« 立体裁断基礎編 第5回目 | トップページ | 江戸の下町散策・マダムミコ »

2007年4月 7日 (土)

中国の藍染で作った手提げ袋

Aizomebag 中国の綿の藍染です。

中国の藍染は、空高いところから染め上がりを干します。その光景を鳥鎮で見たときは(クリック)圧巻でした。

この藍染の生地は、私が中国を知るずーっと前に中国を旅行した両親からお土産に貰った物です。

こんなにも個性の強い柄だと着る人が負けてしまうので、洋服のデザインはかなり難しいものです。しばらくたってから簡単な手提げ袋にしました。作り方はあまりにも簡単なので省略します。

同じ生地で作ったランチョンマットが実は大活躍、何年もテーブルの上にあります。藍染は使えば使うほどいい味になっていきます。

|

« 立体裁断基礎編 第5回目 | トップページ | 江戸の下町散策・マダムミコ »

上海大好き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 立体裁断基礎編 第5回目 | トップページ | 江戸の下町散策・マダムミコ »