« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月30日 (日)

オーダーメイドワンピース・1.デザイン・トワル準備・マダムミコ作成中

マダムミコの長い仕事の年月の10年以上の期間は、マダムミコアトリエでのデザイナー及び縫製者としての顧客向けのオーダーメイド制作でした。
ところが最近の10年余りの日々は、いろいろな興味が広がって、海外と日本を行ったり来たりで、オーダーメイドの仕事に専念していませんでしたが、久しぶりにお声をかけて頂きました。腕を振るわないと!!

以前のペースではありませんが、じっくりと制作にかかります。
Img_3443
メインの生地は、お客様がご用意された新作のバティックです。
エスニックになりすぎないよう、おとなしく品良く着易く個性的なワンピースがご要望です。
相談しながらのデッサンで、デザインがほぼ決定。
バティックだけでは、エスニックなイメージから抜け切らないし、そもそも用尺不足なので、黒生地とあわせたデザインにしました。
デザインがご紹介できるかどうかは後日のお客様の公開承諾次第ですので、今のところはあいまいに~~。

立体裁断です。
原型も基本型も、これまで何着もお作りしたお客さまですが、デザインと分量確認のために、トワルで立体裁断をしてバランスを見ます。
【準備・地直し】Img_3445
Img_3444 Img_3446

立体裁断に使うシーチングは、地の目曲がりがあります。耳をカットして、充分手で引っぱって地の目を整えて、さらにアイロンで安定させます。

【準備・地の目線いれ】
Img_3447
鉛筆で、地の目を追いながら線を引いていきます。


【トワルの裁断】
Img_3449_2 Img_3450
基本の型紙からおおよその寸法をとって、粗裁ちをしています。

【トワルの準備】
Img_3453
粗裁ちのトワルから、具体的なトワルへ立体裁断の作業を開始します。
次回へ~~。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年9月29日 (土)

ブログのタイトル

今、気がつきました。
ずーっとどうしてもできなかった事が、突然???
上のタイトル、「ブログマダムミコチャンネル」ですが、いつもよりなぜだかくっきりと目に入らないでしょうか?

いつから?
タイトルに画像を選んで。その中にテキストを入れるのですが、中央に置くように選んでもいつも上端にくっついてしまっていました。

私、何もしていません。
niftyさん、どうして??・・・・希望通りになったのだからいいのですが。

ブログランキングは、アクセス数とは関係ないようです。
ブログランキング訪れないと駄目なんですね。すごく能動的なことを求められるのだなあと、思います。自然がいいですね?
この頃、皆さんにこのブログ自体は訪れてもらっているのに、ランキングは下がっています。不思議?と思って考えました。

インターネットの手づくりサイトを作っている管理者さんの展示会に「洋裁くらぶ」のホームページも参加しませんか?とお誘いを受けました。ネットのつながりは素晴らしいですね。後は、私が参加用の内容をまとめるだけですが、なかなか・・・。
でもつながりを求めて頑張らないと。

本日は文字の羅列のみでした!!!!

ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (2)

2007年9月28日 (金)

レースとビーズ刺繍・コメントkijangさんの作品

ブログをやっていて楽しいのは、特にコメントをいただいた時です。
なんとかこうやって250本近くの毎日のブログを書き続けてこれたのも、世界のどこかで、たった一人でも、興味を持っている人がいるんだ!と思える瞬間が継続するからです。
記事を書くことに慣れようと、書き続けることを自分に課した私ですが、実際はストーリを考えたり、次の作品を考えたり結構楽しくやってしまっています。
そのうえ、たった一人ではなく、思ったより多くの方が見てくれているようで、本当に嬉しくなります。

とうとうその日が?やって来ました。??

生徒さんの作品は、マダムミコとの密接な時間?から当然、ブログでの話題となりますが、今日のご紹介は、なんとコメントを時々くださる“kijang”様の作品です。
ハンドメイド症状のkijang様のこの作品素敵です。

毎夜ちくちくとレースにビーズを刺したそうです。“鶴の恩返し”をどうしても思い出す~~。

Dscn3003
シックな、大きい衿明きのセーターに清楚で豪華なレースがとっても女らしくて素敵です!!小さなビーズがちりばめられて留められています~~。すごい!

Dscn3002
WEBアルバムから保存して貼り付けました。過程で画像が小さくなったみたいです。
作品の細やかさが見えにくくなったのですが、アシンメトリー(非対称)な衿元のレースと袖口のレースの配置のバランスが、とっても優しげでいいですね。

kijang様!
ブログ掲載快諾ありがとうございました。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (4)

2007年9月27日 (木)

下町にあった洋裁教室・続きのワンピース・生徒さん

本日も、作品完成のご報告ブログです!!
ファッションの秋!仕上げたくなってしまうんですね、きっと・・・・。

8月の暑い日に10年の眠りから覚めた仕掛中のワンピースの仕上げに入りました。
撮影を忘れたりして、少し間があきましたが、9月のある火曜日“ほぼ”完成しました!!

こちらのお教室は火曜の午前のみ、文京区千駄木、団子坂上の方で開催しています。
鶯谷の下町から、千駄木の洋裁くらぶ へは、東西めぐりんが便利です。
Img_3469 Img_3470

カメラを忘れた前回、ここまでできていました。素敵ですね、10年ですよ!
Img_3472
袖付けとスカート付けを待っているところ・です。

それで、今日は・・・。
Img_3474
Img_3477

袖付けをしました。ぐし縫いで袖山のいせを落ち着かせてから、ピンをうち、さらにしつけをかけています。

Img_3479 Img_3480

1cmの印がミシンにあります。その案内にあわせながらゆっくりゆっくり袖付けミシンをかけましょう。

あれ?いつもの猫ちゃんが・・・。
Img_3478
おけいこの間は外で遊んでいてね?
でも、2時間は我慢できないみたいな甘えん坊です。


袖付けました。
Img_3482 Img_3483

きれいに付きました。
次はロックミシンでそでぐり縫い代の縁かがリ・・・。
Img_3487
今回は、ロックミシンではなく??
なんと、電子ミシンの機能の中に縁かがりがありました。こんなにきれいです!!

袖がついたら、スカートのギャザーを整えて・・・。
Img_3489
ウエストをつけましょう。↓↓

ウエスト接ぎもできると・・・・。もしかして?Img_3492
Img_3490 Img_3493
後ろファスナー付けを残して、ほぼ完成しましたね!
この日は、ここで時間切れとなったのです。

それで、「ファスナーは自分で付けるわ!」と宣言した生徒さん、初秋に上手にコーディネートして、もう着ているでしょうか?

生徒さん着用のイメージは・・・。
Img_3494 Img_3495
・・・モデルさんのようでしょう?
素敵な生徒さんの、10年の魔法のようなワンピースが実現しました。完成おめでとうございます。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年9月26日 (水)

秋のコットンブラウスヨークつけてできあがり!!・生徒さん

連日、作品完成!!の嵐??ですが~~事実です。
「完成しました!!」

えっ?まだ?カフス付けは宿題?
そうでした。カフス付けを残してほぼ完成しました。ね?!生徒さんは冷静です。

前回の宿題は、できていますか?
まず、ラグランの袖付けの【ロックミシン】できています。

それから・・・。
Img_3454
Img_3464_2
【衿付けの玉縁始末】です。端ミシンが上手にかかっています。初めてこの始末を習ったのに、どうしてこんなにお上手なんでしょう。


それから・・・。
Img_3455
【袖口カフスのピンタック作り】と【端のメロウミシン】
ピンタックは、ヨークの余りのピンタックを利用していたのですが、メロウミシンの調子がうまくいかなかったので、生徒さんが作り直したものです。
ピンタック症候群・・・。


では、今日のおけいこの、ヨーク付けにさっそくかかりましょう!!
Img_3461
前後の丸いヨークに、たっぷりギャザーの身頃をしつけで縫い付けていきます。
安定しないヨークと、安定しないギャザーの身頃の縫い合わせは、案外難しいですね。

あせらず、じっくり。


Img_3458
ギャザーとヨークの寸法を整えて、しつけとステッチ定規を目安にミシン縫いスタートしました。
Img_3459
うまくいっています。


Img_3462
ぐるりと縫いあがって・・・


Img_3465
ぐるりとこんなふうに、本当に丸いヨークなんです。

Img_3457
待ちきれないわ!!ということで、着てみました。←生徒さんですよ。
Img_3456
まだまだ・・・。カフスを筒に縫って。
Img_3466
袖口にしつけで留めつけて。

Img_3467
くるりと返すと、仕上がりのイメージ(まだミシンでは縫っていません)

Img_3468
待ちきれないわ~~ということで(生徒さんとマダムミコと)
試着しました。←生徒さん。

できましたね!!
アイデアあふれる生徒さんは、もうすでに次の作品・・・共布でギャザーたっぷりのスカートを考えています。
それでは、次回はスカートと行きましょう。

“ほぼ”完成おめでとうございます。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年9月25日 (火)

格子のオーバーブラウス!お宅で完璧に完成!・生徒さん

先日のおけいこで完成した“大きな格子のオーバーブラウス”は、ボタン付けだけお宅で仕上げることになっていました。
おけいこの日の夜に、さっそくボタン付けが終わったとのこと。

↓↓写真を送ってくださいました。
Ts3a0021
大きな格子がオーバーブラウスにぴったり。
格子の裁断は難しかったですね?~~いろいろ思い出されます。
ボタンもしっかりついているようです。安心しました。

よく見ると、なにげなく、衿元にストールが・・・・。

お食事中のレストランの冷房が喉元に寒かったそうで、あまり布で仕上げた、生徒さんのオリジナルストールです。共布ストールはハンドメイドの証明ですね!
あれ?そう言えば、ミシンをお持ちでないと伺っていました???
手縫いでまわりを仕上げたのですね。ハンドメイド症状と診断いたします。

画像掲載させて頂きました。ありがとうございます。
次は、10月になります、新しい作品創造いたしましょう!!

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年9月24日 (月)

スカートとブラウス・今作成中!13.リフォーム・ブラウスは完成!!マダムミコ

昭和レトロワンピースから現代のブラウスへリフォーム中!
いえ、前回 12.で、お話したとおりすでに完成し、前回も着て出かけ?ました。
お蔭様で?この頃続いてた残暑に気持ちよく着られました!!
残暑の恩恵はこのブラウスに・・・。

Img_3230
袖も無事ついて、前打ち合わせもいい感じ・・・。

Img_3236
どこから画像を撮ってもフェミニンで、この頃のマダムミコの気分にぴったりです!!

Img_3233
春に作ったドレスのブラウスに、「普段着のゆとり」を、目分量でいれてしまいましたが、自分の服なので、様子が分かっているせいか、うまく行きました。自画自賛!!

Img_3237
はい!これが本当の完成画像です。打ち合わせの奥は、何箇所かをスナップでとめています。前端の一個だけ、糸ループがけのボタンにしました。

さて、覚えていますか??
↓↓↓元の極小の昭和レトロワンピースです。このワンピースはもうありません。
Img_2914_3   
このワンピースから、↓↓↓

このブラウスが再生しました。→そして、前身頃とカフス、ボタンだけが残りました。
Img_3233_2    Img_3239  

「今作成中!スカートとブラウス」
次は、遅まきながら、少しずつスカートの直しに掛かります。

Img_3067_2  Img_3096 

スカートの方は、後ろ身頃の傷の部分を張り替える修理ですが、一度お直しの方法をアップしたいと思います。

少し時間がかかるかもしれませんが、お楽しみに・・・。

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年9月23日 (日)

スカートとブラウス・今作成中!12.リフォーム・袖付け・マダムミコ

スカートのお直し(後ろ身頃張替え)と、ワンピースからブラウスへのリフォーム中です。
ブラウスはほぼできました。しかし、スカートはまだなんです。
それに、スカートはできるかなあ・・・・。少し弱気。タイトルを毎回書いていて、少し反省・・・。

まあ、とにかくブラウスの工程を進めます。もうできました!!前回11.もどうぞ、ご覧ください。
Img_3226
そうです、袖は前回できました。このあと袖も付けたんです。


Img_3228
袖付けのピンを打っているところです。厳密には、昭和レトロワンピースの袖は、春のドレスの身頃の袖の形をしていないのですが、袖ぐりの地の目を整え、身頃と自然に合わせながら、袖底を整え、ギャザー位置を決めました。左右が同じにならないといけません、印をつけて、一度はずして、左右の身頃と左右の袖に同一の印を付ける手間を惜しんではきれいな服はできません。けっこう山場なんです。


Img_3229
袖山のギャザーは,当時のぐちゃぐちゃギャザーミシンははずしてやり直しました。
袖ぐりが伸びているので、ピンだけでミシンに掛かるのは危険、しつけで袖ぐりを安定させています。


Img_3231
細かいギャザーを殺さない(せっかく寄せたギャザーをタックにしない)ように左指と右手の目打ちで、ミシンの押さえの下に均一なギャザーを押しこみながら、ミシンを進めます。
1cmのステッチ定規が目安です。

Img_3234
ミシンのあとは、袖ぐりにロックミシンをかけました。あの昭和レトロ、マダムミコ素人少女時代は裏地バイヤスで玉ぶち始末したのですが、今回は現代の始末方法を選びました。
(ちょっと、過去の私に負けたかなあ?)


さあて・・・。ゆっくりのようでも、工程を休まず進めば・・・。
Img_3230_2
はい、このとおり袖が付きました!!!!
あっけないでしょう?

うっ?それに袖が付いたのだから、確かできているはず?
そうです、冒頭で申し上げたとおりできました。
何か言い足りないので全体画像は明日にお預けです!

でも、できたらすぐ着たいんです。
皆さんにご紹介する前に、もう秋の気配なので急いで着て出かけます。

「行って来まーす。」
「あっ!スカートは?」、今日は別なスカートで・・・。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年9月22日 (土)

続・鶯谷『洋裁くらぶ』から谷中『さくらぎ茶屋』

先週も行った『さくらぎ茶屋』です。何しに?
B8
マダムミコ、11月から始めるサークル勉強会「洋服の型紙作り」の会員を集めるために、小さなポスターを作りました。それで・・・。
「どこか貼ってもいいところないかなあ・・・」うろうろしていたわけです。

素敵なお休み所!発見!、その壁には美術館のポスターなど、文化的なポスターがきれいに貼ってあるではありませんか!そんなに世の中都合よく行かないはず・・・。

「あのう・・すみません・・・」「えっ!いいんですか?」
・・というわけで、二つ返事で管理者の(株)ニホンプリントさんが承諾してくれました。

それで、先週はサークル勉強会「洋服の型紙作り」の小さなポスターを貼らせていただきました。 『洋裁くらぶ』のポスターもいいよ!とのこと、先週は用意していなかったので、今週、出直したと言うわけです。

「おはようございます!」←マダムミコ
A12b1_2
やっぱり、素敵なところだわぁ・・・。
B2
朝9:00なので、まだ休憩の人はいません。
B3
壁には、上野の美術館はじめ、近くの文化情報がいっぱい!!


それで、『洋裁くらぶ』もご好意に甘えて・・・。
B4
貼ってもらいました。先週貼ってもらったサークル勉強会「洋服の型紙作り」と並べて!!
B5
本当にありがとうございました。


この“さくらぎ茶屋”店先(というのかどうか)には、小さなお土産も販売していました。
休憩のお礼程度の可愛い物でした。
B6
谷中の散策に疲れたときに、楽しく休める“さくらぎ茶屋”との、素敵な出会いでした。
“さくらぎ茶屋”ご一同さま、ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

皆さんも東京下町散策にきっと訪れる場所だと思います。
『洋裁くらぶ』の晴れ舞台を見てくださいね!

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (2)

2007年9月21日 (金)

鶯谷『洋裁くらぶ』から谷中『さくらぎ茶屋』

先週出かけた所へ、午前一番に出かけました。

『洋裁くらぶ』のアトリエを出ると・・・
A1
最寄り駅のJR鶯谷駅南口です。

『洋裁くらぶ』へはこの駅から線路を越える橋を渡って階段を下りますが、今朝は、逆方向へ、坂を上がります。
A2
新坂、この先中学校に沿って、だらだら坂です。


A3
台東区立忍岡中学校の正門を左に過ぎます。

中学校をすぎてなお、まっすぐ歩くと右手の大きな建物は、すでに国立博物館です。
A4
角を曲がると正面玄関に着きました。

そのまま歩きます。
A5
左手は上野公園です。あっ!左手に見えるこの建物は、日本一古いだったか、大きいだったか、パイプオルガンのある“奏楽堂”です。

奏楽堂の道路向かいにあるのが・・・。
A6_2
博物館動物園駅跡です。前に一度ご紹介しました→こちらからどうぞ・・・。

歩き進めると道路にはこんなに看板が・・・・。
A7
A8
芸大音楽部門の入り口だと思います。

先に進みます。
交差点に老舗の和菓子屋さん。
A9
右角の木造の家です。上野桜木の桃林堂です。
この横の細い路地に入って行きます。

この路地の名は?
A10
RUE DES ARTS ?芸術通ですって、芸大への道ですね!今日は、芸大から歩いてきました。

この路地通りを抜けると・・・。交差点、その先に目的地の・・・。
A11
谷中の観光名所“旧吉田屋酒店”・・・。目的地はこの先となりの・・・。


ここ!!!
A12b1
この素敵なスペース・・・。
Aa
『さくらぎ茶屋』でした。  ひとやすみしようっと・・・ふう~~。お疲れ。
続きは明日へ、すみません~~。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年9月20日 (木)

格子のオーバーブラウス進行中!完成・生徒さん

大きな格子のブラウスは、裁断の難しさはあったものの、縫製はスイスイ進んでいます。
素材はコットン、でも、残暑がまだ続いているので、今日は余裕で仕上げましょう!!

前回のおけいこ では、ポケット付けや、衿ぐりを仕上げました。ボタンホールもミシンのア タッチメントを使って終わりました。

今日は・・・・。
Img_3390
【袖付け】袖付けから始めます。シャツ袖は脇縫いの前に袖山を付けてしまいます。
↑↑やっぱりしつけが安心。丁寧が早道です!

Img_3391
袖付けミシンです。ステッチ定規を1cm合わせて縫っていきます。この後、ロックミシンも終了。

【脇縫い・袖下縫い】
Img_3393
袖がついたら、袖下から脇へと続けて前後を縫い合わせましょう。この画像は袖口から縫い始めたところです。

Img_3394
脇へ縫い続けています~~。

Img_3398
できました~~。袖から脇へと続く前後の縫い合わせです、ロックミシン始末しています。



【袖口縫い】脇縫いが終わって、次は袖口・・・順調に行ってます。
Img_3395
袖口の三つ折は、すでにアイロンで折ってあります。
さらに、しつけをかけたら、くるっと縫い上げるだけ、左右ともできあがり!!簡単!!


【衿ぐり・前端・裾ぐるりステッチ】
Img_3397
ステッチは衿ぐり~前端~裾と続けます、やっぱりしつけをかけておくと安心。
柔らかい布なので、伸ばさないように注意しましょう。

Img_3401
前端から衿ぐりへとステッチは一本ではありません。4cm巾のステッチをもう一本かけることにしました。同色糸のステッチは目立つものではありませんが、見返しが落ち着いて着易くなります。慎重に・・・。幅広のステッチは結構気を使いますね?


【完成?】さあて!っと。実は・・・。
Img_3403
できてしまいました!!
ひとつひとつの工程を進めると、自然と出来上がっていきます?!
↓↓ロールアップの袖もお見せしましょう。
Img_3400
今日のおけいこは、しつけ、ミシン、ロックミシンと、休む間がなかったのですが、ボタン付けの手前で時間切れとなりました。
着て帰りたいところですが、残暑も厳しく汗をかくし~~ということで、ボタン付けは、珍しく?宿題ということにします。上の画像には撮影用にボタンをピンで留めてみました。生徒さんのイメージは、ボタンをあけて、Tシャツなどの上に軽やかに羽織る感じだそうです。シンプル大胆、素敵ですね!

次回は10月になります。すでにジャワ更紗??が用意されていますね!
素敵なオーバーブラウス完成(ほぼ)おめでとうございま~す。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (2)

2007年9月19日 (水)

スカートとブラウス・今作成中!11.リフォーム・袖カフス再現・マダムミコ

ワンピースからブラウスへ数十年の時間を経て再生中です!
前回 10. までに身頃ができました。

ワンピースの袖をそのまま使いたかったのですが、7.フスがはまらない!という、アクシデント?が発生して、やむなく新しいカフスを付け直すことにしました。

それで、今回はカフスです。
Img_3202
裁断しておいた、新しい、大きなサイズの!カフスの袖下側を縫います。

Img_3203_3
出来上がりにアイロンで折って、さらに見返し側の縫い代もあらかじめアイロンで折り返しておきました。


Img_3219
さあ、また、ほどき~~。古いカフスをはずします。例の細かいぐちゃぐちゃ縫いが目の前に再現、う~ん。



Img_3220  
カフスは距離が短いのであっという間にほどけてホッと。。。。
前のカフスと、新しいカフスの大きさ(上腕囲)を比べてください。人生の年輪ってこんなところに・・・・現れるの?(周囲5cmは増やしました)

Img_3221
カフスをつけます。数十年前のギャザーミシンをそのまま活用しています。
ほどきの作業がパスできてホッと・・・。



Img_3222
数十年前のギャザーミシンは曲がりも大胆!!でした。今の私は慎重ですよ!



Img_3223
明き無しのカフスにしたので、ぐるりと縫ってできあがりました。左右ともできあがり!!


Img_3224
カフスの見返しは、表からの落としミシンで縫って仕上げます。
カフス付けの前に、すでに出来上がりに折っていましたので、数箇所にピンを留めれば、そんなに難しくありません。
※落としミシンとは、縫い代のキワにミシンをかけて、裏側の布をとめることです。カフスには、ミシンがかからないので、ミシン目が見えにくくきれいで、丈夫にできます。ウエストベルト付けなどでも良く使う仕様です。



Img_3225_2 
↑↑落としミシンです。


Img_3226_2
さて!前のカフスをはずして、新しいカフスがつきました。
見えてきましたね、こうなるとやる気が出ます。

次回は仕上がりでしょうか? お楽しみに。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (4)

2007年9月18日 (火)

スカートとブラウス・今作成中!10.リフォーム・脇袋縫いと裾切り替え付け、もうすぐ~~

前回9.で衿ぐりができました。

次に脇を縫い合わせます。それから裾切り替えを仕立てて、身頃の上下を縫いあわせます。今日はそこまで進めます。

ではまず、薄物に最適な袋縫いで脇を仕上げます。
【袋縫い】
Img_3199
袋縫いは、最初表から縫って、ひっくり返して裏から縫って縫いあがります。
裏から縫わないように注意しましょうね!
縫いしろの端をきっちり合わせてから、4ミリ以内の細い細い縫い巾でミシンをかけます。

Img_3198 
最初の縫い目にキセがはいらないように、4ミリのところできっちり折り返します。
これで、裏側から、脇線の位置にミシンをかけられます。

もともとの縫い代は、1cmでした。最初に4ミリで縫ったので、仕上げは6ミリ。これでちょうど1cmのところで出来上がるようにミシンが入ります。
Img_3195

縫い代を袋の中に閉じ込めるようにして縫うので「袋縫い」と言います。
Img_3197
出来上がった脇縫いの「袋縫い」も、通常の縫い目と同じように片倒しておきましょう。
薄手のコットンですから、ミシン作業の途中で、手アイロン(指先で、アイロンのようになじませること)しながら進めると仕事がはかどります。
Img_3200


あら!いつの間にか、できていました!!
Img_3201
前身頃とヨーク付け、肩縫い、衿ぐり仕上げ、などなど・・・覚えていますか?


【裾切り替え作り】
Img_3204
前裾には、↑↑こんなふうにプリーツをたたみます。上身頃の打ち合わせに続くように作りたいんです。


Img_3205
陰ひだの奥に、思いっきりのスラッシュ開きを作りました。


Img_3206
上身頃の開きのイメージできるでしょうか?このあと、上の身頃と同じように、袋縫いで裾切り替えの脇を縫い合わせました。


Img_3208
次に、上下を縫い合わせる前の、パーツ(部分)のうちに、裾の三つ折ミシンも仕上げてしまいます。パーツが小さいうちに、できる作業を進めるのが、効率のいい作り方になります。


【上下の縫い合わせ】
Img_3209
一気に、上下を縫い合わせています。もうすぐです~~。


右前身頃
Img_3210 Img_3212
左下前はこうなっています。


【身頃できあがり】
Img_3235
後ろのダーツ見えますか?それから脇の袋縫い、そして、上下の縫い合わせ。
できましたね?



昭和レトロのssサイズワンピースから、現代のMサイズブラウスへと再生中です!!
Img_3218 Img_3215 Img_2914
前みごろの開きは、こんなふうです。
昭和レトロのワンピース→→



このワンピースは、もう存在しません。何か不思議な感じですね。
次回は、袖をつけましょう。残暑が厳しいのでまだ間にあいそう!

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年9月17日 (月)

技術講座・ボタンホールのアタッチメントで・マダムミコ

久しぶりに、アタッチメントを出して、簡単なシャツボタンホールを作成しました。
マダムミコのミシンは、職業用の直線縫いですので、ジグザグはできません。

そのままでは、ジグザグのしくみで作るミシンのボタンホールはできないのですが、ボタンホール機という便利なアタッチメントを付けると、直線ミシンでもジグザグ効果が生まれ、なんと自動縫いで、きれいにホールができあがります。

どうして?それは・・・・。
Img_3354

ミシンにこんなアタッチメントを装着します。
下の平たいような金具は、ミシンの送り歯をカバー(隠す)しています。
これで、布地が送れないようになります。
その替わりに、上の金具にギザギザの送り歯がついていて、これで布地を送ります。
つまり、普段のミシンのしくみと上下が逆になって、上の金具に付いた送り歯で布地が捉まれて、布地が動かされます。
???、分かります?
針がジグザグと動くのが、ジグザグミシン。布地がジグザグと動くのがボタンホール機です。


さて、始めます。
Img_3355
スタート地点。

Img_3361
左の方を進んでいます。布地がジグザグと動かされながら・・・。

Img_3362
折り返し、右側を布がジグザグして縫っています。

Img_3364
一周で終わろうと思ったのですが、ジグザグの薄いところが気になるので、中途半端なところで(きれいなところ)で終了としました。

Img_3363
はい!できあがりました。
直線縫いミシンのジグザグきれいでしょ?

ちなみに、ジグザグミシンも用意していますが、使い慣れた、この職業用のミシンは力があります、ホール機をつけてもやっぱり安心なような・・・気がしています。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年9月16日 (日)

スカートとブラウス・今作成中!9.リフォームの衿ぐり仕上げ・マダムミコ

昨日から続いて、ブラウスの衿ぐりの縫製を進めています。
このブラウスの衿ぐりには、前肩ヨークがくっついているので、ちょっとだけ縫製が、込み入っています。
前回8.で衿ぐりのミシンを始めました~~。
Img_3180_2
出来上がりの衿ぐり見返しの控えを意識して、縫い代のずらしを正確に押さえながらぬっていきます。

Img_3183
こんな感じに進んでいます。

Img_3181
↑↑ちょうどここ・・・・衿ぐりは前ヨークと前みごろの接ぎ位置までです。
ここから下は前身頃になります。


Img_3184
つまり、片方の前ヨークの衿ぐりから後ろ身頃の衿ぐりを通って、もう片方の前ヨークの衿ぐりまで、衿ぐり見返しがついています。


Img_3185
↑↑衿ぐりが縫いあがったら、ひっくり返す前に、縫い代を浅くカットします。
画像は、芯のついた見返し側の縫い代を3mmくらい落として、縫い代に段差をつけた状態です。

Img_3187
薄いコットンなので、アイロン無しでも工程を進めましょう。衿ぐりの縫い代を見返し側に片倒しして、端ミシン(コバステッチ)をかけています。



Img_3188
はい、↑↑衿ぐり見返し前ヨーク見返し付きは、こんなふうにできました。


でも・・・。まだ表ヨークとヨーク見返しは、くっついていません。
Img_3189
ちょっと見にくいと思いますが、表ヨークとヨーク見返しの縫い代を掴んで、表に引き出し、ピンで留めたところです。この後、ミシンが入るところまで縫っていきました。



Img_3192
衿ぐり端まではミシンがはいらないので、画像のように、指一本分縫い残しができます。
ここは、あとで手縫いでまつりましょう。


Img_3193 Img_3194
↑↑右身頃衿ぐりできあがリです。

↑↑ひっくり返して、右身頃を見返し側から見たところ。

参考になったでしょうか?続きは、次回・・・。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年9月15日 (土)

スカートとブラウス・今作成中!8.リフォーム縫い始め、ダーツから・マダムミコ

昭和レトロワンピースから、現代のブラウスへ再生(リフォーム)中です。
久しぶりなので、滞っていると思ってませんか?いいえ・・・進めましたよ。
前回7.で裁断後のパーツ裁断や芯貼りを終え、今日はいよいよミシンミシンです!!

うっ!最近、生徒さんもマダムミコもミシンミシン・・・秋ですもの・・。残暑も~~。

【後ろ身頃のダーツ縫い】
Img_3170_2
薄い木綿の生地なので、ダーツのしつけの替わりに、シルクピンを縦に留めました。

Img_3171_2
ミシンを進めながら、手前のピンを抜いていきます。

Img_3172_2
ダーツの止まりは、角にならないように丸く縫い止めます。ていねいに・・・。

Img_3168_3
はい!ダーツのできあがり。左右とも縫いました。


【前ヨーク付け】
Img_3175_2
前身頃は、肩のところでヨーク接ぎが必要でした。春のドレスと同じように・・・。
縫い代1cm、ステッチ定規を使います。

Img_3174_2
右前身頃のヨークを縫い合わせました。左も縫いました。


【肩縫い合わせ】
Img_3176_2
前後肩を縫い合わせます。ヨークの見返しがつくので、縫い代は1cm、ステッチ定規を使います。



【衿ぐり見返しつけ】を始めます~~。
Img_3177_3
↑↑↓↓肩を縫い合わせると、一気にブラウスの様子が見えるようですね。
Img_3178
前回、用意した衿ぐりの見返しを、こんなふうに乗せます。前ヨークにもしっかり見返しがつきます。

Img_3179
見返しを控えると、衿ぐりの仕上がりがきれいですね?
そのためには見返しを余分に縫う=表側を控えて縫う、ことになります。
それで、上のように縫い代をすこしずらします。

Img_3180
ミシン、ミシン・・・始めました。
本日はここまで、衿ぐりが仕上がるのは次回になります。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (5)

2007年9月14日 (金)

格子のオーバーブラウス進行中!もうすぐです・生徒さん

前回のおけいこは、この夏の最高気温の日でした。
よくぞ、あの暑さを乗り越えました~~。今日もお元気な生徒さん!

さて、もう先は見えてきました。秋の訪れは早足ですが間にあいますよ!
今日は、袖のロールアップ紐を袖につけます。
Img_3344
紐のたたきつけ部分は小さいですが、よじれないようにしつけをかけます。
Img_3343
ちくちくっと・・・。

ミシンはすぐできたので、ボタンもつけてしまいましょう。
Img_3349
絹手縫い糸、2本取りで三回通して、三回根巻きしてボタン付け終了。

こんな・・
Img_3366
感じにロールアップのパーツは出来上がりました。

次は、ポケットです。前回、ポケットのしつけをしたので、今日は、ミシンミシン。。。
Img_3345
柄がぴったり合っているので、よく見えませんが、アウトポケットの右底角のところにさしかかっています。ていねいに~ゆっくり~。
Img_3346
はい!ポケット口の補強の▽縫いもきれいにできました。お上手!

さて、次は・・・。
Img_3347
肩を1.5cmの縫い代で縫い合わせて・・・実は前回。怖い!ロックミシンに今回は挑戦しました。問題なし!!

それから・・・。
Img_3348
衿ぐりみかえしの肩も縫い合わせました。


次にすることは・・・。
Img_3351

衿無しの衿ぐりの表とみかえしの縫いあわせです。しつけをかけましょう。
伸びないように慎重に縫って、マダムミコは応援にまわって・・・で、撮影を忘れました。
できあがり!衿ぐりです!
Img_3365_2
全体は?こんな。
Img_3353_2 
ボタン付けとボタンホールはまだですが、ボディーに着せてみました。
生地を選んだ生徒さん「素敵な生地だわ~~」
ボタンを選んだマダムミコ「素敵なボタンだわ~~」
お互い満足のおけいこでした!!!

※シャツボタンホールは、ミシンにアタッチメントを取り付けて作ります。
このあと、マダムミコが、お手伝いして、ホールも完成しました。
次回のおけいこは、袖付けと袖下縫い、袖口縫い、そして衿ぐりから前端、裾と、ぐるっとステッチをかけたら、あら?できあがり!となる予定です。・・・ボタン付けも・・・。

お楽しみに!

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年9月13日 (木)

生徒さんの休憩時間も編み物?・生徒さんのコレクション

宿題をおうちに持ち帰らない?生徒さん・・・。
お宅では、何をしているんですか?
お宅での休憩時間に編み物をしていました。メールが到着!!

 先日、番外編で始めた鉤針編みのおけいこ、お帽子を編み始めたところだったのですが、なんと二度目のおけいこ無しに仕上がったそうです

↓↓↓
Ts3a0009
おけいこでは、ほんの二段進めて増やし目の計画をお話しました。
それから実はあっという間に出来上がって、すぐにプレゼントしたそうですよ!
それで、メールで送ってくださったと言うわけでした。
画像は少しセピアになりましたが、渋いグレーイッシュなブルーだったかしら・・??


そして↓↓
Ts3a0010
そのメールによると、その勢いで、もうひとつの帽子を編み始め、すでにこんなにできて・・・

そして↓↓
Img_3342
本日、「洋裁」のおけいこに持参されました!!
撮影の条件でかなり色が違いますが、わかりますね?

素晴らしい生徒さんの、素晴らしい鉤針編みのコレクションでした。
ブログ掲載快諾、ありがとうございます!!

さてっっと、明日のブログでは、本編、洋裁おけいこ「格子のオーバーブラウス」の頑張りをご紹介します。
お楽しみに!

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年9月12日 (水)

秋のコットンブラウス・山場の衿付け・生徒さん

一回のおけいこを、昨日と今日と、二回に分けてご紹介しています。
昨日は、ラグランの袖付けのところ をごお話ししました。それにゆびぬきの使い方も・・・。

今日は・・・。
ピンタック→コンシールファスナー付け→に続いて、第三の山場の衿付けの様子をお話しします。
Img_3163
Img_3296
↑↑このように、衿作りは、前回のおけいこで、終わりました。

今回のおけいこは・・・
Img_3295
まず、ロールカッターを使って衿ぐりを始末するバイヤステープをカットします。
ロールカッターって、バイヤスのように動きやすいものには、最適ですね・・・。
Img_3299


Img_3035 そして、この身頃に


Img_3296_2
これらの・・二つの衿を合わせて~~さらにカットした↑↑バイヤステープを重ねます。
すると・・↓↓↓↓↓↓↓↓
Img_3301
こんなふうな、縫製過程の画像、なかなか芸術的な“ひとこま”ではありませんか?
なんだか、美しいと思うのはわたしだけ?
※衿ぐりの玉ぶち始末(バイヤスを使って包むことを、玉ぶち始末と言います)に使うバイヤステープは、ゆとりを入れましょう。ゆったりめで、衿ぐりにきれいに収まります。


Img_3304
さあ、作りましょう!!ミシンミシン、ミシンです。衿のカーブを殺さないよう、丸く丸く、縫い代を均一に縫っていきましょう。目打ちを右手に持って・・・。お上手です!


Img_3306
縫い終わったら、表裏から、アイロンで縫い目を割るような気持ちで倒します。
アイロンは倒したい部分だけにかけるように、持ち上げてていねいにするのが、一番早道!!



できました!!
Img_3305
ね!

さてびっくりです。↓↓
Img_3309
なぜって?おわかりですね、だって、とても素敵なんですもの。

今日もよく頑張りました。宿題もいっぱい出しましたので、あと一回でできあがりですね。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年9月11日 (火)

秋のコットンブラウス・ラグラン袖付け、ゆびぬきの使い方・生徒さん

素晴らしいピンタックのブラウスの工程にはいくつかの山場があります。
最初の山場は、ピンタック作り
次の山場は、前回仕上げた、後ろのコンシールファスナー付けと衿作り です。
さて、次の山場は・・・・?


今日は、続いてラグラン切り替えの身頃に、袖を付けます。短い距離ですが、袖付けには変わりありません。カーブの違いをあわせるのは結構気を使いますね。
↓↓
Img_3290
袖下縫いは宿題でした。身頃の脇も縫いあがっています。


Img_3291
まずは、ていねいにピンを打って身頃と袖を留めていきます。袖の方から作業しましょう。



↓↓早くきれいに作るために、しつけをしましょう。
Img_3293
ゆびぬきが使える生徒さんですが、今回使っていませんね~?
Img_3294
ゆびぬきを使ったほうが楽ですよ!



Img_3300
右手:ゆびぬきは中指にはめます。人差し指と親指で生地をつかみます。
ゆびぬきをはめた中指は曲げて、針を押します。
左手:しっかりと左側で布をつかみます。
※袖付けの時のゆびぬき画像を撮らなかったので、衿付けの時の画像を使いました。

慣れるまでは、やりにくいと感じるかもしれませんが、ゆびぬきが使えると厚手の物は少しの力で、薄手のものは、本当に軽やかに作業が進みます。ぜひ試してみてください。


Img_3302
しつけをかけて、ミシン縫いを始めました。



Img_3303
ミシンにはステッチ定規を付けています。縫い代1cmに合わせて、調子よく行きました!


袖口カフスはピンタックを使用します。メロウミシン(縁飾りかがりミシン)も宿題でした。
Img_3308








カフス付けは最後にしますが、できあがりのイメージ素敵ですね。ピンタック効果!!
さて、今回のおけいこでは、次の山場の衿付けもやっていますが、お話は明日に続けます。
山場をお楽しみに!!
・・・ここまで、お疲れさま!生徒さん。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年9月10日 (月)

スカートとブラウス・今作成中!7.パーツ裁断と芯貼り・マダムミコ

昭和レトロワンピースをブラウスへリフォーム中です。前回までに裁断が終わりました。
前回→6.リフォームの裁断

今回からは、縫製にかかります。
縫製?と言うと正しくありません、特に今日の作業にはミシンはないので“組み立て”とでもしておきましょう。

↓↓前回裁断終了の様子
Img_3143_2
この中にまだ、足りない物がありました。


Img_3144
これは、後ろから前の衿ぐりの見返しです。
前にはヨークがありますので、ヨーク裏を衿ぐり見返しとつなげて裁断しました。


Img_3153
薄手の接着芯を貼って、さらに縫い代をあらかじめアイロンで折ってしまいます。
そうすると、この後の作業が楽になります。



Img_3152
前みごろの前端は、地の目(縦地の目)を使っています。見返しではなく、1cmの折り返ししかないので、テープ状にした芯を貼りました。

Img_3154
前の部分をボディーにあててイメージを確認!
↓↓芯を貼った、前端の折り返しはこんな具合です。
Img_3155
軽い綿のブラウスなので、これで芯貼りは終わりなのですが、思わぬ発見が!!
ちょっとがっかりなんです~~。

↓↓
Img_3148
ワンピースの袖をそのまま使いたかったのですが、なんと!カフスがはまらないのです。
つまり~~言いにくいのですが、画像のとおり寸法が不足~~つまり4cmくらい当時より成長??したらしい。明らかに。
ちょっと信じられないのですが、そういうことでした。わたし太っているかなあ?
※画像は腕ではなく、袖まんじゅうに着せたイメージ画像です。わかりますね!

↓↓それで急きょ、あらたなカフスの用意をしました。
Img_3149_2 Img_3150
衿ぐり見返しと同じように、縫い代はアイロンで折っておきます。
さあ、これで芯張りが終わったので、次回は本当にミシンの作業に入れます。

次回をお楽しみに・・・。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (6)

2007年9月 9日 (日)

洋裁の休憩時間・アクリルたわし?マダムミコ

手づくりの 洋裁の休憩が“手づくり”とは、とことん手づくりな私。
いつも使っているアクリルたわしが少しお疲れ気味なので、休憩時間に作ってみました。

アクリルたわし・エコロジー・マダムミコ もご覧ください。

いつも丸く編むのですが、今回は四角く編みます。

Img_3240
黄色の余り糸(アクリル100%)利用です。鎖を10cmくらい作って、一段目は、長編みをします。

Img_3241
黄色の上にグレーの余り糸(アクリル100%)で細編み。この柄を4段作る予定。
・・・二段目の黄色の長編みにかかりました。

Img_3242
三段目の黄色の長編みが終わるところ。

Img_3243
四段目の黄色です。

Img_3244_2 
適当な大きさ!
食器洗いは、大きすぎても小さすぎてもだめなんです。10cm程度が使いやすいです。

Img_3245
モチーフのまわりをグレーの糸で飾りました。細編みなどにすると、分厚くなりすぎるので、鎖で3目ごとに留めながらぐるりと編みました。

Img_3247
フックへの引っ掛け部分を最後に編んで、できあがりました!!

Img_3248
左は一年近く使い続けた、グリーンの丸いモチーフのアクリルたわしです。
今日から、四角いモチーフのアクリルたわしにバトンタッチします。
(数種類用意して、洗う物で使い分けるといいですね、私は現在2種類使っています。)


ちょっとした空き時間に簡単に編めて、気分転換と地球環境に役立てるって、う~~ん、なかなか優れものです。

ああ、楽しかった。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※左上カテゴリーにあった『洋裁くらぶ』お問合せ・お申し込みに替わって、『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年9月 8日 (土)

スカートとブラウス・今作成中!6.リフォームの裁断・マダムミコ

昭和レトロワンピースをブラウスへリフォーム続けます。
前回→5.リフォーム型入れ

新しい生地からなら、ここからスタートですが、リフォームは、ほどいたり、裁断とデザインの再計画をしたり・・・ここまでが長かったです。
でも好きな生地で服が復活って、ちょっと楽しみ~~。です~~。

Img_3132
いよいよ裁断します。型入れは上の通りです。


Img_3133
後ろみごろの巾が足りないです。前脇で足すことにします。脇で型紙ちょっと折っています。見えますか?利用するパターンはヨーク切り替えですが、今回は肩線まで続けます。

Img_3138
後ろみごろ裁断。一丁上がり!!利用パターンは後ろ中心ファスナー明きですが、このブラウスはワに変更します。

Img_3135
スカート一枚の方で、前みごろと後ろ裾切り替えがはいりそうです。うん、大丈夫!!
前にはタックも入れたい!!前みごろのタック分量と、後ろ裾切り替えの丈をお互い調節しながら、タック分量を決めました。

Img_3139
後ろ裾切り替えを裁断しました。春のドレスのブラウスより、身幅にゆとりを入れています。
 

Img_3136
タックを入れた状態で、前みごろも裁断します。
?そうそう、後ろみごろの巾が足りない分、ゆとりのある前みごろのほうで、巾を足します。


Img_3075_2
5分で決めたデザインは、こんなでした。前みごろのタックは、ほんの少しだけ叶います・・・。


↓↓前の裾切り替えは、デザイン画のようにプリーツにするんですが、用尺は大丈夫?
Img_3137
タック分(プリーツ分)を折って型入れしてみます。 OK!!

Img_3142
前みごろの、上と下です。

Img_3099 
これで、↑↑こんなデザインのブラウスの裁断終わりました。

Img_3143
ほうらね!リフォーム前のワンピース覚えていますか?
もうすぐ、生まれ変わります。

次回から縫製にかかります。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※左上カテゴリーにあった『洋裁くらぶ』お問合せ・お申し込みに替わって、『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年9月 7日 (金)

スカートとブラウス・今作成中!5.リフォームの型入れ・マダムミコ

昭和レトロワンピースをブラウスへリフォームしています。
前回→4.リフォームほどき終わりまで

今日は、ほどいてハギレのようになったパーツにブラウスの型入れをします。
Img_3111 【計画】
・もとの袖から→袖を作る~~簡単!!
・もとの後ろみごろから→後ろみごろ~~たぶん大丈夫!!
・もとのスカートから→前みごろと前後すその切り替え!!

・・・これで、たぶんブラウスができるはずですが、リフォームは、一枚の長い布から作るわけではありませんから、実際にほどいたワンピースのパーツを並べて、ブラウスの型紙を置きながら、デザインと裁断の検討をします。

※型入れとは、型紙を生地の上に並べて、効率的な裁断の計画をすることです。


Img_3124
また?ほどき?
そうです、ギャザーミシンがまだ残っていました。

Img_3127
Img_3126
数十年のギャザー跡です。アイロンで丁寧にのばしています。


Img_3128

←袖はそのまま

←後ろみごろは、後ろみごろとして使います。

←スカート一枚からは、前みごろをとりたいと思います。


←もう一枚のスカートと、上のスカートの残りで、前と後ろの裾の切り替えをとりたいんですが、だいじょうぶかなあ・・・・。



Img_3130
↑↑春に仕立てたドレスのブラウスの型紙を置いてみました。
分量は、間にあいそうです。デザインと寸法の微調整だけで大丈夫!!

よかった~~~。

Img_3131
裁断のために、生地を中表にワにして型入れが完成しました。
後ろみごろから後ろみごろですが、少し肩幅が足りません。
う~ん、!!。そう、肩幅はむしろこの巾位でOKでした!!
パフスリーブが助けてくれます。

次回は裁断します。
リフォームの手間、分かっていただけるでしょうか?
一枚の長い布地なら、ここまでの過程はすべて省略されていますよね!

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※左上カテゴリーにあった『洋裁くらぶ』お問合せ・お申し込みに替わって、『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (2)

2007年9月 6日 (木)

スカートとブラウス・今作成中!4.リフォームほどき終わりまで・マダムミコ

昭和レトロ花柄の極小ワンピース(自分の)のリフォーム前回 3.リフォームほどく前に から続いてほどいています。

↓↓こんな縫製でした。

Img_3105_2 Img_3107_2


袖ぐりのバイヤス始末の“ほどき”と格闘の結果、ようやく
↓↓一袖はずれました!!

Img_3103 
Img_3102
さあ、もう一袖も格闘します!!


ほどなく、実はかなりの時間を用して、二袖ともはずし、ウエストもはずしました。
↓↓

Img_3111
まるでこれから組み立てるようにも見えますが・・・。
紛れもない“ほどき”の結果です。


さらに、後ろみごろを使うので、前と後ろをほどいて離します。

Img_3112_2
↑↑無事、後ろみごろが独立!しました。


ああ、これで、大まかなほどきと裁断の準備は終わりました。

Img_3113
型紙は、春に作ったドレスのブラウスを利用します。
次は、ほどいたパーツを広げて、デザインとの検証をしながら型入れ、裁断へと続けていきます。
明日続けます!お楽しみに!
ほどいてホッとしました。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※左上カテゴリーにあった『洋裁くらぶ』お問合せ・お申し込みに替わって、『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (2)

2007年9月 5日 (水)

スカートとブラウス・今作成中!3.リフォームほどく前に・マダムミコ

昭和レトロ花柄の極小ワンピース(自分の)のリフォーム前回 2.デザインからの続きです。
このワンピース学校で洋裁を正式に習う前に、本を見て母に聞いて縫い上げたものです。
↓↓自慢と言うわけではないんです、先に進みます。
Img_2915
縫い上げるのが目的、まさか数十年後に本人がほどくとは想像してませんでした。


さあ、ほどき始めようとひっくり返したら・・・その針目の細かさ、重なりにびっくり!
↓↓さすが、学校に入る前です。縫うことだけに専念・・・・。
Img_3107
こんなにごちゃごちゃ縫っています。ほどく~~??~~

Img_3106_2
↑↑いいところもあります。スカートの脇やウエストの接ぎは、きちんと仕付け糸二本で中綴じされていました。


Img_3108 Img_3109

↑↑前ボタンはウエストまでだったので、脱ぎ着のために、この当時のワンピースには、よく脇ファスナーをつけました。裏地をミシン糸で細かくまつっていました。


袖ぐりの縫い代は裏地バイヤスで包んでいます。この頃はロックミシンもなかったので、
丁寧な仕立て!!でも~~~・・・。
Img_3104
ほどくのが~~
Img_3105
ちょっと大変かも~~

それで・・・。
Img_3101
ミシン縫いの重なっていないところを探して、ひとまずほどきのスタートしました。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。

人気blogランキングへ

※左上カテゴリーにあった『洋裁くらぶ』お問合せ・お申し込みに替わって、『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年9月 4日 (火)

秋のコットンブラウス・ファスナーと衿作り・生徒さん

素晴らしいピンタックのあのブラウスです!
今日は、ヨークの後ろファスナーと左右分かれたショールカラーを仕上げるのが目標!

↓↓宿題の身頃のギャザーミシンは・・・
Img_3161 Img_3166_2
←こんなふうにできています。



↓↓では、後ろ明きのヨークにファスナーをつけます。
Img_3167
簡単できれいにつくコンシールファスナーですが、なぜか噂では「難しい」らしいのです。
大丈夫!本当に簡単ですよ!
↓↓
Img_3159
↑↑できてしまいました!
↓↓面倒でもファスナーにしつけをかけて、↑あとはコンシール押さえに任せるだけです。
Img_3157
♪ちょっとしたコツがあります。
コンシール押さえの溝にきちんと入れ込むために、少しだけファスナーを開いてあげましょう。そうするとファスナーのキワにきれいにミシンの針が落ちます。


前後の肩を縫い合わせて、ロックミシンをかけるのは宿題になりました。
Img_3160


↓↓先を急ぎましょう。左右に分かれたショールカラー作り・・・。

こんなデザインの衿です。
左右の丸みを同じに縫うのは結構大変かもしれませんね。
Img_3164_2
Img_3163
表と裏の衿を合わせるときに、表側にゆとりをいれます。そうすると出来上がった時に、衿が反り返らず落ち着きます。同じ寸法の衿を少しずらして縫うのがポイントです。左右の丸みにも気をつけましょう。
画像は片方だけ!縫うのは、対象のもう一枚も。
一生懸命作りました、できあがり上々で、撮影を忘れました。ごめんなさい。





↓↓ピンタックの身頃とあわせたイメージはこうです。
Img_3165_2

衿付けは次回の山場です。
それまでに脇を縫って、袖下と袖口を仕上げておきましょう。
袖口はまだイメージが完全でありませんが、素晴らしいピンタックのパーツが充分あるので、カフスに使いましょう。
↓↓
Img_3158
出来上がりもあと数回ですね。初秋にできあがりそうですね、頑張っています。



♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※左上カテゴリーにあった『洋裁くらぶ』お問合せ・お申し込みに替わって、『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年9月 2日 (日)

上海の昔と今・老街とリニアモータカー

豫園(庭園)と豫園の周りにある商店の区域をまた豫園と呼んでいます。
そのまわりは、ぐるりとお店が塀のように軒を並べて、四角い観光区域を作っています。
お店とお店の切れ目に所々にある路地から、その区域に観光客は入って行きます。

もっと広げて、豫園というその四角い観光区域のまわりの街は、上海の典型的な街並みが残っている地域でした。もともとの大都会上海の古い商業の中心地です。今となっては、商店街とそこに住む人々の家々は、あまりにも古く小さく、まわりのビル群と釣り合いが取れなくなってきたようです。

上海を訪れるたびに、ごっそりと長屋の一角が消えていることに気づかされます。
2006年の上海でかろうじて残っていたこの3階建ての長屋、前にも一度ご紹介しましたが、今はどうなっているでしょうか?
↓↓↓
Img_1394s
ここは交差点、古くは交差点の四つの角はすべてこんな古い建物でしたが、2006年はこの角だけが古いまま残されていました。この建物も早晩壊されるのでしょうね。


↓↓↓世界でただ一箇所、上海では空港と市内を結ぶリニアモーターカーが運営されています。
Img_1473s_2
上海は、どこよりも昔と今が同時進行しています。人々はそのストレスに決して負けません。人々の屈託ない活気はいつも私を驚かせ、勇気をくれます。
生活、人生って休みがないんですね。
夏の疲れをとって、さあがんばろうっと考えたら、上海の人々を思い出しました。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※左上カテゴリーにあった『洋裁くらぶ』お問合せ・お申し込みに替わって、『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年9月 1日 (土)

スカートとブラウス・今作成中!2.リフォームのデザイン・マダムミコ

9月になりました。
今年の夏は本当に暑かったので、9月を、秋を待ち望んでいました。
さあ、やる気が出てきたので、 昭和レトロワンピースを改造!リフォーム!の様子をすこしずつご紹介します。

さてこれって秋物?それが疑問ですが、とにかく進めましょう。半袖???


前回の、1.プロローグからどうぞ!

↓↓この数十年前の極小のワンピースから、あらたにブラウスを作り出します。
Img_2914

まだ作成は開始していません、入念な?デザイン計画が必要??
そこで思いつくままに今日はデザインします。
Img_3069
ワンピースの袖はそのままに・・・

Img_3072
春に仕立てたドレスの身頃のパターンを利用して・・・
Img_2314
         ドレスの作成過程はこちらをどうぞ →→→→

Img_3073
こんなだったでしょうか?身頃ギャザリングだったのですが、
今回はタック程度にはしたいなあ。

Img_3074
切り替え下は?

Img_3075
ドレスのブラウスは後ろ明きでしたが、普段のブラウスは前明きが着易いです。
こんな風に前打ち合わせで開け閉めしたいです。そのためには??

Img_3076_2 Img_3077
その前に、後ろを決めてしまいます。
単純に、小さいワンピースの後ろ身頃からですが、ハイウェストの後ろ身頃は取れるでしょう。

↓↓もう一度!袖は、ワンピースの袖を使います。
Img_3080_2

ワンピースの後ろ身頃からブラウスの後ろ身頃を
とりたいと思います。
↓↓
Img_3081
絵画のような花柄をアップでお見せしましょう。
↓↓こんなです。まだよくわからない?
Img_3086
では↓↓
Img_3087
↑↑これでどうでしょうか?細い撚りの強い綿糸がジョーゼットのように織られているのが多少でも伝わるでしょうか?テキスタイルのタッチも素晴らしいです・・・・。

↓↓あっそうそう、前明きですが、プリーツの打ち合わせにしようかなっと思います。
入念なデザインは5分でできました。
Img_3099_2

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※左上カテゴリーにあった『洋裁くらぶ』お問合せ・お申し込みに替わって、『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »