« ジャパン・ダウンタウン | トップページ | ハンドメイド・昭和レトロ »

2007年7月19日 (木)

マダムミココレクション・旧作2006年

旧作ご紹介します。

もうすでに2007年「春」というより「夏」ですね。
写真の整理が追いつかず、時が過ぎてしまいますが、“春夏”ということでご了解ください。
チュニジア時代のものです。
こんなデザインです。
Img_2727 Img_2729
「手持ちデザイン画」をデジカメで撮っているのでぼやけています、重ねてご了承ください。
テーマはロマンティックとか、大胆な遊び。
★ピンクのブラウスは透ける生地をギャザーと断ち切りのフリルで飾りました。
★もうひとつは、今もトレンドが続いている幾何学、この柄の方は、断ち切りの端をすべて裁ち出し、こま結びを作りました。切りっぱなしというか、結びっぱなしのテクニックです。
とにかく、チュニジアでは見られないテクニックをひねり出すよう努力!しました。
↓↓出来上がりは・・・
Img_2749

→→無地の若草色の綿は、チュニジア人と仕事をしてきた前任の方が残した生地です。洗ったり織り糸に縮率をかけたりして、シワシワを着るのがトレンドの、世界のファッションの流れの中で、平らな生地使いが多いチュニジア、前任が、平らな生地を皺付けして使っていたテクニックを、踏襲しました。Img_2731_2
二人が同じ事をしていれば、うっ?と思ってくれるかなあ・・・。
出来上がりは↓↓写真が悪く“しわ”が見えない!?
Img_2752







●トップは胸のところでバイヤス使いです。
裾は生地の縦地と横地をそのままにしました。
イメージとしては、スカーフを三角に半分にして胸に巻いた様子です。少しアレンジしているので、三角に残った生地があり、小さなスカーフを肩に載せたような、ストラップにしました。(後ろの写真が必要ですね!)
前任の方のエコロジー(裁ち屑を出さない仕立てをやはり踏襲しています)。 スカートの裾は、マダムミコお気に入り!!の結びっぱなしです。

|

« ジャパン・ダウンタウン | トップページ | ハンドメイド・昭和レトロ »

マダムミコ コレクション」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ジャパン・ダウンタウン | トップページ | ハンドメイド・昭和レトロ »