« デザイン実現・立体裁断の力 | トップページ | フェミニンなツーピース2006年?春夏トレンド »

2007年5月 4日 (金)

9.今作成中!縫い始めました・マダムミコのドレス

  今日は仕事が進みました。
Img_2055
必要な箇所の芯地を裁断して貼り終わったところです。ところで、このマダムミコのドレスの過程も長くなりそうなので、デザインから始まったシリーズのタイトルに順番に番号をふっておきました。

前回の作業8.は、こちらからどうぞ。


さあ縫いましょう。
Img_2056_1 
芯地を貼ったスカートの見返しです。距離が短くしっかりしたところは、しつけもピンもなしで、ミシン定規を目安にさっさと縫いました。

Img_2058
一方、ダーツなどのように身頃の中央にある縫い目にはしっかりしつけをかけています。
少しでもずれたら仕上がりが美しくありません。しつけは仕上げ線にかけますが、ミシンはその一針内側を縫います。
生地の厚みや、わずかなふくらみ分がしつけ糸一本分と考えます。内側を縫っていても仕上がりが型紙どおりになるというわけです。

Img_2059
ダーツの先は、自然に自然に消えるように縫っていきます。
えくぼになったら、がっかりですから・・・。

Img_2062
距離の長く、まっすぐなところは、上布と下布が同時に進むように左手で上布を送り、右手で下布を留めるような感じで(感じ・・・)で縫うとずれませんよ。
ミシン定規と要所のピンだけで進めています。

Img_2063
Img_2066 Img_2069

裏地は表よりゆとりが必要です。
ダーツには2mmくらいの「キセ」というゆとりを入れて縫います。スカートの裏にはロックミシンをかけます。裏地スカートの裾は三つ折ミシン、気をつけて際を縫いましょう。

Img_2070

Img_2072 Img_2071
裏地スカートの裾は↑↑ごらんのとおり。

裏地も表地も、第一ステップのミシン縫いは終了です。次はスカートの仕上げといきましょう。ブラウスはそのあとに・・・

今のところ順調・・・。
ブラウスの身頃に使うスレキやスカートの裾にいれる布芯はこのように↓↓必ず水をとおして干します。
Img_2074




次回10.はこちらからどうぞ。

|

« デザイン実現・立体裁断の力 | トップページ | フェミニンなツーピース2006年?春夏トレンド »

作成◆マダムミコのドレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« デザイン実現・立体裁断の力 | トップページ | フェミニンなツーピース2006年?春夏トレンド »