« マダムミコのこの頃 | トップページ | 立体裁断基礎編 第6回目 »

2007年4月16日 (月)

プノンペンのミシン屋

だいぶ前になりました。カンボディアへ久しぶりに出かけ、プノンペン市内の中心に泊まりました。
初めてカンボディアを旅する友人と一緒だったので、ホテルにじっとできずに、まだ明るい夕方に街を歩きたいという友人と近所へ散策へ出かけました。
Img_1912

ミシン屋を見つけました。「んっ?」

!そうここです。

当時、ミシンがなくては始まらない仕事でここにやってきた私は、このお店で所属先にミシンを購入してもらったのでした。

Img_1913



時が過ぎ、若々しかった夫婦も落ち着いた年代に入っていましたが、私を覚えていてくれてカメラにも応じてくれました。
カンボディアの人達は本当にいつもこんな感じに笑みをたたえています。



Img_1911
私のカンボディアでの仕事は、高校の家庭科の先生に縫製の再教育をすることでした。
コースを終え生徒を教える先生のために日本からのミシンの援助を要請しました。

要請が叶い、ミシンが各高校に配布されたある日、一つの高校に視察団がやってきました。

カンボディアのミシンは、私のカンボディアでの仕事の思い出です。

|

« マダムミコのこの頃 | トップページ | 立体裁断基礎編 第6回目 »

カンボディア大好き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マダムミコのこの頃 | トップページ | 立体裁断基礎編 第6回目 »