« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月30日 (金)

家でも洋裁?ケープ・生徒さんのコレクション

家でも何かしら新しい作品に挑戦している、アイデアあふれる生徒さんです。
素敵なケープを羽織って着ました。

「素敵なケープね~」
「先生、大変ですね、フリンジって・・・」
「?」
Img_4146s
横糸を丹念に抜いた、ウールジョーゼットの布でした。

Img_4146
生地の片方は、抜き終わって、いい感じの「フリンジ具合?」です。
片方はあともう一歩・・・。
ちょっと試すと、なかなか手ごわい生地です。
この生徒さんは・・・「あのピンタックブラウスの生徒さん」と書けば、きっと皆さんはお分かりですね。
やっぱり洋裁大好きやめられない症状みたいです。

でもでも・・・。
Img_4161
ものすごくカッコいいのです。 納得ですよね!

※フリンジの簡単な作り方
縦の方向にハサミを入れると、横糸の距離が短くなって、タテヨコ、タテヨコと比較的簡単に抜けていきます。試してみてくださいね!

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年11月29日 (木)

午後のクラス・リバーシブルのトートバッグ完成!生徒さん

初級カリキュラムのリバーシブルのトートバッグが、二回目で完成しました!!
「おめでとうございます。」

超初心者とおっしゃるご本人ですが、とても真面目に素直に、ミコ先生の言うとおりに手を動かしてくださるので、すんなりできました。

Img_4148
バッグの持ち手紐をピンでひとまず留めます。

Img_4151
ピンのままミシンを掛けると緊張するので、持ち手は仕付け糸で留めなおしました。

Img_4152
リバーシブルになる二つの袋を合わせて、口をぐるっと縫います。

【袋のひっくり返し】
Img_4154
片一方の脇縫いを6~7cm開けてあります。
そこから中の袋を引っ張り出すと・・・・。

Img_4155_3 
左が「梅の花模様」の袋、右が「水色の小花柄」の袋です。
これがリバーシブルになる二枚の袋です。

中央に見える持ち手がバッグの口の縫い目に挟み込まれている様子ですが。。。理解できるでしょうか??? うまく説明できていない・・・。

気を取り直して。
↓↓??
Img_4156
大きく写しています。前回の三角の底角の縫いです。
リバーシブルの二枚の袋の裾角を合わせて留めます。
袋が離れないようにするためです。

【渡しまつり】
Img_4160
袋の脇のひっくり返し用の開きは、ていねいに渡しまつりで留めました。
これで、リバーシブルの縫い目がすべて閉じられました。

さて・・・。公開します。
Img_4158_2 

何もかもが始めての“超初心者”さん。
でも、できちゃいました!!梅の花柄の花の色と、今日のお洋服が同色でした。
とっても可愛い、可憐な作品です。優しいイメージの生徒さんにぴったりです。

持ち手は挟み込みの角度を内側に5mmつけています。
そんな微妙なテクニックにもきちんとついてきてくれました。
そうやって完璧な初回の作品ができあがりました。
良く頑張りました。
次は、午前の生徒さんも作ったエプロンに進みましょう。


♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年11月28日 (水)

赤いエプロン完成!・生徒さん

赤いエプロン完成しました。
午前のコースの生徒さん。早いんです・・・。

Img_4119
エプロンにつける釦と、生徒さんのゆびぬきが同じ大きさでした!!

Img_4126
釦は脇の紐の付け根に付いています。見えますか?
このエプロン、紐が交差しているだけなので、肩に負担がかからないんです。
マダムミコ大お気に入りで、オススメです。

Img_4115
今回は、ゆびぬきを使う“しつけ”の工程を入れました。
ポケットは“しつけ”てから、待ち針を使わないでミシン縫いをします。

Img_4117
待ち針がないと、安心してミシンがかけられます。
◆待ち針だけでミシン縫い
◆しつけ糸の案内でミシン縫い
◆待ち針もしつけ糸もしないでミシン縫い
いろいろな縫い方があります。必要な方法をとりましょう。

さあ、できました!!
Img_4124_2
工程を追っていくと、いつの間にかできてしまいます。
ていねいに作成しているので満足・・・。できあがると本当に嬉しいですね。
おめでとうございます!!

とっても作業の早い生徒さんです。
今日は、簡単Tブラウスの裁断もしてしまいます。
Img_4130
裁断が終わったので雰囲気の確認・・・。
Img_4131
ピンで留めただけです。イメージが湧きますね!

次回は縫製にかかりましょう。
寒くなったので、風邪に気をつけて!来週も元気に頑張りましょうね。
お待ちしています。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年11月27日 (火)

簡単Tブラウスの作成・初級カリキュラム生徒さん

冬が訪れましたが、またまた『洋裁くらぶ』は太陽がさんさんとふりそそいでいます。
まぶしいくらい・・・。初級カリキュラムの生徒さんは、エプロンを終えて、前回から簡単Tブラウスにかかっています。

【ロックミシン】
「初めて?」「はい・・・。」
Img_4132_2
生徒さんのドキドキが伝わります。フットコントローラーのダダッダッーと刃が恐怖心をそそるのですね。でも大丈夫。すぐ慣れました。


Img_4140
見返しに芯(接着芯)を貼って、ロックミシンをかけました。

 
Img_4136
前後の身頃を合わせて肩を縫いロックミシンをかけてから、アイロンで倒します。
無事、初回のロックミシン作業は終わりました。

【アイロン折の準備工程】
Img_4121_2
袖口や、裾の折り返しはあらかじめアイロンで折っておけば、ミシンの作業がスムーズに進みます。

【袖ぐり】
Img_4139


【前身頃】
Img_4138_2
前中心も縫いました・・・。
衿ぐりのあきを少し残して・・・。

今日は、ここで時間となりました。
てれっとした、扱いが難しい生地でした。すこ~しだけ苦労しています。
「苦労したことは身につきますよ!」ちょっとホッとした生徒さん。


Img_4127
今日の工程を熱心にメモしていました。
さて、次回は衿ぐりの仕立てと、袖付けが目標です。
えっ?今日も日暮里なの?

行ってらっしゃい!!

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

 

| | コメント (2)

2007年11月26日 (月)

オーダーメイドワンピース 14.縫製開始・マダムミコ

お客様のオーダーメイドワンピースの縫製にかかりました。
前回 13.裏地裁断でした。

ハイウエストのスカート部分を裏地と表地とも一気にミシン縫いして、ロックミシンをかけ、仕上ました。その次は・・・
裾の折り返し部分にだけ、ベンクリークのバイヤス芯をいれます。
Img_4106
ベンクリークを3cm巾の正バイヤスでカットします。
3cm巾と、細いのは裾の折り返し部分だけに厚みを持たせるためです。


Img_4107
折り返しのど真ん中に、カットしたバイヤスのベンクリークを置いて、裾上がり線にしつけをかけます。
そのあとしつけから0.5cmくらい離して表から星止めをします。

Img_4108
ヘム(裾の折り返し)は5cmとりました。端をロックミシンで始末してからまつっています。
先ほどの裾のバイヤス芯は、裾の折り返しの中に隠れて見えません。
見えないところにこだわります。
違い?
裾の自然なふんわり感が出ます。長年着ていても洋服がくたびれません。
こんな目に見えない時間のかかる作業が、オートクチュールの洋服の品質の違いになります。

Img_4109
裾が仕上がって、ジャワ更紗のハイウエストのスカート部分ができあがりました。
裏地も縫って重ねて着せ付けています。


次に、身頃の裏地部分を縫いました。
ボディーのスカートの上に羽織ったら・・・。
Img_4111
出来上がりを彷彿とさせますね!

このあとは、絹の身頃を縫って、ロールカラーを作って付けて、袖口カフスをつけて、裏地と合わせて、上身頃とスカートを接いで、ファスナーをつければできあがります。
・・・と一気に行くといいのですが、オーダーでは中綴じや、細かい手作業などに結構時間を割きます。
さあ、どのくらいでできるでしょうか・・・。ちょっと考えてみましょう。
一人仕事でもきちっとした工程分析があると安心して無駄なく進むんです。

お客様(個人)のワンピースをかなりしっかり公開してしまいました。
縫製工程の全体写真はこの程度にしておきます。
仕上がりの画像のアップはお客様のご了解次第になります。
最後まで、見ていただけると嬉しいです。
では、次回の工程をお楽しみに!

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年11月25日 (日)

四色織りの紬ストール・マダムミコ素敵な織物

昨日は、マダムミコ(MmeMiko)織りネームを公開しました。
『素敵な織物』です。
早くホームページでご紹介しないと・・・。
気はあせるのですが、なかなかその時間が作れません。
もう少し、もう少しお待ちください。

~~でも、年末かなあ・・・~~

訪ねてきた友人が熱狂してくれました!!
Img_4090 Img_4091

こんな結び方?・・・それともこんな?・・・


Img_4087
山の中には・・・
Img_4088
まだまだいろいろな四色が隠れています。

友人はまだ熱狂中。
Img_4092s
「四色の見えるこんな結び方はどうかしら?」

まだまだ開発中です・・・。
Img_4094
「おお、格好いい!!」ブルーが両方に覗いています。
お気に入りの一枚を見つけて、楽しいストール遊びは、しばらく続きそうです。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年11月24日 (土)

織りネーム完成!素敵な織物・マダムミコ

『素敵な織物』
カンボジアの女性が乾季に、手織り機で絹を織ります。
魔法の手で、そんな絹織物です。

「もしもし、マダムミコさんですか?」「ネームあがりました。」
Img_4112
絹織物につけるネームを発注していました!
同じ台東区に、とても親切な会社が見つかりました。
ロゴは決めていましたが、色を迷いました。

なぜって?
Img_4113
なぜかと言うと、カンボジアの色は多種に及んでいるので、ネーム一色での対応が難しいのです。無難な色を選ぼうと言う考えもありますが、個性を押し出しました。
しばらくは、この濃いピンクで突き進みます。

ネームも嬉しいけど、この絹織物、やっぱり美しいですね。
様々な仕事を並行してしているので、『素敵な織物』のホームページになかなかアップできないのですが、もう少しだけお待ちください。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年11月23日 (金)

ウールのパンツ裾直し・生徒さん

個人レッスンコースです。
洋裁技術の出番は、一からの服作りばかりではありません。
いいところに気がつきました!
今日は、「ウールのパンツの裾直し」をします。

先生について習えば、お直しのプロになれるかしら・・・。
タイミングよくおけいこの日が訪れたので、パンツの裾デザインを直すことに決めたそうです。
Img_4097
裾に折り返しをつけて、少しの丈の調整とデザインの変更をします。
しつけをかけると手間がかかるようでも結局はきれいに、一回で仕上がります。


Img_4103
パンツの両足の裾です。


Img_4098
縫い目のあるところの陰で、パンツの身頃と裾の折り返しを留めます。


Img_4100
ぴったりの色の穴糸があったので、今日は穴糸一本で2度お互いを留めてから玉を作り生地の中に引き込みました。


Img_4104
身頃に縫い目のない後ろ側は奥で千鳥がけで遊びを残して留めました。
これで、ひっくり返りの不安もありません。


出来上がった裾の折り返しが、“ぴりり”と気の利いたデザインのポイントになりました。
さっそく初冬の街を誇らしく闊歩できそうですね。

お直し大成功でした。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年11月22日 (木)

フリルのブラウス・サンプル縫製・マダムミコ

サンプルパターン作成からサンプル縫製までの一貫した仕事です。
一枚目のサンプルが終わって、二枚目のフリルいっぱいのサンプルにかかりました。
フリルがいっぱいのブラウスは、メロウの長さもかなりなものでしたが、縫製も一筋縄ではありません。

Img_4033
身頃にたたきつけるフリルは土台に地縫いしてから返して、コバミシンで押さえています。
下の段のフリルから順につけているところです。
手前右が裾になります。
「ギャザーを指定寸に均一に寄せて・・・、ピンで正確な位置において・・・、地縫いして・・・、返して・・・・。コバを均一に・・・。」


Img_4034
フリルを重ねたところです。左の方が裾です。
フリルは身頃の生地より少し長めなので、裾が透けて見えています。

Img_4095
フリルのミシン付けを裏側から見るとこんなふうです。
ミシンのステッチが見えるでしょうか?
後ろ中心のファスナー付けの準備をしているところです。

Img_4096
お客様の商品サンプルなので全体像はお見せできませんが、段々フリルの段々ぶり?をご紹介!この段々は数ミリの誤差でも重なりが影響しあうので精度が求められます。
一筋縄ではありませんでした・・・。
出来上がってほっと。
光っているのは、汚れ防止のビニールカバーです。


袖口の出来上がりと、作成途中の様子をサービス?します。
Img_4032
『洋裁くらぶ』の合間の仕事でしたので、大変お待たせしましたが、ほぼ出来上がりました。
近日納品いたします。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年11月21日 (水)

親しい友の帰国

いよいよ冬の到来か、朝晩の冷え具合がこれまでとは違う今日この頃です。

そんな数日前に、二年間のチュニジアの仕事を終えて親しい友が帰国しました。
まだまだ仕事の達成ばかりを考えてつい無理をしがちな我々ですが、それでも以前よりは、海外の仕事や生活を無事終えて再会できるということに人生の幸運を感じる年頃になりました。

ゆっくりできる日に、下町散策に出発しました。
マダムミコ工房の最寄り駅JR山手線の鶯谷駅南口から忍岡中学校の脇を抜け、国立博物館の東側を通り、国立博物館の正面入り口前のバスの停留所まで歩いて行きました。ここから台東区のレトロバス「下町めぐりん」に乗ると、谷中から千駄木、池之端から不忍池をとおり、上野公園まで戻るお手軽バス観光ができます。
このレトロバス「めぐりん」での短い観光(お一人百円)を終えてから、上野公園の散策をスタートしました。

公園の入り口には、デザインされたこんな派出所があります。
Img_4063
「公園交番」っていうのかな?


友人が仕事に関する写真を撮っているのでつられました・・・。
Img_4061 Img_4062

「日本はこんなところにこんな風に案内があるわ~~」パチリ・・パチリ・・と。


上野公園では秋の防災キャンペーンが開かれていました。
Img_4069_2
Img_4070 Img_4065
休日は、噴水のサービス・・・。
秋から冬の気配が急速に訪れたので、枯葉と少しの紅葉に日本の空気を感じます。


都美術館の南側広場にはこんな球がありますよ!
Img_4071
Img_4073
太陽いっぱいでした。



さあ、そろそろお昼になるので帰路に就きます。
博物館の西側の道をまぶしい太陽を避けてゆっくり歩きながら・・・。
Img_4084
友:「隠れ蓑」
樹木が専門でもある友人が教えてくれました。
ミコ:「・・・」

友:「ほら、良く見て丸い葉っぱと、分かれた葉っぱの二種類があるの」
Img_4085
ミコ:「あっほんと!珍しい」
西側にあったこれらの木々は、日陰に強いものだそうです。
今まで一人で散歩していても全く気が付きませんでした。

「ガイド」がいるってお得ですね!!
下町ガイドの私が、友人に楽しいレクチャーを受けたひとときでした。
どうもありがとう。
そして、本当に「お帰りなさい」

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年11月20日 (火)

オーダーメイドワンピース 13.裏地裁断・マダムミコ作成中

お客様のオーダーを長期間かかって作成中です。
お待たせしてすみません。
仮縫い後の修正をして、前回 12.表地の本裁断が済み、裏地の裁断をしました。


裏地に【からアイロン】をかけました。
Img_4052
裏地って、さらさら、つるつるして気持ちがいいのですが、裁断も当然つるつるします。

【裏地の型入れ】
Img_4053
裏地が必要なパーツは、身頃とスカート、それにラグランスリーブになります。
型入れしています。


Img_4056
ラグランスリーブです。
表地のシルクは袖山を接ぎにしていますが、裏地は接ぎ無くし一枚にします。
縫い目をなるだけ避けて、アタリが出ないようにしたいからです。

【袖底の裏地のゆとり】
Img_4055
ラグランスリーブの袖ぐりの部分です。
袖の縫い代は表側の袖繰りにかぶさるようにつくので、長さのゆとり(1.5cm)が上の方向に必要になります。カーブを上の方に描きかえると、距離がたりなくなるので、巾の法で袖ぐりの長さ(1cm)も足しています。


さあ、ようやくすべての裁断が終了しました。
Img_4057

次回からは、縫製を開始します。
縫製はスピードアップを期待してください?!

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年11月19日 (月)

サークル勉強会「洋服の型紙作り」初回開催しました!

住まいのある台東区の公共施設を利用して、始まりました!
台東区の広報にサークルの会員募集を載せて頂いたので、会員数の方からお電話を頂き、無事開催の運びとなりました。

公共の施設でのカルチャースクール(営利目的)は、できないとのことでしたが、私の思いも、洋服作りをしたいと思っている地域の方々との出会いと、生涯の趣味を持っていきいきとすごしていく人生を応援する事が目的でしたので、サークルはぴったりでした。
でも、何人の方がきてくださるかなあと不安がいっぱいでした。
「お一人でも始めよう!」と思っていたら、9人の方がお申し込みくださいました。

Img_4046
会費のカードもお一人お一人用を作成しました。


さあ、さっそく今月のテーマは、お洋服作りに必須の“原型”です。
Img_4047
メジャー、電卓、ホワイトボード用の1.5倍原型、ホワイトボードマーカーペンなど用意しました。
採寸をして(大賑わい)計算をして原型作りを説明しました。
あっという間の2時間でした。

【特別公開】!!
Img_4045
今日だけサポートしてくれた友人が会員の皆さんと私のことを撮ってくれましたので、ご披露します。台東区のお教室はこんなにきれいです。

日本って便利ですね!気軽に学びたい事が住まいの近くで学べる・・・。
技術と決断があれば、教えることもできる。
~やっぱり途上国では実現しにくいことです~。

ちょっとマダムミコ的感想でしたね。

皆様、末永くどうぞよろしくお願いいたします。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年11月18日 (日)

お一人贅沢な個人レッスンコース・ロングコースの生徒さん

個人レッスンコースです。
月に一度か二度されたいとのことで、それも久々のロングコース(3~4時間まで)をお選びの生徒さんです。
右にある『洋裁くらぶ』のホームページから訪ねてくださいました。
そして、またまた、少々遠方からのお出かけです。本当にありがとうございます。

ロングコース(3~4時間)をお選びの生徒さん・・・。お分かりですね?
そう、“やる気”です!!
こんな・・・。
Img_4040
コートを作ります!!
Img_4041
素敵なコートやジャケットの縫い方が載った本をご持参くださいました。


さあ、採寸して原型を作ってコートの型紙まで、一気にやらなければ・・・。
ミコ先生もやる気いっぱいになりました。

【採寸】
Img_4035
採寸結果を表につけています。

【原型作成】
Img_4036
採寸を元に、マダムミコ式原型を作りました。
その方のサイズによっては、衿ぐりや袖ぐりの形の微調整が必要ですので、細かい採寸を元に、原型の補正もほぼ終えました。

【コートの型紙】
Img_4038
コートの型紙は、本の製図を案内に作成始めましたが、どうも時間内に終わりそうにはないので、袖はご自身でされることにして、お持ちになった生地を広げて見ました。
【型入れ】
出来上がった身頃の型紙と、まだの袖や見返しの位置を考えながら、裁断のアドバイスをしました。
ミコ先生「う~~ん、ぎりぎりですね。」
生徒さん「足りなかったかしら・・・。」
用尺がぎりぎりです~~~。
袖を二枚袖に変更すれば入ることを発見!!二人ともホッと・・・。

生徒さん、すでに洋裁の経験のある方ですので、来月のおけいこまでご自身で型紙を仕上げて、裁断をし仮縫いのために、身頃を組み立てる予定です。
次回は、袖の裁断と、仮縫いの組立をして仮縫いをします。
Img_4043_2
1月まで予定表をみながら次のおけいこを検討しました。
しっかりした計画で、ウールの本格的なコート作ります。

ずーっと、裏地の付いたしっかりした仕立てをきちんと習いたいと思っていたそうです。
お忙しい時間のなかでは、学生のように時間を割くこともできず、どこかに希望に合った洋裁教室がないかを探していたとか。

そんな生徒さんと『洋裁くらぶ』の出会いでした。『洋裁くらぶ』は小さなアトリエの洋裁教室ですが、ニーズがあるんですね。本当に嬉しく思いました。
これから、どんどん本格的な服作りを楽しみましょう。
どうぞよろしくお願いします。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年11月17日 (土)

チェックのドレープ巻きスカート・縫製・生徒さん

午後のクラスです。
新しい生徒さんがお仲間に増えて、こちらの生徒さんは堂々とした先輩になりました!
おめでとうございます!

前回は裁断でした。
大柄チェック、非対称のパターン、と難しい裁断でしたが、縫製も並々ならない・・・。

【脇縫い】
Img_4016
ウールは柔らかいので、ミシンの縫いのタッチは気持ちいいですね。
でも、下から送り刃が布を向こうに送り、上から押さえが布の送りを圧迫するので、気をつけないと二枚の布がどんどんずれます。仕付けてもいいのですが、少し急ぎたいのでピンを留めて進めています。ピンの打ち方もミシンのしくみを考慮する必要があるんです。



Img_4013
生徒さんは気をつけて、ピンを打ち、気をつけて脇縫いを進めています。
ウエストの見返しに芯をはり、スカートの身頃の上端にもバイヤスにカットした芯をはりました。


さて・・・。ミシン縫いの結果は?
Img_4018
「横段があっています!」素晴らしい・・・・。

さあ、山場の次は・・、次の山場です。
Img_4024
裏地の裁断をしました。ウールのスカートですから・・。

Img_4020 Img_4022

見返しの位置とダーツの位置に印をつけます。初登場の【へら】を使用しています。
そして、見返しとの接ぎ位置をあらためて裁断して終わりました。

だんだん、技術があがっています。
次回が、お洒落な巻きスカートの仕上がりとなりそうです。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年11月16日 (金)

午後のクラス・新しい生徒さんとの出会い

昼間のぽかぽか暖かさが続く『洋裁くらぶ』・・・。
世の中も全部ぽかぽか暖かい日が続いていましたね~~。
でも。そろそろ冬の本番が近づいたようです。寒暖の差に気をつけて、皆様お風邪を引かないよう過ごしましょう!!!

『洋裁くらぶ』午後のクラスに、新しい生徒さんがやってきました!
マダムミコが夏あたりから一生懸命作ったホームページを見て連絡をくださいました。
拙いホームページが縁の「おけいこ」が実現して本当に嬉しいです。
メールも何度もくださいました。

♪ピンポーン♪
「初めまして」「よろしくお願いします」
皆様、初回はブログやホームページのマダムミコのイメージが強いのか、とっても緊張していらっしゃいます。日本人ですよ~。めがねをかけたりかけなかったりいろいろです。
「そんなに緊張しないで~」と思うのもつかの間なんです・・・。
つまりすぐ仲良しになってしまいます。

午後のクラスで初級カリキュラムを始めることにしました。
カリキュラムの【2.リバーシブルのトートバッグ】です。
Img_4028s 
リバーシブルのひっくり返しがポイントです。いろいろな場面に応用が利きます。
それに初心者の方には、ミシン練習になりますね。

さっそく登場!
Img_4019
生徒さん、電動ミシンに取り組んでいます。
新しいミシンがお宅にあるそうです。ポータブルになれることからスタートしましょう。


Img_4012
ミシンの脇には、メモのノートをご熱心にとっています。勉強熱心なとっても真面目な生徒さん。いいですね!!
ミシンの前で練習のシーチングを三角に折っています。なぜ?

Img_4026
Img_4027

↑↑今日のポイント。ミシンの練習を兼ねて、シーチングを利用して裾かどの始末をしてみました。
角を三角に折り曲げて、横にミシンを入れると、バッグの厚みの裾角が出来上がります。


いよいよ、お手持ちのコットン二種類を裁断します。
Img_4014 Img_4015
四角い裁断です。型紙はマダムミコ初級カリキュラムで用意しているもの。
カレンダーのノインシュバイン城が見えます。
はさみのしくみ?右と左。説明しました。

Img_4023
可愛い梅の柄のコットンです。手になる紐と、バッグの身頃をぐるりと縫い上げました。
次回は続けて仕上げに入ります。
ひっくり返しのポイントがあります。

午後のコースの新しい生徒さんも、電車に乗って結構遠くからいらっしゃいました。
ご主人が『洋裁くらぶ』界隈に詳しいとのことで、生徒さんも良くご存知のおなじみの地域だとか・・・。それで来てくださったのですね。
ありがとうございます。

これからも楽しく有意義なおけいこをご一緒に続けましょう。
よろしくお願いいたします。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (4)

2007年11月15日 (木)

エプロンからTブラウス作成開始!・初級カリキュラム・生徒さん

午前の暑いくらいの日差しを受けた『洋裁くらぶ』では、生徒さんお二人が初級カリキュラムを進めています。
先に始めたこちらの生徒さんは、今日エプロンが完成しました。
白地にブルーの花柄です。
「おめでとうございます!初級カリキュラム、作品第一号ですね!」

Img_4001s
アイロンかける前の“縫いたてほやほやですよ”~~~

【エプロン最終回】
Img_3989
共布のポケットは裁断の切れ端で自然に生まれる形をそのまま使っています。
前回の宿題で【ポケット付け】をきちんとやってきました。
糸をお教室に忘れたので、違う色の縫い糸でした・・・・、思い出になりますね???

Img_4000 Img_3992

昨日のもう一人に生徒さんより先に、紐のひっくり返しをしていま~~す。
つるつるっと簡単ですね!面白い??

Img_3993_2
紐のまわりには補強とデザインを兼ねてコバステッチ(端ミシン)をかけます。

Img_3995s
足踏みミシンをマスターし没頭しています。
生徒さんの全貌?ついでに『洋裁くらぶ』のデコレーションも少しだけお見せします。
※マダムミコの雛形作品、コラージュ作品、過去の自分用コレクションなどなど・・・。

Img_4003
ミシン縫いはすべて終了しました。最後に釦付けです。
四つ穴の釦をつけてもらいました。「釦の足」が今日のポイントです。


【初級カリキュラム 4.T ブラウス】
Img_4006
左のエプロンを終えて、右のT ブラウスへカリキュラムを進めることにしました。

Img_4005 Img_4010
日暮里で見つけた生地をさっそく広げて、初級カリキュラムの型紙をのせて、地の目を合わせて、ていねいに正確に裁断していきます。
もうすっかり、わかってしまいましたね。
すごい!!
そろそろ時間になりました。
今日も日暮里なの?
頑張りました。「いってらっしゃい」?

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年11月14日 (水)

赤いエプロン作成中!・初級カリキュラム・生徒さん

今日もいいお天気です、秋から冬へ季節が変わろうとしていますが、『洋裁くらぶ』は暖かいんです!本当!!
さて、生徒さんは、初級カリキュラムのこんなエプロンを作成しています。
生徒さんの使用生地は赤のプリントです。
Img_4029s_2
赤いエプロンを想像してくださいね!!

Img_4009 
電動ミシンを使って縫製しています。ミコ先生よりも、手元スイッチに慣れている生徒さん。

Img_3990
脇のカーブの三つ折を縫っています。

Img_3994
ミシン作業の手の置き方いいですね。

Img_3996
南向きのテーブルの上では、電動ミシンに奮闘の生徒さん。
もう一方の足踏みミシンではもう一人の生徒さんが奮闘中です。

【ループ】
Img_4002 Img_4004

↑↑エプロンの紐に釦をつけ、身頃の共布ループと釦止めします。
細いループは正バイヤス(45度で裁断した布)で作成。
「上手にひっくり返しましたね!」・・・もちろん初めてです。

【紐】
Img_3998 Img_3999

↑↑エプロンの紐は3cm巾です。ひっくり返します。
細い定規を差し込んで、つるつるっと滑ります。
案外簡単でしょう?

【共布ループ】【紐】の二つのひっくり返しもできました。エプロンの回りも縫いあがって、あとはポケット付けと、紐つけと、釦付けで終わりますね!

次回はエプロンの全貌が明らかに・・・。
今日も良く頑張っていただき、ありがとうございます!!

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年11月13日 (火)

サンプルの縫製

サンプルパターン起こしから、サンプルの縫製と仕様書までの仕事を受けたので、並行してやっています。
いろいろな仕事を並行してしていますが、どの仕事もやりたい仕事なので忙しくなってもなんとか頑張る事ができています。
先日のブログではサンプル裁断の様子をご紹介しました。
その後に、サンプルの縫製にかかったので、お洋服の輪郭が見えない??程度に仕事の過程をご紹介します。

どんなふうに作るの?興味ありますよね?

Img_3798
こんなふうに、サンプル2型分を一度に裁断しました。

Img_3970
1型目の縫製にかかりました。ダーツの先です。繊細な素材を使っているので、返し針をダダッとするわけにはいきません。1針くらいだけ返して、結んでおきます。(既製品でも高級品は糸結びをします。)


Img_3971 Img_3972
衿ぐりの見返し端には薄めの接着芯を貼ってあります。
表へのあたりが出ないように、みかえし端はロックミシンで仕上げました。


Img_3976
衿ぐり縫い。表身頃と衿ぐり見返しを縫い合わせます。


Img_3973
袖は透ける素材を用いた柔らかいデザインです。袖山にギャザーを寄せています。


Img_3974
フレンチスリーブ??ですね。。。袖口はメロウロック、すでに始末済み。


Img_3979
ギャザーを寄せて、合い印をしっかり合わせて、袖付けをしました。


Img_3981
袖山の仕上がりです。


Img_3977
衿ぐりの地縫いミシンををぐるりと終えた様子です。
後ろ中心にはファスナーが付いているのが見えますね!


Img_3982
そう、ファスナーもつけました。
細かい始末がいろいろありましたが、だいたい出来上がりました。

真っ白いブラウスです。
汚れが少しでも付いたら大変!とっても気を使いました。
でも、まあまあの出来上がりです。
ビニールのカバーをかけて、一丁上がり!
もう一着にしかかろうと思います。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年11月12日 (月)

Stagiaire Najla 5.立体裁断から型紙へ

  おなじみ!チュニジア時代
チュニジア人の研修生とマダムミコとの研修の様子です。
シリーズと言っても、また一ヶ月経ってしまいました。
「パルドン、ナジラ。」

右のともだちへのリンクにもあるNAJLA(ナジラ)のホームページも進 ~~。訳が?そう、嬉しいお知らせ!
彼女は既婚です。そうです、ご主人との間にはじめての男の子が誕生したそうです。
ホームページは主にご主人が作ってくれているらしいので、仕事やら家のこと、きっと若い夫婦は、幸せで忙しい時間を過ごしているのだと思います。

「Felicitation Najla et ton mari」(おめでとうナジラとご主人!)

さて、話を戻して今日はシリーズの5回目です。前回4回目は、こちらからどうぞ。

テーマ:国営航空のスチュワーデスの制服

第4回目にご紹介した【8日目から10日目】の研修の様子では、立体裁断の後半、スカートやジャケットのパーツを仕上げて、立体裁断を完成しました。

今回【11日目から15日目】は、立体裁断のトワルを型紙に仕上げたところです。
Img_1222_1s
1.立体裁断の仕上がったトワルに、“鉛筆で出来上がり線に点を描いていきます”。
2.点の印がついたら、トワルのピンをはずしていきます。
3.パーツ一枚一枚を地の目を意識しながら平らにアイロンで整えます。
4.トワルの点を結んで線に描き変えていきます。

そして・・・
12_2s
5.紙の上にトワルのパーツを置いて、トワルの線をプッシュピンで紙に点で写していきます。

次に・・・
13_2
6.紙に写した点を線に変えて型紙を完成させます。

スカートのトワルも・・・
Img_1217_1ss_2 

同じように、紙に写して、型紙を完成しました。
Img_1212_1s_2
ジャケットの型紙も同じように写真に撮ったのですが、データが見つからないので、今日はスカートのみアップしておきます。
2枚袖のジャケットでは、裏地のパターンも必要になります。こうやって研修立体裁断のトワルから型紙が仕上がりました。

初めてのジャケットの立体裁断とパターン作成です。
マダムミコは拙いフランス語しか喋りません・・・。ナジラにとって、なんと忍耐の必要な研修だったことでしょう。一つ一つの工程をきちんと成し遂げた彼女の精神力は本当に素晴らしいのです。

さて、次回は?また少し先になると思いますが、じっくりとした立体裁断からのコレクション作成をお楽しみいただきたいと思います。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年11月11日 (日)

家では編み物・生徒さんのコレクション

洋裁はお教室の時間だけと決めて、宿題を持ち帰らない?生徒さんです。
お家で暇な時につい編み物をしてしまうとか。

編み物は、止まらないそうです~~。。。ついつい編んでしまう編み物の魔力??

生徒さんご自身用の完成品。
Img_3948

きゃ!可愛いですね。
実は黒の毛糸は、完成に至らなかった?スカートを思い切って(マダムミコのアドバイスだったらしいのです)ほどいたそうです。別なミックスカラーの毛糸と組み合わせてこんな可愛いキャップができました。

ミコ先生「かぶってみてもいいですか?」
生徒さん「いいですよ」
生徒さん「あらっ、似合う!」「でも私のよ!」
※マダムミコにも、とても似合ったということです。

編み物は止まらない~~ので、同じイメージでお友達のも編んでいらっしゃいます。
Img_3949
まだ途中です。

Img_3954
スイスイと編んでいきます。

Img_3953
こんなふうに・・・止まらない~~。

編み目デザインは、ご自身の創作です。
この編み方、最後の引き抜きで丸い編み目が並びました。
Img_3950
すごくいいデザインですね!

ミコ先生「かぶってみてもいいですか?」
生徒さん「どうぞ~」、「あらっ、コレも似合う」
※どうも、これらの帽子は私似合うようでした。おけいこの前に、すっかり満足な二人でした。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年11月10日 (土)

ブルーの更紗ブラウス作成中!3.縫製開始・生徒さん

『洋裁くらぶ』個人コースです。
立体裁断のトワルをそのまま型紙(型布ですね!)として使用、紙で仕上げる工程を思い切って省いてしまいました。

初のケース・・・・。

初回、立体裁断して、前回は裁断とダーツのきりびをしました。

さて今回3回目は?
【縫製スタート】しました。
Img_3966
前後みごろのダーツにしつけをかけます。きりびが案内になります。
手縫いがお上手な生徒さんです。

Img_3959 Img_3956
向こうのきりびと手前のきりびと交互に見ながらあわせていきます。
テーブルの上で自然ななじみも確認。

さて今度は。
Img_3963
ダーツは前後身頃と胸のダーツの合計6箇所あります。
ひし形のダーツはどちらから縫っても、とんがりの細いところが始まりなので、返し針が難しいですね。6箇所縫い上げる頃にはすっかりお上手に!!

↓↓ダーツ縫いあがり、見えますか?
Img_3964

他に、腰のところで結ぶ紐も作りました。
前と後ろとまだくっついていませんが、ボディーに着せたらもう出来上がったように見えます。
Img_3968 Img_3969
シンプルですが、女らしくて着易くて、飽きの来ない、なかなかのデザインです。
↓↓腰の紐は、右にするか左にするか次回結論が出ます。
Img_3967

出来上がりが楽しみですね!

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年11月 9日 (金)

オーダーメイドワンピース 12.仮縫い後の本裁断・マダムミコ作成中

お客様のオーダーを作成中です。
いろいろなことを並行して進めているので、前回 11.の解きとパターン修正から、また時間が経ってしまいました。

今日はいよいよ本裁断をしました。
まず、ジャワ更紗のスカート部分を修正パターンどおりに裁断します。
Img_3943

ハイウエスト切り替えの上の方までは、生地の用尺が足りず、接ぎになります。
Img_3937 Img_3934

↑↑柄の見え方をより良くするために当初の裁断とひっくり返したりしています。


スカートが裁断できて、生地の方から眺めると、生地の用尺が足りなかった部分がこのように見えますね!↓↓↓
Img_3938 Img_3939
生地の足りなかったのが、型紙の部分(白いところ)です。
ここに・・・。
↓↓
Img_3940
切り替えを重ねます。
ここがウエストのくびれになって、更に上のほうへも・・・。
↓↓
Img_3941
こんなふうに・・・。結構工夫しました。

どうでしょうか?
↓↓ 柄が自然に見えるでしょうか?
Img_3942


前後とも裁断し、ジャワ更紗のハイウエストスカート部分の本裁断が終了!
当初のイメージデザイン画を思い出してくださいね!
Img_3443
Img_3945


さて、まだ続きます。
身頃は黒絹生地です。
Img_3946
ラグラン袖は肩部分が含まれるので、案外大きいパーツです。
絹の裁断は、つるつる動くので慎重にしています。

さて・・・。
Img_3947
前身頃、後ろ身頃、ラグランスリーブの前後と、絹の裁断も終わりました。
動きやすい生地の裁断が済むとほっとします~~。

でも、まだ!ロールカラーやカフスの裁断が残っていました。総裏のワンピースの裏地の裁断も!ロールカラーの芯のベンクリークや、カフスに使う接着芯の裁断も・・・。ラグランの袖付けも身頃に薄芯が必要かもしれないし・・・。いろいろ仕立ての研究もしないと。
やることいっぱい!
今日もここで時間切れになりました。
心を残して次回に・・・・。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年11月 8日 (木)

チェックのドレープ巻きスカート裁断・生徒さん

生徒さん作成中のウールの巻きスカートです。
10月に型紙を作りました。
型紙もアシンメトリー(左右非対称)で頭をひねりながらでしたが、今回の裁断はどうでしょう?たぶん頭ひねらないと・・・。

なぜって?
一方柄の大きめ格子に、非対称のパターンの、ふたつの難解テーマに挑戦だからです!!とにかく頑張りましょう。。。。
Img_3749
チェックの一方柄です。同じ方向で、脇を合わせて裁断します。
左右の柄は対称なので、それだけは安心~~。



Img_3929
左右非対称の型紙。
ひとつは、右上前スカートです。これにドレープが入ります。
もうひとつは、後ろスカートから脇接ぎ無しの左下前スカートです。
この二つの型紙を生地の上下に並べて、柄位置を考えました。チェックの段がひとつずれると、もうひとつの型紙もずれる・・・。当たり前のことにしばらく悩む生徒さんとマダムミコです。
生地の天地を変えて、裾の縫い代を減らしたら、ぴったり入りました!!

それで、裁断しています。ほっと~~。

Img_3931

裁断しています~~。

Img_3930
生徒さん所有のロータリーカッター。生徒さんはこれにはまってしまいました。
細かいところもお手の物!

Img_3928
これが、右上前ドレープのあるスカートです。

Img_3933
見返しの裁断も終わりました。


Img_3932
さあ、次回は仕上げたい勢いの生徒さん、宿題でできるところまでやってくるそうです。
ノートに、マダムミコの説明を書いています。
秋も深まり冬になる前にタイミングよく出来上がりそうですね。

次回は裏地裁断して見返しと接いで、・・・できるかなあ・・・楽しみですね!

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年11月 7日 (水)

月曜午前コース・初級カリキュラム進行中!生徒さん

お天気の良い今週の月曜午前は、お二人の生徒さんがおけいこしました。

♪♪もう一人の生徒さんは、今日はエプロンのミシン縫いに入ります。
目標*足踏みミシンを克服!

最初に、前回裁断したパーツの折りアイロンからスタートしました。

【縫い代の折りアイロン】
Img_3918
横地の地の目は伸びやすいので、裾の三つ折は伸びないように気をつけましょう。

Img_3915
簡単エプロンのカーブは、縫い代をそのまま折り返します。
カーブを殺さないように1cmと1cmと2回折りこんで三つ折にしています。
きれいにできていますね!

慣れてきました・・・。

Img_3920
アイロンの工程を無事終了!

さあミシンにかかりましょう!!
【ミシン縫い】
Img_3923
初めてです!
少し足踏みミシンの練習をしてから、さっそく紐縫いにかかりました。
ステッチ定規を使っています。
左手で布を送り、右手で布を合わせる、ステッチ定規を見るあわせる、足のリズムを滑車に合わせて進める・・・。
足踏みミシンの技術ってかなり高度・・・。

生徒さん一生懸命に踏んで、見て、見て踏んで、頑張っています。

Img_3924
どんどん慣れて行きました。調子いい!!!

Img_3925
ポケット口は1.5cmの三つ折です。縫い代のキワにコバミシン。
かなり集中したので、半分以上できました。
少しの宿題と、次回紐付けと釦をつければ出来上がりますね。

そうそう、今日の忘れ物はミシン糸でした。
生成りの白なので、お家にある糸で代用できますね?
初めての足踏みミシンはいかがでしたか?
エクササイズのようでした?

いつも一生懸命に楽しんでくださいます。
お疲れ様でした。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (2)

2007年11月 6日 (火)

11月のおけいこ 月曜午前は秋晴れ!・生徒さん

11月になって初回のおけいこです。
いいお天気!秋晴れの暖かい午前です。・・・ちょっと暑いくらい。

♪♪お一人目の生徒さん
【原型の続き】
袖の原型を仕上げます。
Img_3914
原型の袖山は、細かい計算が必要です。・・・4.9cm?。

Img_3917
袖口のカーブをなめらかに描くのに“カーブルーラー”を使いましょう。

Img_3919
そろそろ出来上がります。このあとカットして、無事原型ができあがりました。
今日は続けて・・・・。

初級コースの“エプロン”作成を開始します。
【裁断】
Img_3921
経済的裁断ができるエプロンの型紙はマダムミコカリキュラムで用意しています。
縫い代つきです。
型紙どおりに切りましょう。


【縫い代をあらかじめアイロンで折っておく】
Img_3926
ポケット口の三つ折アイロンしておくと、三つ折ミシンも簡単です。

Img_3927
カーブも、直線の縫い代折りもどんどん進めました。
洋裁のアイロンは、洗濯物のアイロンかけとはちょっと違います。
必要なところだけ、ポイント的にかけましょう。温度と地の目を意識して、
軽く必要最小限に置くように押さえるように少しだけ滑らせます。

2時間でかなり進みました。次回は、マダムミコの足踏みミシンに挑戦できますね!
さて、もう一人の生徒さんも進んでいます。
明日ご紹介します。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年11月 5日 (月)

素敵な織物 準備中!マダムミコ工房

四色紬ストールはマダムミコ工房ショップにあります。

カンボジアの魔法の手織物、先日到着して洗いと検品を済ませた四色織りの紬のストール(絹100%)です。ていねいに準備中!なので、なんだか時間がかかっていますが、きちんとしたものをご紹介するため、もう少しお待ちくださいね。

太陽の明かりのある午前に、直接の太陽光線を避けて写真を撮っていました。
素人の撮影は、なかなか難しいですね~~。
どこが満点なのか目安がわからないのです。
いや、満点とかそういうレベルではないんですよね!納得・・・・。

とにかく頑張りが画像にでて欲しいです。(皆さんに価値が伝わらないとね!
Img_3848
台の上にまず白いカンボジアシルクを広げておきました。
ストールを置く方向をものさし総動員で案内に置きました。

ボツ画像から、一部の商品をご紹介しましょう。
Img_3860_2
こんな色合いや・・・
Img_3829_2
こんな色合いも・・・。これ全部手織りです。絹です。
これらを広げたりアップにしたり、丸めたり、素材のよさが伝わるようにいろいろと工夫して撮っていました。

Img_3861
カンボジアのデザイナー達の、素晴らしい配色がまだまだあります。
他に本命の「かすり織り絹生地」も準備中です。「かすり織り絹生地」の撮影は今日は時間切れでした、次の明るい午前はいつかなあ・・・。午後の日差しになりました

近日、工房ホームページからご紹介できるよう、今月は進める予定です。
「マダムミコ工房」からのお知らせでした。


♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年11月 4日 (日)

上海に行きたい!マダムミコ

上海に行くのではありません・・・・。
以前3年半駐在していた上海のいろいろなことを、強く思い出す瞬間があります。
中国には、吸い込まれるような深くて強い魅力があります。
一度その魅力にとりつかれたら・・・・。

まあ、そんな恐ろしい話ではありませんが、他人のことにさっぱりとして、自分のことに興味津々の私の知り合いたち、どうしているかなああ?私のこと思い出しているかなあ?
・・・なんて、私も時々思い出しているだけなんですけどね!

黄浦江(上海の東西を分ける河)の河岸沿いの街並みを外灘と呼んでいます。
ライトアップされた外灘はロマンチックな場所です。
って、思うと大間違いで、ほぼ一日中、世界中の観光客が所狭しとごった返しているんです。
Pc100013s


今日は、上海の有名な点心「小龍包」の画像をおまけします。
皮を破かないで、中の肉汁を舌をやけどしないでうまく飲み込められたら、プロです!
Pc090002s
お値段?日本では考えられないお安いお値段ということまで・・・。

上海に行きたいって、こういうことかな?
自問自答のマダムミコです。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (4)

2007年11月 3日 (土)

友達への贈り物・コメントkijangさんのコレクション

時折コメントをくださるkijangさんは、服飾のプロさんです。
趣味でも物づくり!その上お友達へのプレゼントのようですよ・・・。
忙しい合間に制作のその精神に脱帽。

すごいなあ!!!!

Dscn3029
みどりの車に乗ってくださあい!!出発!!

Dscn3030
お友達の家を訪ねて行きます。きいろい屋根の家あかい屋根の家~~


Dscn3026 
みずいろの屋根の家も~たくさんのお家を訪ねるんですね!

Dscn3025_2 
お母さんとお子さんが色の勉強もしながら、お話できるようなストーリーのあるパッチワークです。
トレーナーも縫ったそうです。
心のこもった贈り物。
時間もかかっている・・・・。

可愛くって、楽しくって素晴らしい作品の画像をありがとうございます。
先日のレースとビーズとは全く違う趣向の作品でした!!さすが!
次の作品もお待ちしています。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (2)

2007年11月 2日 (金)

ウールのバッグ・マダムミコ

昼間ちょっと暑かったりしますが、11月です。
秋も深まり、冬ももう間近まで来ているような気がします。ファッションと季節感って強く結びついていると感じるのはこんな微妙な時期です。

どうも、いつも持っているカンボジアコットンのトートバッグがしっくり来ない今日この頃でした。ばたばたと棚の整理をしていて、「あっそうそう、コレの季節!」なんて、一人で思いました。
Woolbag
お手製のウールのバッグです。
ウールと言うと正確ではないですね、黒の生地はウールですが、ベージュの生地は厚手のとても高級なカシミヤを使っています。

ぜいたく?いえいえ、これリメイクです。
若いときにオートクチュール仕立てしたカシミヤのコートを半コートに直して、その残りと更に、少し残っていた生地を接ぎ接ぎして作りました。
とても気持ちがいいんですよ。デザインはカジュアル、コートとおそろいでもいいし、この配色はほとんどの色となじみます。

っと、相変わらず自己満足症状のマダムミコは、自作のバッグを見つけて、嬉しい気分で冬の訪れを待っています。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年11月 1日 (木)

サンプルの裁断

昨日、下町の縫製工場でメロウミシンをお借りしたことをご紹介しましたが、このメロウは、いま並行してやっている仕事のパーツ作りでした。
私の服飾の仕事のスタートは、ファッションデザイナーです。当時のデザイナーはパターンも起こしました、ついでに展示会の仕事が集中する時期には、あぶれたサンプルを自分で縫ったりもしました。

そんな経験がその後に生きています。
自営業、オーダーメイド、途上国の技術指導・・・これらに共通する技術は・・・、オールマイティー。そうです、何でもできないと。もちろんいい加減ではいけませんよ!完璧にすべて・・・。を目指して。

ということで、サンプルパターンを受けたら、縫製もお願いされたので、一生懸命こなしています。メロウが終わって、用尺計算をしながら型入れをしました。
Img_3796
量産では、複数で型入れが可能です。その方が用尺がかからないので、コストが抑えられますし、枚数が取れます。いいことが多いんです。
でも無理に入れた、架空の型入れは、工場にとって迷惑になることもあります。
生地の特性、現実を良く見て、最も経済的にするのがいい型入れです。


Img_3797
サンプルを作るための裁断準備、計算の型入れとはちょっと違っています。
一方向使いの生地なので、ロスが多いです。

Img_3798
裁断しました。ふぅ~疲れました。
えっ?写真撮るためにこんなふうに並べるのに気を使いました!

製品のサンプルパターンとサンプル縫製の仕事です。
お客様に著作権があるので!仕事の過程だけご紹介!出来上がり画像はお見せできませんが、ご了承ください。
いろいろな仕事しています。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »