん、絹織物から和服の仕立て、髪結いから花嫁の着付けまで、村の女の人の服飾や美容を一手にこなしていたそうです。

ところで私、マダムミコはカンボディアから戻った頃から、市場に小さな店を構えて物を売っている女性達の満足した顔が忘れられなくなりました。普通の暮らしのなかで村の人々とコミュニュケーションを取りながら仕事を切り盛りする幸せ・・・。今の「夢」です。
祖母マダムトヨの人生ってまさに私の「夢」を過ごしたもの。身近に青い鳥のヒントはあるというものでしょうか。

|

« FOODEX・果たして | トップページ | パンダの刺繍・マダムミコ »

『ふるさと いわて 釜石』」カテゴリの記事

エスニックな生地」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« FOODEX・果たして | トップページ | パンダの刺繍・マダムミコ »