« 秋のコットンブラウス・生徒さん | トップページ | 大きな格子・洋裁くらぶ・生徒さん »

2007年8月 9日 (木)

下町にあった洋裁教室・続きのワンピース

『洋裁くらぶ』は10年近くの休みを経て今年の4月から再開しています。
その決心がつくきっかけになった生徒さんは、10年前に下町にあった洋裁教室に通っていました。その生徒さんがなんと、続きのワンピースを見つけてきました。
「えぇっ!本当?」不思議なもので、すっかり忘れていたのに、じわじわと思い出すのでした。
大きな格子に刺繍の生地でした。
Img_2831

簡単な絵型が描いてあります。
スカラップ使いのメモです。
Img_2829
型紙としっかりセットされてピンが打ってありますが、さびてもいません。
「このまま続けられますよ!」「すぐ縫って着ましょう!」
Img_2830


←身頃の上の所にスカラップ刺繍の豪華な部分を配置しています。

↓↓ダーツの印を写したらしつけをかけます。
Img_2833
袖下もしつけをかけましょう。短い距離ですが、スカラップの段差の調節があるのでしつけが確実です。
↓↓↓それからスカラップの余分な布を切ります。
Img_2831s Img_2835_2



↓↓スカートの裾は刺繍の豪華な部分をぐるりと使うので脇接ぎなしです。Img_2832_2

こんな感じにできあがるでしょうか? Img_2834 

次回は、袖を付けて身頃を完成し、スカートまで付けられるかもしれません。
そのあとで、後ろ中心のコンシールファスナーをつけましょう。

10年の眠りから覚めたワンピースできあがりが楽しみです。

人気blogランキングへ

|

« 秋のコットンブラウス・生徒さん | トップページ | 大きな格子・洋裁くらぶ・生徒さん »

マダムミコ技術講座」カテゴリの記事

『洋裁くらぶの日々』07’08」カテゴリの記事

コメント

10年後に続きを仕上げるなんて~。それでいてデザインが古くなっていない。素敵ですね。私は作っている最中に飽きてしまい、出来上がりは誰かに進呈する。手仕事に向かない哀しい性格。

投稿: チュニジアンヌ | 2007年8月10日 (金) 22時33分

そうなんです!この10年、生徒さんも私もいろいろなことがあったはず、ワンピースは涼しい顔して、元のままの姿で、いさぎよい感じさえしました。丁寧にとっておいた生徒さんに感謝です。

投稿: マダムミコ | 2007年8月11日 (土) 08時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋のコットンブラウス・生徒さん | トップページ | 大きな格子・洋裁くらぶ・生徒さん »