« バーチャル・トロピカルプリントのバッグ | トップページ | FOODEX・果たして »

2007年3月12日 (月)

2006年の秋冬・過ぎてみれば

06awtheme3_1 「流行は作られる」と、聞いたことはあっても服飾を仕事にしてなければ具体的にどう作られているか知らない場合が多いものです。それに大概ちょっとそのしくみを説明するとファッションが急に色あせて見えるらしいので・・・。

チュニジアにいるときに、2006年の秋冬のデザインについて、みんなで検討しました。普通はインターカラーを利用して、自分達の考えに合う色を選び決める事が多いのですが、チュニジアではインターカラーは手に入りません。
(*インターカラー 世界の何カ国が集まって2年後の流行色を発表する)

しかし現代は便利な時代、インターネットに救われてインターカラーに近い色を探しました。それから流行の生地やシルエットも、もちろん未来の流行するであろう・・・。
ですからエッセンスだけで、具体的なものではありません(流行は作るけれど、(どれだけ普及するかの)結果は誰にも分からないのです)。
4つのテーマを決めて、担当をわけました。
4つのテーマの中に私も入りました。このデザイン画はテーマ3です。チュニジアの同僚が苦手なので、私がニットにチャレンジすることになりました。
出来上がりは次回ご紹介します。ああ、でもすでに2007年春、もうすぐ2009年の春の色が発表されますよ。

|

« バーチャル・トロピカルプリントのバッグ | トップページ | FOODEX・果たして »

マダムミコ コレクション」カテゴリの記事

マダムミコ技術講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バーチャル・トロピカルプリントのバッグ | トップページ | FOODEX・果たして »