« パンダの刺繍・マダムミコ | トップページ | ひながたでデザイン実現・マダムミコ »

2007年3月16日 (金)

チュニジアの衣服・エルジャムで

『ハレンム』の着付けは、「チュニジアの衣服・ハレンム」でご紹介しました。

Berber1s 民族衣装を着ている人を見ると時が止まってしまいます。マダムミコは、中部の街エルジャムで、暑さの休憩中に通りがかったベルベル人を見て「写真撮る!」と言っていました。

この写真の女性は、暑さよけに頭にスカーフのようなものをかぶっていますが、胸から裾までの黒っぽい布の巻き付け方は、紛れもなく『ハレンム』です。お腹のあたりに荷物をくくりつけてるのか、モコモコしていますが、前肩の胸に近いところで後ろ側の布とブローチで留めていました。

何か特別な儀式用ではなく、中部から南部に行けば行くほど、この伝統の衣服『ハレンム』を日常身につけている人を多く見ます。

この女性、気持ちよく写真に収まってくれましたが、彼女と同行していたフランス語を話す女性(娘のように見えたけど)に神の思し召しの小額を差し出すことを遠まわしに教わりました(要求かな)!

文化の違いは、突然、現実で突きつけられます。

|

« パンダの刺繍・マダムミコ | トップページ | ひながたでデザイン実現・マダムミコ »

エスニックな生地」カテゴリの記事

チュニジア大好き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パンダの刺繍・マダムミコ | トップページ | ひながたでデザイン実現・マダムミコ »