« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月31日 (水)

下町の工場さんとの出会い

今日は10月31日(水)、niftyのメンテナンスのことをうっかり見過ごしていたので今日の記事のアップが遅れました。ほぼ毎日、朝からその日の記事をアップしているので、以前のメンテナンスの時に、毎日見てくださっている方から別に連絡を頂いたりしたので、気をつけていたのですが・・・・。
というわけで、マダムミコあいかわらず元気です。

昨日、素敵な出会いがありました。
同じ下町のこじんまりした縫製工場さんとの・・・・。
一方的に私がお世話になりました。


♪♪下町のマンションの一階、明るくて気持ちのいい縫製工場さんです!!
Img_3794s
ミシンの作業中でした。
「おはようございます」「お世話になります」


【延反】
Img_3782
Img_3784s
量産の延反風景(必要な用尺で生地を重ね合わせて裁断の準備をすることです)
ご主人は延反作業開始。


【縫製】
Img_3787Img_3786Img_3788 


ワンピースの衿をつけているのは奥様でした。

それで、私は?
Img_3791 Img_3792
【メロウロック】をお借りしました。
Img_3790
とてもいい糸調子で、無事長いメーター数のメロウロックが終了。

途中から!赤ちゃん登場!
Img_3795s
ご夫婦の工場でした。赤ちゃんはパパとママの顔を見てにこにこ・・・。
なんだか、カンボジアの仕事の風景に似ているなあ・・・。心の中でそっと思いました。
とても親切できさくなおふたりといろいろとお話ししてしまいました。
貴重なお時間をありがとうございます。

メロウロックのミシンがないので、外注をさがしていました。遠くないところに、素敵な出会いがありました。今後ともよろしくお願いします。

あっ!奥様は台東区の広報に載った、私の『洋服の型紙作り』サークルをご存知でした。
ありがとうございます。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (2)

2007年10月30日 (火)

サークル勉強会『洋服の型紙作り』お蔭様で会員に達しそうです!

10月も明日で終わりですね。
夏の暑いときから準備して会員募集を続けてきた、サークル勉強会『洋服の型紙作り』を無事始められそうです。
台東区の広報に会員募集を載せてもらったこともあり、これまでに定員数の方からお電話を頂いております。当初は、お申し込みがほとんど無く、初回は3人くらいで細々と開始かなあと思っていましたが、びっくりです。
ありがとうございました。

皆さん、とても楽しみにしてくださっているようです。
私も一会員として、そしてサポートするプロとして頑張りたいと思います。
もし、もしも・・・、もっとたくさんの方が参加したいと言うような事がある場合は、もうひとつの時間を設けることも考えなくてはいけないですね。
次のステップを踏み出すきっかけをくださる皆様との出会いを本当に嬉しく思っています。

11月15日(木)に皆様にお会いすることを楽しみにしています。
うっ??お申し込みの皆さんはどうもこのブログを見ていない方ばかりでした!!
11月15日に宣伝します。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年10月29日 (月)

オーダーメイドワンピース 11.仮縫いの解きと型紙修正・マダムミコ作成中

お客様のオーダーを作成中です。
仮縫いが終わってから、リアルタイムに手をつける事ができない時間が過ぎました。
お客様に12月着用と確認してしまったので、つい急がずにいましたが、そろそろゆっくりとでもかからないと仕事と言うのは途切れると忘れてしまいます。

前回は 10.仮縫い が終わり、今日は、仮縫いのために組み立てたワンピースを型紙の修正を意識しながらほどきました。
Img_3777
仮縫い用のしつけ糸の手縫いの時に、止まりの糸始末をきっちりしすぎると、ほどきが妙に難しいものになります。返し針は大胆にする、玉結びは小さくしすぎないなどのちょっとした心がけで、ほどきはスルスルと進みます。

Img_3778

上身頃の黒絹布の部分とジャワ更紗のハイウエストスカート部分を分解中。


分解が終わったら~~。
Img_3779
ていねいに1パーツずつアイロンで元の形に戻します。
このときのアイロンは、最後の生地の地直しの意味もあります。

一方で、型紙の修正も終わりました。
Img_3780
完成型紙を、地直しが終わった布地パーツに載せました。
今日は、ここまでにします。実は他にも進めないと間にあわない仕事が・・・。
いろいろ並行してやっています。

さて、次回はいよいよ本裁断をします。裏地や芯地も揃えておかないとね!

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年10月28日 (日)

ブログのあとにブログ10ヶ月

私のブログを最初の頃から見ていただいている方は、ご存知かと思いますが、ブログということを良く知らない時に、「ブログのチェック」と言うバイトにめぐり合いました。
実は、今も続けています。
昨年の終わり頃にチュニジアから戻って日本の生活を再開した私には、とりあえず「働く」ことが必要でした。“とりあえず”なのですから、新しいことにチャレンジして、ついでに習得したいと言うのが私の考えでした。それで、とりあえずこのバイトを楽しむことにしました。
楽しむとは言っても、思った以上にパソコンのスキルや、文章力、いろいろな技術がいりましたが、なんとか続けてきています。
そうして、ブログのチェックというバイトがあったおかげで、同時進行のように、このブログを進めて来る事ができました。

私の主の仕事は服飾です。ブログのチェックのバイトは当初は週のほとんど、そして『洋裁くらぶ』や、他の服飾の仕事が少しずつ増えてきて、週のうちの両者の割合が徐々に逆転するようになって来ました。それでもブログのチェックのバイトを通して知る新しい情報や、違う分野の方々との交流は楽しく貴重な機会なので、まだ続けています。

週末の今日もブログのチェックのバイトをしていましたので、こうして、ブログのあとにブログを書いています。

先日からお知らせしてきた、サークル勉強会『洋服の型紙作り』も11月から始まります。区の広報に会員募集が載せられたおかげで、定員数の方々と出会う事ができそうです。ようやくチュニジアから帰国して一年経って、日本の生活のスタートラインに立つ事ができた気分です。
ブログのチェックのアルバイトをしながら覚えたパソコンやインターネットの技術が、一方で私の服飾の仕事を助けてくれたこと、人生のチャンスの奇遇を思うと不思議な気がする今日この頃です。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年10月27日 (土)

ピンクのリバーシブルジャケット・生徒さんのコレクション

家でも洋裁シリーズ?の生徒さんの作品です。
日暮里が近いマダムミコのアトリエからの帰り道、日暮里を歩いてこんなきれいなピンクのコーデュロイを入手した生徒さんでした。

先日ワンピースを着てきましたね?覚えていますか?
今日は・・・。
Img_3747s
ジャケットでした!!
かんたんにできたそうです。
Img_3753
後ろ中心が接ぎで、前に続いている、一枚パターンの簡単裁断の型紙をネットで購入されたそうです。
「あれっ?」「色が同じ、毛並みが正しいですね・・・」
「毛並み?」
この会話、前にもありましたね。
別珍やベルベッド、コーデュロイなど、毛並みのある素材は逆毛で裁断します。
このジャケットは横地使いなので、一方向ならいいでしょうか。


それよりこのジャケットは・・・。
Img_3752s
リバーシブルだったのですね!!
幾何学柄が懐かしいような柄です。

洋裁大好き、ものすごいパワフルです。なんだかありがとうと言いたい気持ちです。
次回の、家でも洋裁楽しみにしていますね。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年10月26日 (金)

チェックのドレープ巻きスカート・生徒さん

秋から冬へと季節は変わりつつあるようです。
秋のコットンブラウスとスカートは次のシーズンに活躍する予定で、今度はウールに挑戦したいとのこと、チェックのウールが登場しました。

チェックは、柄合わせや、角度の取り方に気を使います。
少しだけ難度が高くなりました。
脇が下がって見えたりするので、セミフレアーもぴんと来ないですね。バイヤスはもっと難しい??・・・・。

いろいろ、ご一緒に検討して、裾が直線で、前だけドレープをとったちょっと気になるデザインをスタイルブックに見つけました。
今回は、スタイルブックの製図を、自分のサイズに置き換えて作る型紙作りにチャレンジしましょうか!

Img_3748s
裾は直線ですが、腰のところにはダーツがあります。前後のダーツの長さや中央と脇側のダーツなど、それぞれに違いがあります。
ダーツのとりかた、この製図の考え方を理解しながら進めました。

Img_3748
脇縫いがない形で、縫製は楽そうですが、型紙は正確に作らないとね!
カーブが違えば長さは違います。前後の脇を測っています。
カーブのところでは、メジャーを立てて測りましょう。

どんな生地で作るの?
Img_3749
こんな、あったかそうな懐かしいようなチェックは扱いやすいウールです。
どんどん生地屋が減っていっていますが、この生地も、生徒さんの地元の生地屋の閉店セールで見つけたそうです。


次回は裁断ですね。チェックの裁断はやりがいありますよ!
楽しみですね。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年10月25日 (木)

昭和レトロ子供服・“・マダムミコの母”のコレクション

昨日は現在の母のコレクションでしたが、今日は、半世紀くらいまえの、母のコレクションです。

よく見つけました!!
母のところにはこんなコレクションがまだありそうです。

少しずつ発掘して、母MUSEUM(コレクション)でも設けようかしら・・・。
Img_3723
?こんな!コレクション・・・。
“継ぎ”ってみたことありますか?年代によりますよね。こんなふうにするんですね。
?ヴィンテージですよねえ~~。??

コレです!
Img_3730
この刺繍は、姉の小さい時のよそゆきの衿にしてありました。素材はコットン。かなりお洒落な色。愛情込めて二十代の母が夜なべして刺繍をしたそうです。


両方の衿に・・・
Img_3731
シンメトリーの刺繍です。図案の疑問を持ちませんでしたが、これって貝?
あってますか?


びっくり!!
Img_3728
袖裏がついていて、2mm間隔くらいに、均等に手まつりしています。
20代はパワーがエンドレス・・・。うらやましい。

Img_3729
裏地もレトロです、時が流れましたねえ。

小さな姉が自慢げに着こなしていた様子が、見えるようです。
母親の愛はすごいですね!

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年10月24日 (水)

リメイク“マダムミコの母”のコレクション

母は、マダムミコより更に手仕事が好きです。
じっとしている事がなく、料理をしている、何かしら手芸的なことをしている、アウトドアでも野菜を作っている。などなど~~。
持っていたTシャツのプリントの花がずーっと気になっていたそうです。

いよいよ!
Img_3732_2
ピンクの花びらに緑の葉っぱ葉脈?茶色と刺繍を始めました・・・

Img_3733_2
刺繍糸はいろいろあるそうです。昔の人?は、フランス刺繍がみんなできるって?
ほんと?
近くで、姉もうなずいている~~。そうなんだあ。

Img_3734
デージー?ピンクの花びらの長短がきれいなんです。

Img_3736
この花は何でしょう?

Img_3735 
母のお気に入りは、アップリケにもみえるこの花束のできあがり。
偶然のアップリケです。

Img_3737
前身頃が刺繍のお花畑になりました。
普段のT-シャツに手刺繍って、ちょっとブランドのレベルですね。
ケンゾーにも素敵なものがありました。
ぜいたくな自己満足は長生きの素ですね。安心~~。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年10月23日 (火)

月曜午前生徒さんお二人開始!・洋裁くらぶ

少人数コースは3人まででゆったりとした時間でおけいこします。
~~のはずなのですが、お二人の生徒さんとも、スイスイ進めて下さるので、マダムミコ休みなし・・・当たり前ですね、頑張る生徒さんにはマダムミコも頑張るしかありません。

先週お休みの生徒さん、実は今日が初回です。
「初めまして」「よろしくお願いします」
さっそく始めましょう。

Img_3755
初回はいつも、お道具の説明をします。
すぐ必要ではありませんので、説明だけです。

初心者のお二人というクラスになりました。お一人は前回すでに原型作りを始めました。
今日、初回の生徒さんと二人で、それぞれ時間差で原型作りをします。
Img_3738
製図台は、ちょうどお二人が製図できる大きさです。
生徒さんいっぱい(お二人)で満足なマダムミコ!!たぶん生徒さんも?


【初回の生徒さん】
Img_3739 Img_3742
原型の計算が済んで、線を引きます。
すべてが初めての初心者さんですが、力があって、きれいな線を引けてます!

Img_3743
定規の持ち方、ペンの持ち方バランスがいいです。

一時間半くらいで、前身頃と後ろ身頃の原型が描けました。
Img_3745
ペンをカッターに持ち替えて、定規であわせながらカットしています。
カットの方法はこのとき簡単にお教えししました。うまいですね~~。

はい!
Img_3754
身頃の原型できました。カットは本当にきれいです。先が楽しみです。



【二回目の生徒さん・原型の袖が続き】
Img_3740
袖の原型を作っています。計算は宿題でしたから、その寸法を実際に紙の上に置き換えているところです。袖山のカーブが少しだけ難しかったでしょうか・・・。

Img_3741
カーブははさみで切った方が楽ですね!

Img_3744
これで完璧!原型の完成です。

今日はまだ時間があります。
Img_3746
初心者の方には、ミシンの練習もかねて、小物から少しずつ製図を取り入れたカリキュラムを考えています。きちんと学びたいということで、基礎の縫いができる、エプロンから始めることにしました。型紙はマダムミココースで用意してあるものです。
今日は裁断までです。

型入れ、はさみの使い方、新たなことありましたね。

お二人の生徒さん、仲良くお喋りしながらお帰りになりました。
方眼定規の忘れ物!
お預かりしておきます。

では次回のおけいこも頑張りましょうね。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年10月22日 (月)

続・帰国一年

以前の画像を見ていました。
昨年のチュニジア、帰国直前10月31日に借りていた部屋を撮った画像です。

空っぽの部屋・・・・。
Img_1355_2 
空っぽと言っても、日本と違い家具がついている事が多いのです。
ソファーやテレビ、カーペット、カーテンなどなど大家のものです。

Img_1357
食事用のこのテーブルや椅子も大家の物です。

Img_1352
キッチンの電子レンジや、カバーつきのガステーブル(オーブンつき)は、入居の条件で買い換えてもらったもの、ていねいにきれいに使いました。
小さなキッチンでしたが、一人暮らしの食事作りには適当な大きさでした。
帰国後に、借りた部屋のことで大家さんと行き違いが起こらないとも限らないので、こうやって写真を撮りました。このときは作業と思って撮りましたが、一年経って見るとここに住んで起こったいろいろな事が懐かしく思い出されます。つい昨日のような、ずーっと前のことのような・・・

Img_1365ss
最後の日に増えたダンボールを送る手助けをしてくれた仏語の先生。
メールも電話も出ないのですが、元気ですよね?・・・。この日は助かりました。
メルシーボク。またいつか会いたいです。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年10月21日 (日)

秋の訪れ帰国一年・マダムミコ

急速に秋が訪れました。
秋を通り越して、冬の空気を感じることもあるここ数日です。
昨年の今頃はチュニジアにいました。時々ご紹介するチュニジアの研修生NAJLA(ナジラ)との使命感研修の真っ只中でした。あわせてチュニジア離任前の職場や所属先省庁への表敬訪問があったり、夜は友人宅での食事会、外で親しい人たちと順番に会ったりと、公私共に忙しい日々でした。

そうそう、荷造り。
私は、かなり準備がいい方なのですが、海外でのボランティアの暮らしは自立が基本ルールです。豊かで楽な暮らしをしていると想像する方もいるらしいのですが、ひとりっきりです。メイドも執事もいるわけではなく、家族が居るわけでもありません。
そう、この荷物を日本へ送るという仕事を、ひとりっきりでやります。うまくやらないと困ってしまうというのが、私が様々な国に日本から荷物を送り、数年暮らして帰国するときにまた送ったりして学んだことです。
郵便局へ行けば送れるというものではありません、言葉!言葉の問題があります。重い箱をなんとか運んだあとで、郵便局で送れなかったりしたら大変です。
事前に教えてくれる人の言葉をきちんと聞いて、さらについでに訪れた時に早めに郵便局で確かめて、そうして順番に十数個の段ボール箱を準備良く送っていくと言うわけです。

手荷物もたくさんあります。手荷物で持てるだけ持つというのも、高い送付料金を節約するコツです。荷物を数個のスーツケースに詰めて、別れ際に頂いたプレゼントも詰め込むスペースを空けておきます。相当余裕を持っても間際には入りきらないようになってしまうものです。昨年もそうでした。徐々に増える間際のプレゼントが入りきらずに、帰国の前日にもう一度、荷物を送ることになりました。

そんなどたばたのあの頃から一年、帰国後は、一日一日かみしめるように日本人に生まれ変わっていくようなそんな毎日でした。外国に住んでいるときよりも自分が日本人だと言うことを感じるのがこの帰国直後です。冬の空気を感じて、一年前のあの頃の気持ちがよみがえりました。
私の財産、これまで、出会ったカンボジア、中国、チュニジアの同僚、友人たちの顔を思い出して、日本の大切な家族や友人達を思って、前に進もうと思います。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (2)

2007年10月20日 (土)

オーダーメイドワンピース 10.仮縫い・マダムミコ作成中

オーダーメイドワンピース前回 9.仮縫い組立 までゆっくりとした時間が流れました。
いよいよ仮縫いの日が来ました。
先に申しあげておきます。写真を撮り忘れました!
仮縫いに夢中で、しつけ糸の手縫いの状態、修正のシルクピン、などなど、気を使う事が多いせいか、ほっとしてお客様が着替えたあとで「あぁ写真・・・」

と言うわけです。
Img_3710
仮縫いを待つワンピースです。カフスは仮縫いではシーチングを使用しています。
実際は黒布になります。

仮縫いが終わりました。ホッとしたお客様とマダムミコ・・・。
Img_3711
「すみませ~ん、お洋服もってこちらに立っていただいてもいいですか?」
「はい。いいわよ」
ということで、こんな写真を撮りました。
普通丈の、大人しいシルエットの、上品な華やかな、素敵な!・・・
これを着て、華やかに踊られる・・・らしいです。
ラグランスリーブの袖下にゆとりがあるので、両腕が水平にあがります。踊れます!!

さあ、近日中(一ヶ月以内!)に仕上げます。

次回は縫製?いえいえ、手縫いを解いたり、型紙を修正したり、そんなにスイスイとは進みません。お楽しみに!?

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年10月19日 (金)

オーダーメイドワンピース 9.仮組立・マダムミコ作成中

  お客様のオーダーワンピースを作成中です。
前回 8.では“きりび”が終わりました。

この“きりび”は、しつけ糸2本を使って布地に数ミリ縫込み短く切って毛羽のように糸でつける印付けです。
印が消える事がない基本の印付けです。

このあと、この“きりび”の印を元に、仮縫いの準備をします。
Img_3644
スカート部分に使用するジャワ更紗を組み立てています。
前3枚接ぎ、後ろ4枚接ぎのセミフレアシルエットです。


Img_3645
ラグラン袖の袖山を縫い合わせてから、袖下を縫い合わせます。
袖のような長い筒の場合は、定規をさしこんで、表から押さえしつけで縫い合わせると簡単です。

Img_3646
身頃にラグランスリーブをつけています。
仮縫いのため、縫い代が多めについていて、折り返しが少々やりにくいのですが、合印を目安に正しい位置をとめていきます。

Img_3647
上身頃は、黒のシルク混のしなやかな素材使い、スカートは華やかなジャワ更紗です。
それぞれを組み立ててから最後に上下をあわせます。

Img_3648
ジャワ更紗の用尺の都合で、ウエストの辺りに接ぎがありますが、わかりますか?
ロールカラーもついて、仮縫いの準備が終わりました!!
一人仕事は、地味に静か~に進みます。
静か~~です。
こんな時間が大好き!


まだまだ続きます。次回はオーダーの山場?華やかな!仮縫いの工程です。
次回をお楽しみに!

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年10月18日 (木)

ブルーの更紗ブラウス作成中!2.裁断・生徒さん

『洋裁くらぶ』個人レッスンコースです。
生徒さんとマダムミコとで、前回、立体裁断をしました。
マダムミコがもちろんお手伝いしましたが、とにかく二時間でこんな具合に、初めての立体裁断が組み立てあがりました。

Img_3616
このトワルをそのまま型紙として使う計画・・・。

そうです、今日は一気に裁断の日です!!
Img_3712
これ、シーチングのトワル(仏語ではシーチングの意味ですが、日本では立体を組み立てたものの意味で使っています)です。
つまり、今回は、型紙です。縫い代つけました。

OK!

裁断します。
Img_3714
更紗の端に可愛い別柄があります。この部分を脇紐に使う事で、同意しました。
チョキチョキ・・・
Img_3715
後ろ身頃~~前身頃も切りました。

進めましょう。本日の隠しテーマ【きりび】
Img_3716_2 Img_3717

シーチングの型紙ごと【きりび】です。もちろん?始めてです。


Img_3719 Img_3720

どんどん【きりび】していきます。
生徒さん:どうして【きりび】って言うの?
ミコ:・・・・・・・
生徒さん(携帯の広辞苑ひきながら):切り開く(びらく)と書いてる!
ミコ:縫って、切って開いてますね~~納得。

!!ありがとう生徒さん。??


Img_3722
ダーツのきりびも簡単に済み、裁断が滞りなく終了しました。
なんだか、とっても早い進み方ですね。マダムミコ作成中の工程とはだいぶ違います??
前回デザイン型紙、今回裁断終了。次回縫製終了?
そんなに簡単にはねえ・・・。

頑張りました。お疲れ様でした!

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年10月17日 (水)

秋のコットンブラウスのスカート・生徒さん

ピンタックブラウスが出来上がってからだいぶ経ちますが、完成して着用してお会いしたのは、今日が最初でした。
Img_3693 Img_3694
電車の中で、ピンタックの部分をジーっと見つめられたそうですよ!
インパクトあります。。。。


さて、スカートは・・・。
ほとんど、家で縫ってきました。
ウエストの巾15cmくらいに細くゴムを何本も入れるデザインです。
Img_3603
残る仕事は・・・。
1.裏地をつける。
2.ウエストのゴム入れステッチを仕上げる
3.ゴムを通す。

そうすると仕上がります。

さあ、始めましょう!!!

【裏地付け】
Img_3699
表のスカートは生地巾いっぱいの広いものです。そう、裏地より広いんです。
それで、裏地付けは、表の付け位置にギャザーを寄せなければ寸法が合いません。
ギャザーを寄せてからしつけをして、ミシンにかけています。
足踏みミシン(電動ミシンもあります)が、すっかり上手になりました。
あんしん~~。


Img_3701Img_3702

裏地は濃い茶色です。同色でなくても、構いません。
お洋服によっては色を合わせますが、カジュアルで個性的な服にはミスマッチな色がかえってマッチします。


Img_3703 Img_3704
ゴム入れの何本ものステッチと、裏地巻き込みを防ぐしつけです。

Img_3706
裏地のキワは、ギャザーが寄って寸法が裏地にあわせて短くなっています。
ギャザーを均一に、気を使ってゴム入れステッチをしています。

今日の時間がぎりぎりで・・・。
Img_3707_3
ゴム一本入れて試着しました。
後姿です。ゴムが11本入る予定です。次回は完成、着用していらっしゃいますね!

お待ちしています。
もう秋、秋のコットンブラウスとスカートです。コーディネートが楽しみですね。

さあ、冬のコート作るって?お楽しみに~~。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年10月16日 (火)

月曜午前開始!新しい生徒さんとの出会い

『洋裁くらぶ』、月曜午前が開始しました。
さわやかな秋の気候に、なんだか向学心が燃えますね!!

今日は新しい生徒さんお二人とマダムミコと三人で第一回目のおけいこの予定でした。
お一人がご都合が悪くなりましたが、少々遠方のお一人は、ピンポーンと訪ねてくださいました。

「初めまして、よろしくお願いします。」
少々緊張気味の生徒さんと先生?、マダムミコは日本人ですよ!
洋裁初心者と言う生徒さん、すべてに熱心です。これが、ミシン糸、これがカーブルーラー、これはへら、などなど。いろいろご説明しました。ていねいにメモされていらっしゃいます。
Img_3692
ハイ、これがメモの“ノート”です!


一日目は、相談の結果、ご本人の原型作りからすることにしました。
採寸をしました。
マダムミコ式の原型表に基づいて、計算もしてから製図をひきます。
Img_3678_2 Img_3679_2
方眼定規で線を引く、線を引く~~結構難しいんです??
まっすぐまっすぐ。


Img_3681 Img_3680
今度は垂直に引いたり、四角に引いたり。
基本の線をどんどん引いていきました。

Img_3686 Img_3684

斜線、直線、垂直線、の組み合わせが基礎の線になります。
~~進みました。


Img_3685
見えますか?
後ろのネックポイントから肩線は、こんな線の組み合わせです。

Img_3682
Img_3687
前みごろの袖ぐりを、カーブルーラーを使ってしあげています。
お上手です。マダムミコの言葉を素直に聞いて手を動かす事ができます。
素直な耳の持ち主、才能のひとつです!
Img_3688


さあ、もしかして、一生懸命やったので・・・・できました!
次に、鉛筆の線の上をカッターで切っていきます。
生まれて初めてですって。大丈夫マダムミコが応援します。

Img_3691
完成してほぼカットした原型の身頃です!!
袖ぐりのカットは慎重にしたいので、あせらず?宿題ということにしました。

次回は袖の原型を作りましょう。

第一回目のおけいこ、大変よくできました。私からお礼を言いたいくらいでした。
次回は、今日ご都合が悪くなったもうお一人の生徒さんとフルメンバーで、楽しく頑張りましょうね!!

本日の生徒さんお二人は、それぞれ洋裁くらぶのホームページを見てご連絡をくださいました。今日が偶然それぞれの第一回目の予定でした。
ホームページ作りには、いまだに四苦八苦していますが、その甲斐がありました。そしてお二人の生徒さん、よくご連絡くださいました。本当にありがとうございます。
長いお付き合いをよろしくお願いいたします。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (2)

2007年10月15日 (月)

オーダーメイドワンピース 8.きりび・マダムミコ作成中

お客様のオーダーを作成中です。
デザイン画から立体裁断でバランスを確かめてパターンを起こしました。
ジャワ更紗と 前回 7. では黒別布も裁断できました。

オーダーでは仮縫いをしますので、全パーツ“きりび”をして、しつけ糸で手縫いで組み立てる作業があります。そう、今日はその“きりび”にこだわって詳しくご紹介しましょう。

Img_3634
しつけ糸2本取りで、仕上がり線に2~3cmおきに縫い目を続けていきます。

Img_3635 Img_3636

洋裁学校などでは、ぐるりと縫い目が完成してから糸を切っていきますが、ここでは、スピードと、糸の無駄をなくすために、2~3針ごとに、糸を引きながら、6~7ミリくらいの必要な長さを残してチョキチョキと切りながら進めていきます。


Img_3637 Img_3638

言い忘れましたが、ご覧になって分かるように、型紙の上から縫って、切って~~。
型紙はするりと抜けますが、たまに切りびのしつけ糸が型紙にくっついて行くことがあってがっかりしますので、型紙と生地の間に手をいれ生地を押さえる様にしましょう。

さあ、ここからが緊張!!です~~。??
Img_3639
糸は6mmほどしか表側にのこっていませんね。二枚合わせのパーツを開いてほんの数ミリの間を切り離します。

これが“きりび”です
Img_3640 Img_3641

ハイ、きれいに切っていきました(マダムミコ!!)??こうやってパーツを一周します。


Img_3642
黒別布全部のきりびが終わりました。


Img_3643
ジャワ更紗も、もちろんきりびしました。こんなにアップにしないと見えないので、写真はこの一枚です。
次は、このきりびを頼りに、手縫いで組み立てて仮縫いの支度が出来上がることになります。仮縫いのあとは型紙の修正、本当の裁断、縫製・・・・。こんなふうに長い工程で、しっかりとしたぜいたくな服作りをするのが、オーダーメイドです。
では、次回をお楽しみに!

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (2)

2007年10月14日 (日)

オーダーメイドワンピース 7.黒別布の裁断・マダムミコ作成中

お客様のオーダーを作成中です。
今日はすでに7回目になります。
ジャワ更紗と黒の無地を組み合わせたワンピースのデザインは、下の画像でかすかにご紹介済みですね。
前回 6.ではジャワ更紗の裁断をしました。

今日は、身頃や袖に使う黒別布の裁断をします。
Img_3527
風合いのいい絹とレーヨンの混紡の素敵な黒布を見つける事ができました。(マダムミコ)
絹とレーヨンでは水通しはお薦めできません。地直しは、アイロンだけでていねいにていねいにかけます。

Img_3628
つるつる動くしなやかで薄手の生地こそ、地の目に要注意!
地の目が狂えば、美しい洋服作りとは縁遠い物になってしまいます。
生地を中表に輪にします。耳と横方向の端を裁断テーブルの90度の角度に正確にあわせて置きました。



型入れは・・・。ちょうどいい感じ。
Img_3631
この黒布は、型紙が出来上がってから見つけたもの、ちょうどの分量で用意していたのです!


Img_3630
無駄なく型紙を置いていきます。
Img_3629
シルクピンは、型紙の中央から外方向へ刺すようにしましょう。どうして?
ピンにつられて布地が中に入り込まないようにします。外に押し出しましょう。


Img_3632
はい、裁断終わりました。
後ろと前のラグラン袖、カフス、後ろ身頃(差し込んでます)、前みごろ(輪です)、バイヤスの衿です。

Img_3633
昨日のジャワ更紗と今日の黒別布と、これですべての裁断が終わりました。

次は仮縫い準備になります。
きりび⇒ 組立⇒ 仮縫い とまだまだ先は長いですね。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年10月13日 (土)

オーダーメイドワンピース6.裁断 ジャワ更紗・マダムミコ作成中

お客様のオーダーを作成中です。
ジャワ更紗と黒の無地を組み合わせたワンピースのデザインは?
Img_3443
こんな感じです。前回 5. までに型紙が終わりました。
今日は、ゴージャスな新作のジャワ更紗の裁断をします。

Img_3586
まず、地直しのアイロンをていねいにていねいにかけます。コットンのジャワ更紗は念のため、水通しもしています。

Img_3588
この更紗は一種類の柄だけでなく、デザインが楽しめるようにパネル柄の端に別柄の部分がありますが、お客様の好みは、別柄は使用せずに、続きの柄のところだけを使いたいということで・・・型紙をおいてみると???
生地が足りません!!


型入れは面積で考えて・・・う~ん。細かい接ぎをいれれば、なんとかなりそうです。
Img_3589
それで、また立体裁断?テープで水平位置を確かめました。


Img_3591
スカートを分割して分割して、上のようなパーツが増えました。


Img_3593
離れ離れになった、同じ柄の部分に型紙を置くと、なんとか入りました!!


Img_3594
よおく見てね。裁断終わりました。切ってますよ。


Img_3595
スカートの形に寄せ集めてみました。
下の別柄が残りです。ほんの少しです。良く裁断できました。

ワンピースの上身頃とラグラン袖、衿、カフスまで、あとは全部黒布にします。
次は黒布の裁断をします。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年10月12日 (金)

素敵な織物 到着!マダムミコ工房

カンボジアの魔法の手織物、それも絹にこだわって輸入し、ご紹介することをずーっと計画してきました。ようやく、第一回目の荷物が「マダムミコ工房」(←この呼び方ちょっと気に入ってます。)に到着しました。

さまざまな色彩の素晴らしい手織物です!!
でも、冷静に・・・。すぐそのまま世の中に出せるわけではありません。

いろいろ準備が必要で、時間も手間もかけています(かかってしまいます?)
今日は、『洋裁くらぶ』のおけいこがない日です。こんな日は、マダムミコは工房の職人となって、職人顔で作業に徹しているんです?・??・・。

きれいなツートンカラーのスカーフは、ワンウオッシュが必要です。
ワンウオッシュすると、生地の本来の姿が現れます。品質が明らかにされるのです。
それに、「水」も何もかも違うところでは、染料、現地の水その他をざっと洗い流した方がいいのです。
秋晴れの日に陰干しです。
今日は洗って、干して・・・。と一生懸命、一点一点検品しながら作業していました。

それで、写真を撮るのを忘れて・・・。
ワンウオッシュ後の仕上げのアイロンがほぼ終わりかけて・・・。
Img_3672_2
少しシワのある、アイロン前の状態。最後の一枚のアイロンかけでした。

Img_3673 Img_3674

アイロンを何枚かけたでしょう・・・。フリンジのサービス!!
カンボジアのデザイナー達(高床式の一階で手織りする女達)の
独特の、しかし許容のできる色彩感覚は、本当に素敵です。
どうして?っていつも首をかしげてしまいます。

どれがいい?って、誰でも迷いますよ~~。
大丈夫マダムミコのアドバイスは無料です!!

Img_3675
「いえいえ色彩は苦手よ!」というあなたにも、モノトーンなのに、ぬくもりのある
こんなツートンカラーもあります!!

Img_3676
今日は、パッケージも考えていました。
無駄な包装、嫌ですよね?
安心で、嬉しい包装を考え中です。ご期待ください!!
と言ったものの、品質ラベルとか、梱包資材とか宿題の作業中です。
期待にそえるかなあ~~。期待していますよね?

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (5)

2007年10月11日 (木)

オーダーメイドワンピース 5.仮縫い用の型紙完成・マダムミコ作成中

お客様のオーダーを作成中です。

デザイン ⇒ 立体裁断 ⇒ 型紙 ⇒ 仮縫い用の手縫いの組立て ⇒ 仮縫い ⇒ 型紙の修正 ⇒ 裁断 ⇒ 縫製・・・の工程の型紙のところを進行中・・・。

前回 4.では、トワルから型紙へ、点から線へ型紙の仕上げに掛かりました。
今日は、型紙を完成させます。この型紙は仮縫いのためのもので、仮縫い後に修正が入ります。

完成のトワル↓
Img_3518 Img_3540 型紙作りを始めています。


前3枚接ぎ 後ろ4枚接ぎのスカート部分
Img_3579
それぞれの合印を目安に、線や寸法の微調整をします。
立体裁断が正確にされていれば、型紙もほぼ寸法があうものです。


Img_3580Img_3581
裾線を、自然ななだらかな線に修正します。

Img_3582_2
身頃と接ぐ位置も脇などでは、シーチングの厚みで誤差が起こる事がしばしば、でもほんの2mmくらいまでです。

Img_3583
トワルから型紙へ写し終りました。仮縫い後の修正を考慮して、縫い代は多めに、でもあまり余分があっても仮縫いがしにくいので、細心かつ大胆にいらないところをカットします。
カット台とカッターでスイスイです。

Img_3584
仮縫いの裁断のための型紙が完成しました!!!
次回は裁断します。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年10月10日 (水)

オーダーメイドワンピース 4.トワルからパターンへ・マダムミコ作成中

お客様のオーダーを作成中です。
デザイン画から立体裁断でバランスを確かめます。
そのあとパターンを起こして裁断します。オーダーでは仮縫いをしますので、全パーツ“きりび”をして、しつけ糸で手縫いで組み立てる作業があります。
そして、仮縫い、型紙の修正、本当の裁断、縫製・・・・。こんなふうに長い工程で、しっかりとしたぜいたくな服作りをするのが、オーダーメイドです。

今日は、前回 3.で仕上げた立体裁断のトワルから型紙(パターン)への作業を始めました。
完成のトワル↓
Img_3518

↓できあがりの位置に、鉛筆で点を打って行きます。
Img_3524
ボディーに着せたままです。

Img_3526_2
ボディーからはずして、自然なラインを更に仕上げます。

Img_3529
全パーツの線入れが終わって、型紙に移し変えるために、適当な大きさに紙もカットしました。
Img_3538
Img_3537
パターン紙の上にトワルのパーツを乗せ、ラインをプッシュピンの点で紙に移し変えます。


プッシュピンの点から、鉛筆のラインへ
Img_3539 Img_3540

後ろ身頃の袖ぐりです、プッシュピンの点を、鉛筆でなぞって、ライン(線)に書き換えました。

トワルを写す作業が・・・
Img_3541
こうやって進みました。

細かい作業ですが、作業机のところで、静かに進めるこの時間が好きです。パタンナーを職業にしている方の共通嗜好かもしれませんね。

次回をお楽しみに。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年10月 9日 (火)

サークル勉強会「洋服の型紙作り」11月15日(木曜午後)から開始

暑かった夏もようやく、ようやく終わったようです。
今年は残暑も厳しかった・・・・。

秋にはサークル勉強会が始まります。会員はずーっと募集中です。
ぜひぜひご一緒に始めましょう!!!
谷中の『さくらぎ茶屋』『千駄木の洋裁くらぶ』に、チラシが貼ってあります。
どうして、サークル勉強会を始めようかと考えた経緯をもう一度お話します。

13年前にカンボジア、その後の中国、昨年まではチュニジアと、服飾の技術に助けられて、ボランティアや民間で仕事をする機会を持ち、各国の服飾に携わるプロや洋服作りの好きな普通の人々と交流してきました。
そのあいだも、考えていたのは、日本でも同じように洋裁や洋服の好きな普通の方々と交流したいということでした。

ハンドメイドは、作る人の個性や気持ちが込められますし、世界に一枚のファッションを創造できます。これからの高齢化社会を生き生きと過ごすための趣味にもなります。

現在開催している『洋裁くらぶ』も、生徒さんとの出会いの場です。『洋裁くらぶ』は、少人数か個人レッスンですので、ゆったりとした時間が流れています。洋服を丹念に作る過程を、マダムミコがご一緒に丁寧に進めるか、生徒さんのオリジナルな発想をプロの技で一気に実現するお手伝いをするという、顧客洋裁教室といった趣があります。ですから多人数の方との交流とはいきません。

もうひとつの方法をずーっと考えていました。
教室を広げ、生徒さんを多く募集する?
これは、私にとっても、一朝一夕にできることではありませんので、将来の計画としては考えていますが、今すぐ始められる手近な方法がないかと模索していました。

『洋裁くらぶ』の生徒さんがヒントをくれました。
「先生、型紙ですよ!」
実は、洋裁をする方が減ったと思っていたのです・・・、確かに洋裁学校に通ってから結婚をして家庭でその技術を生かして家族の服を作るという方は減ったようですが、洋裁の知識がない方々が、楽しい、オリジナルな服作りを始めているらしいのです。
そういう傾向が、ネットの型紙ビジネスなどの存在に結びついているのだと気がつきました。

型紙作りなら鉛筆などの筆記用具とテーブルがあれば始められるので、特別な設備や道具がいらないし、多くの方に来て頂けるのでは?と。
そこで、住まいの近くの公共の施設をあたってみました。
すると、公共施設の利用では、カルチャースクールの開催などができないとのことでした。私自身のイメージも多くの方に一方的に教えると言うことではなく、型紙作りのサポート・相談相手になるつもりでしたので、サークル結成を決断しました!!

公共施設の予約には、計画が必要です。少し先になりますが、
11月から教室を借りています。サークルですので、皆さんに気軽に参加できる会費です。
どうも、公共の施設を借りるということは制約が多く、宣伝のようなことはいけないそうです。それで、ここでは会費や細かいことは書きませんが、ご了承ください。

サークル勉強会「洋服の型紙作り」に興味のある方、お知り合いにご紹介したい方は、ぜひお気軽にマダムミコまでメールを送ってください。マダムミコ自身が一枚一枚準備をした案内状をお送りします。ご連絡お待ちしています。
Img_3028s
そして一緒に型紙作りを楽しみましょう。必ずお力になれると思います。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ
※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年10月 8日 (月)

“デーツのシロップ”サンプル到着!

チュニジアからデーツシロップのサンプルが届きました!!
チュニジアの砂漠の恵み“なつめやしの実”を丁寧に煮込んで、濾過して濾過して、絶妙な甘さで仕上げた、神の贈り物、自然食品です。

ハンドキャリーです・・・。
Img_3536 Img_3530

懐かしいフランス系のスーパーの袋に入れて・・・。さらに厳重にクッション材に包んで・・・。

所用でチュニジアから一時帰国した友人が持ってきてくれました。
この友人が、デーツシロップを世の中に出すべく、チュニジアで奮闘努力している、まさにその中心人物なのです。
マダムミコにはラッキーな一時帰国でした。

ありがとうございました!!

サンプルを別なホームページで今月中にはご紹介していきたいと思っています。
サンプル紹介でも、こんなに時間がかかってしまいますが、肝心の製品は?
製品も近い将来お分けできることを願っている、そんなマダムミコの久しぶりのデーツシロップ情報でした。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (4)

2007年10月 7日 (日)

Stagiaire Najla 4.続き立体裁断をする

おなじみ!チュニジア人の研修生とマダムミコとの研修の様子です。
だいぶ前にご紹介した別シリーズ(7回)の立体裁断基礎応用ブラウスもご覧ください。

今回は新しいシリーズ“StagiaireNajla”の第4回目です。前回第3回目こちらからどうぞ。
と言っても、前回のアップから1ヶ月以上経ってしまいました。先月9月は『洋裁くらぶ』の生徒さんの作品ラッシュでしたね。昨年のチュニジアでのこの研修生と、今年、日本で出会った生徒さんの頑張りと、尽々私は、ラッキーな人との出会いがあると感謝しています。

さあ、昨年チュニジアでの仕事の任期の残り二ヶ月間の実質32日、研修生とマダムミコの“使命感研修”の続きをご紹介します。

テーマ:国営航空のスチュワーデスの制服

第3回目にご紹介した【4日目から7日目】の研修の様子では、立体裁断に入り、ジャケットの身頃と袖を組み終えました。

今回は、スカートやジャケットのパーツを仕上げて、立体裁断を完成させていきます。
【8日目から10日目】

衿の立体裁断
Dsc00394c

Dsc00390c

Dsc00389c
後ろ→→→→→横→→→→→前と形作りました。



ポケットの立体裁断
Img_1121p Img_1223_1s
ポケットのおおよその大きさを決めてからゆとりを入れて、正しい位置にポケットをも形作ります。

そうすると・・・。
上着ができあがりました。
Img_1222_1s


さらに・・・。
肩の飾りテープ位置を決めて
Dsc00395s
作業中のNAJLAの様子です。
帽子も作りました。
Img_1138s

スカートの立体裁断
Img_1217_1ss
スカートは基本型から平面で型紙を起こして、立体で形を見て仕上げます。
少しの修正でOKでした。


立体裁断のできあがり
Img_1117s Img_1119s
Img_1139
仕上がりは、こんな具合でした。
次回は、トワルから型紙へ【11日目から15日目まで】の様子をご紹介します。

これらの作業はマダムミコの指導の下、チュニジア人研修生NAJLAがしたものです。
次回もお楽しみに!!

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます

| | コメント (0)

2007年10月 6日 (土)

技術講座・針に二本の糸を通す・マダムミコ

ボタン付けや、スナップ、カギホック付けの時は、使用している糸にもよりますが、2本取りにする事が多いですね。
2本取りの糸をどうやって作っていますか?

どうやって?

針穴に1本糸を通して、2本あわせて糸端でコマ結びを作りますか?
そうすると、ボタン付けやスナップをつけている間中、2本の糸がずれてしまってやりにくくないでしょうか?

ご存知の方も多いかもしれませんが、簡単なヒントで作業がぐっと楽になるので、針穴に2本にあわせた糸を通す方法をご紹介します。


糸を輪に二つ折りにします。
Img_3620
その糸を輪のほうからでも、2本の端の方からでもいいので針穴に通します。
(一般的には輪のほうを平らにつぶして通すと通しやすいようですね。)


Img_3621
輪の中に2本の端の方をくぐらせます。


Img_3625

通した糸をキューっとひっぱっると、2本の糸が固定します。

こうして使うと、2本の糸がずれずに、ボタン付けも、スナップ付けも、かぎホックなども、ストレスなくつける事ができます。

一度おためしください。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年10月 5日 (金)

ブルーの更紗ブラウス作成中!1.立体裁断・生徒さん

急に秋が訪れた今日この頃、生徒さんも風邪っぽい体調を『洋裁くらぶ』を休まないように調整して来てくださいました。

今日から新しい題材です。

こんな生地で・・・。(更紗ラッシュです・・・。)
Img_3622
こんなブラウスを・・・。見えますか?
Img_3624
作ります。さあ始めましょう!!

パターンを作らないとね?
製図の数字、体調に合わない今日の様子・・・。
そこで!
マダムミコ : 「提案!」「立体裁断で形を作って、シーチングをそのままパターンにしましょう!」
生徒さん : 「賛成!」

と言うことで、洋裁くらぶ初の“生徒さんと立体裁断研修?”をします。
Img_3607
原型をあてて、おおよその用尺でシーチングの裁断をします。

Img_3609
肩位置をきめているところです。

Img_3613
脇接ぎをピンで留めます。軽くすくいましょう。遠くから眺めましょう。

Img_3615
肩線も留めていました。前端のラインは黒の綿テープでくっきりはっきり決めます。

Img_3616
生徒さんの様子を少しだけご披露しましょう。ありがとうございます。

お手伝いしながらですが、できました!!Img_3619 Img_3618 

Img_3617
前の打ち合わせは左でも右でも後で決めます。

後ろ身頃にはダーツをいれました。脇もまっすぐです。裾線も水平にいっています。
ノースリーブ、ノーカラーの夏物ですが、着用予定の方は、暑い海外へ出かけることが多いそうです。出来上がりが来年の夏というわけではありません。

※個人レッスンコースです。2時間お一人の生徒さんと洋裁をし続けます。
 ちょっとハードですか?生徒さん?
次回は、このシーチングを使って裁断しましょう。

お疲れ様でした。風邪を悪くしないように次回まで調整お願いします。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (2)

2007年10月 4日 (木)

秋のコットンブラウスのスカート!・生徒さん

完成した生徒さんの力作“ピンタックのブラウス”と共布で、スカートの制作を始めました。

こんなイメージです。
Img_3603_3
生地巾いっぱいのギャザースカートです。、ウエストのギャザーをゴムシャーリング始末にできれば、簡単なのですが、ゴムシャーリングではこの分量を支えきれないので、細いゴムをいくつも通す仕様にすることにしました。
ピンタックに引き続き、ゴム通しステッチとゴム通しの細かい作業になります。
頑張ってね!
私もお手伝いします。

Img_3598
前後同じで生地巾いっぱいの四角いスカートです。裁断は必要丈をチョキチョキ切っただけです。型紙なし・・・。(横糸を抜いて、地の目を正しく取りました。)
画像は、両脇にミシンをかけるために、ピンを打っています。

Img_3599
ピンを打ったら、今回はしつけなし、ピンを頼りにステッチ定規であわせながらのミシン縫い。上布を送る~~下布を押さえ気味にする~~スカート生地は大きいので全体の布を送る~~。コットンの扱いやすい生地の直線縫いですが、考えながら縫えば、上達がはやいです。

Img_3600
裾です。
薄手のコットン、たっぷりギャザーの裾を10cm幅広の三つ折にしました。
これもしつけ無しですが、ピンの案内が正しいので、らくらくですね。
(ピンを打つときは、持ち上げないでテーブルの上に平らに置いてよじれないようにします。)

Img_3600s
端ミシンって慣れると簡単ですが、見にくいかなあ?1mmくらい、そうそう。押さえの端に合わせれば簡単ですね。

Img_3601
10cmの三つ折の裾仕上げです。重量感とデザイン性がありますね。うまく行きました!!

Img_3602_2 
ウエストのゴム仕上げのギャザーの巾は15cmです。その巾の中に、11本のゴムを順番に入れる計画です。
今日はここで、時間となりました。いつもいつも時間が経つのが早いですね~~。

♪裏地も用意しています。裏地の脇と裾を縫って←家で生徒さん。
♪ウェストのゴム入のステッチも進めて←家で生徒さん。

次回こそ仕上げましょう。充分なスピードです。

  ♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年10月 3日 (水)

家でも洋裁・生徒さんのコレクション

鶯谷の『洋裁くらぶ』から、生地の街“日暮里”へは、散歩がてらにてくてく20分ほどで着いてしまいます。先日、生徒さんを案内して出かけました。

全国どこも、生地屋が減ったという今日この頃、洋裁大好き、生地探し大好きの生徒さんには、たまらなかったようです。

よかった~~。
その時買った、こんな可愛い今秋トレンドの“ピンク”でおけいこにやってきました!!

♪ピンポーン♪「こんにちは!」
Img_3596_2
「わあ!作ったの?可愛い!!!!」←マダムミコ先生の発言
「はい、ネットで買った型紙で作りました!」生徒さん。

ところで、この生地は、細畝のコールテンです。コールテンは毛並みがあるので、毛並みの方向に気をつけて(一般的には逆毛で)すべてのパーツを一方向に裁断します。

「毛並みが正しいわね、よくやりましたね!」マダムミコ先生。
「毛並み?いいえ知りません!」生徒さん。
「えっ?偶然?」
さすがやる気の生徒さんには、偶然の幸運が訪れるようです。一方向の逆毛で裁断されて、上手に仕上がっていました。

間違いなく、生徒さんの力ですね。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年10月 2日 (火)

オーダーメイドワンピース 3.立体裁断ラグランスリーブ・マダムミコ作成中

お客様のオーダーを作成中です。
デザインを決めたら、基本のサイズやシルエットを意識しながら、新たなワンピースのデザインを立体裁断で確かめます。

前回 2.で、身頃からスカートへと続く本体を仕上げました。

【ラグランスリーブ】
Img_3509
ラグランスリーブの斜度は、シーチングの上(平面)でだいたい決めておいたので、ボディーにあわせてからは吟味していきます。袖山カーブの強いパターンになるので、袖山線は前と後ろに分けて接ぎにしました。ピンをどんどん打っていきます。



Img_3511
前身頃のラグランのデザイン線と運動量のバランスを見ています。

Img_3512
デザイン画のラグラン線のイメージを実際のトワルに置き換え、ピンで仕上げていきます。

Img_3513_3 

Img_3514
後ろのラグラン線は、前のイメージよりも浅めです。
デザインと運動量を確かめながら、大まかなピン打ちから、完成位置のピン打ちへと進めました。


ラグラン線のピン打ちが終わったら、袖下を留めます。
最後に袖口のカフスをつけて、ワンピース全体を見て、バランスを確かめます。
Img_3520 Img_3521 

Img_3515



ハイウエストの切り替えの身頃に、セミフレアースカート、そして、ラグランスリーブもできました。着丈はひざ下くらいの大人しい普通丈です。裾も折りあげて、できあがりのイメージを掴みました。
あとは・・・。


Img_3522






ロールカラーをバイヤスで仕上げて・・・立体裁断の完成!!です。
次は、型紙に写す作業をお見せしましょう。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (2)

2007年10月 1日 (月)

オーダーメイドワンピース 2.立体裁断開始・マダムミコ作成中

ここ数日の、 日替わり温度差で、いつも元気なマダムミコも少しお疲れの季節の変わり目です。時々出かけるオフィスでも風邪を引いている人が多いようです。
様もどうぞお気をつけください。

・・・昨日の続き立体裁断を始めました。
前回 1.では、お客様の基本の寸法と、デザインのおおよその型をトワルに描き写しておきました。今日は、立体で仕上げていきます。

【身頃】
Img_3497
後ろ身頃です。背中のゆとりやウエストから背へのダーツのバランスを見ていきます。


Img_3496_3
前身頃は、胸へのダーツを取り、後ろ身頃とのゆとりを脇で確認します。
このワンピースは袖ぐりのあたりを少しゆったりめにしたいので、わずかなドルマンのイメージを頭で描いています。

Img_3498_2
脇のゆとり、デザインを検討・・・してます。


Img_3500 Img_3499
余分な縫い代をカットしながら、だんだん形がはっきりと見えてきました。
ドルマンのイメージ~~です。
後ろ身頃も前身頃もほぼ基礎が仕上がりました。

【スカート】
Img_3502
ハイウエストの身頃の切り替え下は、前3枚後ろ4枚接ぎのセミフレアースカートのデザインです。まず後ろ中心から・・・。

Img_3503
次に、後ろ中心と後ろ脇布とをデザイン画のイメージを浮かべながらピンでとめていきました。

前中心のスカートと前脇のスカートも同じようにピンで留めていきました。
その後は・・・。
Img_3505
前後を脇でつなげます。
こうやって、スカートができました。画像は部分だけでした。

【上下接ぎ】
Img_3507Img_3508 Img_3506
後ろ→→→→→→→→脇→→→→→→→前→→→と上下もピンで留めました!!
これで、上身頃と下スカートのワンピースの土台がほぼできあがりました。

次は袖ですね!
このワンピースの袖は、私の大好きなラグランです。
今日のところは、身頃は肩へと繋がっていますが、位置が安定したところで、このあとラグランの袖に変更して行きます。

袖作りは次回のお楽しみです。
立体裁断には魔力があります。久しぶりにやると没頭して時間が止まってしまいます。他のものも聞こえない見えない感じです。私が喋りすぎてうるさい時には、立体裁断をさせると静かになりますよ!!

余談でした。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »