« アフリカンネックレス・判明・・やっぱり | トップページ | カンボディアの生地スングの小バッグ »

2007年6月 6日 (水)

砂漠のカーペット・手織りもちろん

南部にサハラ砂漠が広がるチュニジアはなんと言っても私たち日本人には遠い憧れの国です。織物に興味があるマダムミコ、南部の民ベルベル人の手織りのカーペットがどうしても欲しくなりました。
Img_2475_1
大きな大きなカーペットが欲しいですが、とっても高いです。

暑さを避ける事ができても、洞窟のくらし(色は白、中央に吹き抜けがある明るいつくりです)は、楽ではないでしょう。気候と折り合いをつけながら「生きていく事」が仕事のような暮らし、その合間に何ヶ月もかかって織り上げたカーペットです。
チュニスや観光地のお土産屋では、きつい値引き合戦が得意のマダムミコも、カーペットを織り上げたその本人との交渉には情がからんでしまいます。
それに友達も欲しいような顔つき・・・。

駄目!
これは私が気に入った、の。

結局、私は日本人の友達に勝つために、ベルベル人の言い値で買ってしまいました。
生地のように織るカーペットは“キリム”と呼ばれていました。
フランス語の“タピ”は、切った毛糸が立ち上がったもの・・わかりますよね?。

|

« アフリカンネックレス・判明・・やっぱり | トップページ | カンボディアの生地スングの小バッグ »

チュニジア大好き」カテゴリの記事

コメント

マダムミコ様 今スクールの休憩中にブログ見せて頂きました。キリムの色合い素敵ですね。
はぴたんさんのブログも覗いてみました。

投稿: eri | 2007年6月 6日 (水) 10時29分

●eriさん
研修はいかがですか?
勉強もたまにだと楽しいですね!?そんなときにもマダムミコチャンネルを思い出してくれてありがとうございます。一服ですね!!頑張ってね!
ところで、キリム、最初にサハラに出かけたときにも好きなのがあったのですが、まだ決断力がなくって買いそびれました。
異国ではチャンスは一度ですね!

投稿: マダムミコ | 2007年6月 6日 (水) 17時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アフリカンネックレス・判明・・やっぱり | トップページ | カンボディアの生地スングの小バッグ »