« パフスリーブの製図・生徒さん | トップページ | コートの仮縫いとスーツの型紙・ロングコースの生徒さん »

2007年12月26日 (水)

お直し習得中!・生徒さん

ご自身の店舗に訪れるお客様の簡単なお直しや、ご相談に乗れるように技術をひととおり体験しています。即戦力の必要があるので必死です。

【縫代の始末いろいろ】
・縫い割りロック始末
・片倒しロック始末
・折り伏せ縫い

【ヘムの始末いろいろ】
・三つ折ステッチ
・折り返しロックまつり

以上のバリエーションは基礎ですね!
さあ、今回はそのうち・・・。

【折り伏せ縫い】
Img_4563
前回、“ミコ先生”に言われるままに折りふせ縫いを完成しました。
さあ、今日は一人で思い出してみましょう。折る方向がどっち?


Img_4565
できました!きれいにいきましたね。折りふせ縫いは“巻き縫い”とも言います。
巻き縫いは特殊ミシンを使って本当に巻き込んで縫い上げるところから“巻き縫い”と言われ、ジーンズの股上などに良く使われています。
一方、“折り伏せ縫い”は、全く同じしくみなのですが、地縫いミシンを使って縫います。それに縫い目の位置の考え方(パターン)が違ってきます。
平たくは、巻き縫いと言ったら、習った“折り伏せ縫い”の縫い方と思って大丈夫です。




【ロックミシン】
Img_4566 Img_4567


ロックミシンは押さえと金具で布が固定されるので、手で布をひっぱたりおさえたりすることは避けましょう。方向を案内する気持ちで布端をしっかり見ながら他の布をまきこんで切り落としたりしないよう、ゆっくり慎重に進んでみましょう。

【作業のアイロン】
Img_4573
お洗濯物のアイロンかけとは違って、必要なところにだけ、熱と圧力、時にはスチームがあたるように注意します。慣れてきましたね!


【裾ヘム手マツリ】
Img_4578
初めて洋裁に取り組まれたので、シーチングを使ってひととおりのお直しの基礎をお教えしています。パンツの裾を想定して、折り返した端はロックミシンで始末をして、手でまつりましょう。
お持ちの指貫が個性的でした!
5mm進んで際ですくって、5mm先から針を出して~~。
そのくらいの気持ちで練習してください。

数回のおけいこで、かなり習得されたと思います。
続ける事ができるようになることです。
人の得意なことは、「忘れる」ことなんですよね~~。

おけいこは、忘れないように!!
次回(来年)も頑張りましょう。

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。
右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。
♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。人気blogランキングへ

|

« パフスリーブの製図・生徒さん | トップページ | コートの仮縫いとスーツの型紙・ロングコースの生徒さん »

『洋裁くらぶの日々』07’08」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パフスリーブの製図・生徒さん | トップページ | コートの仮縫いとスーツの型紙・ロングコースの生徒さん »