« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

チュニジアとメッセンジャーで会話

チュニジアの朝が日本の夕方、日本の朝はチュニジアの深夜です。

チュニジアの元同僚達が、職場でちょっと暇をもてあましている昼間の時間、日本の私は、一日の仕事をあわただしくまとめ、明日の準備をしている夜の時間です。04aw_member
その時間にパソコンにさわると、時々「ハローミコ!」とメッセンジャーが繋がって、しばし会話が続いたりします。

先日、深夜になり、やり残した事を思い出して、パソコンにさわったら、「ハローミコ、どうしてるの?????」とつながって、びっくり!!びっくりすることもないのですが、しばらくメッセンジャーを開けていなかったことを思い出しました。「ごめん、メッセンジャーをとじていたの」「オーケー、私達のことを忘れないで!」「ノープロブレム、忘れることはないよ!!」などと、簡単な会話を楽しみました。

話を続けていたら、私が働いていた、繊維センターにいたデザイナーとパタンナーのうち、デザイナーは仕事がないのか、専門学校のデザイン講師(衣服のデザインというより、美術やパソコンのソフト「フォトショップ」などの指導です。)として異動になったというのです。チュニジアは、かつての中国が日本やヨーロッパの縫製工場として成り立ったように(現在は中国自身の活躍が目覚しい)、今のところはヨーロッパの縫製工場ですので、ファッションデザイナーという職種がほとんど成り立たないのです。
そんな産業の背景があるので、私の同僚のデザイナー達も自身のデザインを世に出した事があるわけでもなく、衣服の勉強をしたものでもありませんでした。チュニジアでは工場のパターンをいじれるパタンナーの方が技術も地位も上という様子でした。
ですから、若い少しでも野心のあるデザイナー達は、私がいた二年間にとても興味深く衣服の基礎を学ぶ姿勢があったのです。繊維センターに居れば実際の衣服生産の現場に多少でも関われるのですが、センターからみればデザイナーは要らないのかもしれません。

「本当??」「yes」「わかった。。。。」メッセンジャーの相手は、パタンナーです。親しかった同僚達のことを私が買っていたことを、良く知っていました。
「残念」という発想がイスラムにはないことを2年間で学んだ私は、この言葉を使いませんでした。
ああ、でも・・・・。

久しぶりのチュニジアでした。

洋裁くらぶ

 Banner2_2

←最近忘れていました。お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0)

2008年1月30日 (水)

ブラウスステッチ、袖の型紙、ジャケットの完成・それぞれ生徒さん

午後のクラスです。
前回のようすは、ブラウスの袖付けとパネルラインの型紙・生徒さん をどうぞ。

お一人目、ブラウスはもうすぐ出来上がります!!
【脇縫い】
Img_5129_2
中表にして脇縫いを終えたブラウスです。写真の下の方が衿ぐりです!

【ロックミシン】
Img_5131
慎重でていねいな生徒さんは、ロックミシンがお上手です。あわてないことがロックミシンの作業を楽にします。

【ステッチ】
Img_5132
袖口や裾のステッチをすれば出来上がります。 配色糸を使ってます。見える?

【ほぼ完成!】
Img_5135
なんと言ってもほぼ始めてのブラウス作成ですって。感激もひとしお・・・。
ご一緒に関われてミコ先生も嬉しいです。ほんと。


お二人目、今月は型紙が充実してきました。
【普通袖の半袖】
Img_5120
基本になるパターンを作ります。半袖です。普通の・・・。まず、身頃のアームホールをはかって、その寸法にいせ分を加えます。袖原型のラインを参考にワンピースの袖を作っていきます。

【半袖の型紙カット】
Img_5130
縫代つきでカットしておきます。来週からは、仕上げたワンピースの型紙(半袖)を使って、検証ワンピースを作りましょうか?
生地が見つかったら・・・ですね。
※生徒さんの使用している紙は、生徒さんがネットで購入されたものだそうです。手ぶらでいらっしゃっても、洋裁くらぶで白のパターン紙を実費でお分けしています。

【趣味】
Img_5133 
生徒さんの着用しているトップの肩紐はニットでした。ご自宅でくつろいでいる時にできたリリアン編みの使い道でした。いつもアイデアいっぱいの楽しい着こなしです。
すてき!


三人目の生徒さん、和服の反物のリメイクだそうです。
【ミシンのホール】
Img_5117
薄手のジャケットでも鳩目穴のホールがきれいと思うのですが、手穴カガリはなかなか難しいし、明後日着るには間に合わないので、ミシンの眠りホールになりました。
比較的きれいにできる、職業用ミシンのアタッチメントを使用してミコ先生が仕上げました。ホールの長さが長いので、長さを足してホールを縫いましたので、ちょっとテクニックがいりました。


【趣味と釦付け】
Img_5121
生徒さんの携帯をみてくださ~い。画像のピントがあってなくってごめんなさい。
でも、だいたいわかりますね?素晴らしくラブリーなデコレーションです。
みんなで「わぁ~~かわいいい!!」と叫んでしまいました。

【釦ホールと釦付け終了。完成!!】
Img_5128
できました!これで明後日着ていけますね?
あれっ?前回 も、明後日って言ってましたね。
今度こそは着られます。お似合いですね、とても洋裁のお上手な生徒さんです。

洋裁くらぶ

 Banner2_2

←最近忘れていました。お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0)

2008年1月29日 (火)

ベスト・ブラウス・エプロン・それぞれ作成中!生徒さん

ようやく新年もこの日になり3人がそろいました。
あけましておめでとうございます!・・・さすがこの挨拶はなかったのですが、それぞれエンジンがかかり熱中した2時間でした。

午前の3人少人数コースです。

前回 ←クリック、初級カリキュラム 裏無しベストの裁断を終えた生徒さんです。
【接着芯地の裁断と接着】
Img_5100_1 Img_5100_2
左の写真は、袖ぐりの見返しに裁断した接着芯を張ったところです。
右の写真は前見返しです。後ろ衿ぐり見返しえと中表にあわせて見返しの肩を縫う準備をしています。


【裁断の道具いろいろ】
Img_5092_1
ミコ先生の道具 ヘンケルのハサミと、ローラーカッター(やっと最近入れました。)
ヘンケルのハサミは軽くて良く切れて、とても使いやすいハサミです。
Img_5092
生徒さんが偶然、ミコ先生と同じヘンケルのハサミを使っていました!!
今回の動きやすい芯地の裁断は、ローラーカッターが最適でした。
Img_5100
芯地の裁断と接着はけっこう手間がかかります。裏無しのベスト、縫代の始末はロックミシンで仕上げます。このあと、見返し端など、一気にロックミシンをかけました。
えっ!もうお時間・・・。
宿題は裾の折り返しアイロン。
ベストはこれまでの作品より、ちょっと大物ですね!さあ、頑張りましょうね。


さて、簡単ブラウスを仕上げるのが今日の目標の生徒さんです。前回もどうぞ。
【足踏みミシン】
Img_5090
前回から続けて、足踏みミシンに挑戦中!かなりいい感じになめらかに踏めるようになりました。ちょっと満足?

【袖ぐりのステッチ】
Img_5093_2 
シャツ袖の縫代は身頃側に倒して、身頃側に5mmのステッチをかけます。仕付けをしたのできれいに簡単に進みましたね。

【裾と袖ぐりの三つ折で仕上げ】
Img_5109
仕付けになれました。待ち針とミシンで早く縫うのもいいのですが、早く縫おうと思ってもうまく行かなければ、がっかりですね。しつけてあれば安心きれいというところです。

【完成!】
Img_5116
おなじみの簡単ブラウスですが、お一人おひとりの生徒さんにとっては、苦労の結晶です。本当に良く頑張りました。シンプルなデザインはそっけないのですが、重ね着のコーディネートや、このブラウスに釦やレースなどのデコレーションを加えたり、アイデアで変身します。それがシンプル(そっけない)なデザインの醍醐味です。
ほぼ完成おめでとうございます!!


もうお一人はエプロン作成中です。前回はこちら。
【エプロンの紐を縫う】

Img_5110 Img_5108
できあがりの倍の巾で裁断した長い布を巾で半分に折って縫います。縫代で折ってからひっくり返して、更にアイロンで紐を仕上げます。
それからステッチを5mm位の巾でかけて・・・・。こんなに多くの工程があったんですね。
「まっすぐ縫うのも難しい・・」と頭を抱える生徒さんでしたが、とても上手にできているんです。ねっ!


【ポケットをつける】
Img_5113 Img_5111
ポケットはエプロンを裁断すると偶然できる残り布をそのまま使います。カーブと角の縫いがあります。もちろん最初と最後はポケット口の補強の三角ステッチです。
いやはや、またまたこんなに課題があったのね!
とっても上手にできています。安心してくださいね。


【パーツの縫いあがり】
Img_5114
お時間中、とても集中されて一生懸命進めました。
すべてが初めての作業です。紐もまっすぐきれいに縫えたし、ポケットもつきました。
次回は紐を縫い付けて、ミコ先生がお手伝いしたループを脇に挟み込んでから脇を仕上げれば、ハイ出来上がりです。ほんとすぐなんです。
楽しみですね!
グリーンの釦がお洒落な感覚、素敵ですね!

洋裁くらぶ

 Banner2_2

←最近忘れていました。お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (2)

2008年1月28日 (月)

布バッグの型紙を作りました・生徒さん

個人レッスンコースの生徒さんです。
前回が初回で、ご本人の原型を作成しました。
前回の様子もご覧下さい。

個人のコースでは月に何回ものおけいこがありませんので、皆さん予定を繰り合わせて頑張っていらっしゃいます。この日は雪がふるとか・・・。
ちょっと心配しましたが、お元気な姿を見せてくださいました。

前回できた原型を使ってお洋服の型紙か、じーっと暖めてきた袋物の実現か迷って、今回は布のバッグの型紙を一気に二型作ることにしました。

【線を引く】
Img_5016
布バッグの型紙は直線と直線の組み合わせです。
寸法を測って(イメージ)型紙にとる、測って型紙にとる、の繰り返しです。


【超ミニ見本を作ってみる】
Img_5019
縫製はおうちで進めることになるので、型紙と縫製の手順がわかるように、超ミニ見本のバッグを作ってみました。


【見本と型紙】
Img_5020
見本を見ながら、型紙を完成させました!

【もうひとうつの型紙】
Img_5022
切抜きのイラストを見ながら、欲しかったこのデザインを型紙で実現させます。
縫代を付ければ、縫製も効率よく簡単、そしてきれいにできますよ!

【ファイル作りのために】
Img_5018
雑誌の切抜きの写真やイラストをいっぱいためている生徒さんです。ファイルに型紙と切り抜きをセットにして整理することにしました。グッドアイデアですね!
どんどんファイルが増えそうですね。
今回も、とっても楽しいお時間でした。

一ヶ月先のおけいこでは、布バッグの縫製の仕上げと、ずーっと作りたかったお洋服の型紙を進めたいですね。

洋裁くらぶ

 Banner2_2

←最近忘れていました。お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0)

2008年1月27日 (日)

「四色織りつむぎストール」のお洗濯は?『マダムミコ工房』

カンボジアの織物には、シルクがふんだんに使われています。
Img_4473
お洗濯ができない、難しいと、シルクを敬遠される方も多いかもしれませんが、ドレスに使う絹などの繊細な織物は別にして、普段使いのストールなど、ご家庭で簡単に洗う事ができるものもたくさんあります。

『ブログマダムミコ工房』からご紹介します。

「四色織りつむぎストール」のお洗濯は? ←ここをクリックしてください。

ご自分で洗えると気持ちいいですね!

 Banner2_2

←最近忘れていました。お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (2)

2008年1月26日 (土)

ブラウスの袖付けとパネルラインの型紙・生徒さん

午後のクラスです。
一月の東京かなり寒いですね。『洋裁くらぶ』は暖かくしてお待ちしています。

♪お一人目、ブラウスの続き(初級カリキュラム)を進行中の生徒さんです。
【衿ぐり縫代のアイロン始末】
Img_5005
1cmの縫代で縫いあがった衿ぐりの縫代を縫い目のキワで身頃の方へアイロンで倒します。そうすると表からの衿ぐりの仕上げアイロンがとても簡単にできます。


【衿ぐりの完成】
Img_5009
衿ぐりに5mmくらいの(5mmと決めないで、ミシンの適当な印を見つけて均一にできる5mm位の巾を探して)ステッチをかけました。
衿ぐり完成です!


【袖付けの待ち針止め】
Img_5010
袖ぐりと袖山につけた合印の切り込みを案内に待ち針を細かく留めていきます。
このあと、仕付け糸を使ってきちんと仕付けをしました。

【袖付けミシン】
Img_5008
仕付けしてあるので、安心して、でも慎重にミシンで袖付けをします。
無事袖もつきました!ここでお時間、次回はロックミシンから始めましょう!
とてもきれいにできています。♪


♪お二人目の生徒さん、お持ちのワンピースの型紙を少し修正してから縫代つきの裁断と縫製の楽な型紙に修正しています。

【ミコ式原型を元に再作成中】
Img_5006
お持ちの型紙と、ミコ式のご自身の原型を比べながら、より精度の高いワンピースの型紙を再作成します、型紙をおいて検討しています。


【型紙の採寸】
Img_5007
元の型紙から、それぞれの位置の寸法をとって検証中。


【パネルライン】
Img_5011 Img_5013_2
ウエストの絞り分と脇の前後差を結んでバストのふくらみを作るパネルラインのカーブを引いていきます。なめらかで縫いやすくて美しいライン・・・。見る目が大切!頑張っています。カーブルーラーを使うのになれてきましたね!


【カーブの寸法を確認】
Img_5014
カーブが線としてきれいにひけても、縫うときの寸法が合わなければ大変難しいものになります。バストのポイントの辺りではいせ込みの差が必要です。
どんな具合でしょうか?
型紙のカーブの寸法を測る時はメジャーを立てて正確に測りましょう。
洋服の元は型紙です。
とっても大切。
じっくり頑張って進みました。次回も進みそうですね!

 Banner2_2

←最近忘れていました。お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0)

2008年1月25日 (金)

エプロンとブラウス・生徒さん

午前のクラスは久しぶり?
生徒さん全員がなかなかそろわないので、なんとなくそう感じてしまう一月です。


お一人目、エプロンにかかる生徒さんです。
【裁断】エコロジーな裁断ができるマダムミコエプロンです。
Img_4992Img_4991 Img_4994

地の目がテーマになりました。縦糸の方向を地の目といいます。
それに対して、横糸の方向を横地の目とも言ったりします。
縦糸の地の目はニュートンの法則どおりに、まっすぐ地面に向かって動く性質があります。ですから裁断で地の目がまがると洋服がまがります。

【縫いの前のアイロン】
Img_4996 Img_4998 Img_4999

下準備のアイロン作業があります。
ポケットや、すそや脇など、三つ折、二つ折りするところはあらかじめアイロンで折っておきます。ミシンの作業がぐ~んとはかどります。

【ミシン】
Img_5002 Img_5003

初級カリキュラムの生徒さんです。数回のおけいこで裁断もアイロンもミシンも板についてきました。ご本人はまだまだと思っていても確実に上達しますね。
すぐにエプロンができあがります。
忙しくなりますよ!


お二人目、続きのブラウスの生徒さん。
【職業用ミシン・足踏み式】
初挑戦でした。
Img_4997
生徒さん:「難しいんですね~~」
ミコ先生:「大丈夫、慣れなれ~~」
かなり辛抱強く頑張っていただきました。

Img_4995
ほどなく、いい調子!家庭用ミシンに比べると厚手の生地も薄手の生地も大きなコートなどもらくらく縫える職業用ミシンをいずれはマスターしたいですものね。
皆さん頑張ってしまいます。


【袖付けのピン打ちとしつけ】
Img_4990 Img_4993

袖付けのためにピン打ちをしています。それから仕付けをかけました。
このあと、足踏みミシンで縫い上げて・・・・。


【ロックミシン】袖ぐり
Img_5001
さあ、ロックミシンは前にやったから大丈夫ですね?
でも今日は難しい袖山のカーブのところでした。カーブの難しいところはミコ先生がお手伝いします。安心してくださいね。

【袖ぐりのしつけ】
Img_5004s_2
シャツ袖では身頃側に縫代を倒す事が多いのですが、縫代を身頃のカーブになじませるために、ていねいに仕付けをかけます。
画像の上の部分が身頃で、下のほうが袖になります。
きれいにていねいな仕付けがかかりました。

今日は足踏みミシンのしくみとロックミシンのカーブと、手縫いのしつけと、けっこう難しいテーマが多かったですね、良く頑張りました。

仕上がりが楽しみです。

 Banner2_2

←最近忘れていました。お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0)

2008年1月24日 (木)

待ち針・仕付け

チュニジアの“ナツメヤシの実のシロップ”が、また今年もFOODEXに出品されるようです。もうすぐ輸入開始できるかしら?いい形でご紹介したいと思っています。
最近、カンボジアの絹織物や洋裁の事が主だったのですが、今日は食品の輸入のお勉強をしようと図書館で本をいろいろ見ていました。
じっくり本格的に勉強します!!

さて、洋裁に戻ります。
【待ち針】
Img_4966s
小さな頭の待ち針が使いやすいので、私は通常この待ち針を皆さんにお薦めしています。

【待ち針の使いかた】生徒さん作成中
Img_5010s
カーブの違うところなどを縫い合わせるときは待ち針で大まかに留め、更に間を細かく留めれば仕付けも不要ですね。

【仕付け】生徒さん作成中
Img_5004s
待ち針では、ミシンをかけにくいところがたくさんあります。待ち針で大まかに位置を抑えてから仕付けをすればミシンはスイスイ行きます。
基本は仕付けです。(仕付け糸使用)

【待ち針色違い?】
Img_4965
生徒さんがお持ちの待ち針はブルーできれいでした。
ミコ先生「わあきれい!今はこんな色もあるのね!」
生徒さん「ええ、色がきれいで買いました。」
と、キルティング用の針らしいのですが、使ってみると針先が細くて、針のしなりが多いのです。指先にもひっかるほどの繊細な針先で、厚い生地ではしなってしまい生地がすくいにくいのです。どうも一般の洋裁には使いにくいという事がわかりました。

でもきれい・・・。いろいろな色の頭の小さい待ち針希望です!!
お手ごろなお値段であるといいですね。

 Banner2_2

←最近忘れていました。お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0)

2008年1月23日 (水)

続き・別珍のリバーシブルトートバッグ・生徒さん

夜間コースの生徒さんは、前回から続けて調子よくトートバッグが進みました。
前回は バッグの脇を縫いました。

今回は・・・。
【底の三角縫い】
Img_4956 Img_4957
前回練習したシーチングと同じようにできました!


【リバーシブルの袋二つ完成】
Img_4958
これでトートバッグの表と裏、リバーシブルの二つのバッグの袋ができました。
後は手提げ紐を縫わないとね!


【紐のひっくり返し】
Img_4959
手提げ紐は二枚の布をあわせて両端を縫ってから、ひっくり返しです。生地が滑るかどうか心配でしたが、うまく行きました。お上手でした。


【手提げの紐つけ】Img_4960
Img_4961
それぞれのパーツが縫いあがったので、これからくっつけましょう。手提げ紐を、別珍の袋の口にミシンで仮止めします。

【バッグの口中縫い】
Img_4964_2 Img_4967

紐は片方の袋の口にしっかりつけました。二つの袋の口を合わせて1cmの縫代でぐるりとミシンで縫い合わせます。

【ひっくり返し】
Img_4968
口を縫い合わせると二つの袋はこんなふうになっていますね、グリーンの袋の脇をすこし開けてあります、そこから、袋をするすると表側にひっくり返すと!!!

【ほぼ完成!】
Img_4970
トートバッグは出来上がってしまいます。
簡単でしょう?
今回はかなり詳しく画像アップできました。
このあと底の三角縫いの縫代同士を中綴じすれば、袋が表に飛び出すことはありません。最後に開いた口を渡しマツリで閉じれば本当に出来上がりです。

おめでとうございます!!初作品です。

 Banner2_2

←最近忘れていました。お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0)

2008年1月22日 (火)

鉤針編み・お正月休み

ちょっと洋裁ひとやすみ・・・。
お正月に編んだもの?ではありません、お正月に見たものです。
見つけたものかしら・・・。


【細編みの室内シューズ】
Img_4628 Img_4629_2
マダムミコ10代の作品を少々修理して母が着用しています。子供の頃の娘の作品を身につけるのも幸せ感じるらしいです。
このシューズはバレーシューズのように細い紐をつけていました。マダムミコ10代のデザインです!!しかし真っ赤ですね。足がここにあるって見つけやすいんです。今となっては・・・。

【細編みの5本指手袋】
Img_4630
バレエシューズと同じシリーズの手袋です。庭で野菜を摘むときに母が使ってくれてます。
やはり真っ赤な色が、手がここにあるんだってわかりやすい?

【長編み】
Img_4633
マダムミコ製作でなく、姉か母か・・・。誰の記憶もあいまいなんです。ほどいて何か作り直そうとしてる途中からさらに何年も経ったものです。
お正月休みに見つけた毛糸がいろいろはいって仕分けられた袋のなかにありました。


【アクリルたわし】
Img_4667
がらっと変わって、ここでプロが登場!友人の作品です。この友人は編み物(手編み)のプロ。変わり型のアクリルたわしです。

【その友人の趣味の時間】
Img_4668
ビーズのワンちゃんシリーズのモデルは、姉の家の飼い犬でした。
なんだか似てるのです。
お正月休みの手作りつながりでした!!

| | コメント (2)

2008年1月21日 (月)

1月のサークル活動中・型紙作り

もう1月の中旬も過ぎようとしています。
一日おきくらいのブログの予定?でしたが、話題がありすぎて休む事ができません。
休ませて!
という、嬉しい叫びが言えることが幸福と考えて進めます。

寒い日でした。
台東区の公共施設のこのお教室を午後に使用していますが、たぶん午前は空いていたのか、いつも着くとひんやりしています。

暖房して、皆さんを待ちます。

【ポンチョの型紙修正】
Img_4806Img_4807

私のポンチョを先に縫ってみたところ、少し機能性に欠けるので、まだ裁断のしていない皆さんの型紙の修正をして頂きました。

【写して修正】
Img_4808

【衿ぐり修正】
Img_4809
風邪引いているけど、型紙を進めたい会員さんです!お大事に。

【ミコ先生のポンチョ】
Img_4983sモデルは会員さんですよ!黒尽くめの上下に、私の黒のポンチョが素敵!と皆さんのやるきがもりもりと湧いてきました。
Img_4984_2
会員さんのこのネックレス手作りですって。手作りつながりで画像アップさせて頂きます。

【型紙スピードアップ】
Img_4989 
さあ、やらないとできない・・・。

【裁断】
Img_4986
洋服の型紙作りサークルですが、洋服を作るための型紙ですから洋服を作ります。
その工程で裁断の仕方や縫い方もお勉強します。
お一人が生地を持ってきたので、裁断の仕方を説明して、裁断をして頂きました。


【型紙に戻って】
Img_4988
形が見えてくると、やる気が出ます。まずは型紙ですね!
ポンチョが終わったら、1月は、基本のカットソーの勉強を始めます。

皆さん楽しんでいます。
まだ数人のお仲間を募集しています。ご一緒に型紙やりませんか?
マダムミコまでメールでお問合せください。
お待ちしています。

| | コメント (0)

2008年1月20日 (日)

ブルーの更紗ブラウス完成!・生徒さん

個人レッスンコースの生徒さんです。
やはり一ヶ月ぶり・・・。「今年もよろしくお願いします。」挨拶しました!

さあて、続きは・・・。
冬ですが、作成中のコットンの更紗ブラウスです。季節と関係なく暑い海外へ出かける機会が多い方のために作っています。

前回は縫製の真っ只中でした。
もうすぐ出来上がりです。袖ぐりと後ろ衿ぐりの玉ぶち始末、脇紐付けと前端の縫い、そしてすそ仕上げです。全部ミシン(しつけは手縫い)今日出来上がらせましょう!!

【袖ぐりの縫代整理】
Img_4971 Img_4972

袖ぐりはカーブが強いので、縫代を細くした方がなじみがいいのです。
それで、身頃・玉ぶちとくるむと何枚にもなってしまう縫代を薄くするために身頃の縫代を半分の巾にカットしました。


【袖ぐりの玉ぶち仕上げステッチ】
Img_4974
袖ぐりの玉ぶち仕上げステッチは袖下を5cmくらくづつ残して縫い上げました。
バイヤスのつながりをきれいにあわせてこの後、ミコ先生が少しお手伝いしてすっきりしあがりました。


【紐付けのしつけ】
Img_4976
しつけがポイントです。ていねいに作るとお直しが無いので、結局、はやくて丈夫できれいにできていいことばかりですよ!


【すそミシンのためのしつけ】
Img_4975
だから、やっぱりすその三つ折もしつけします。

【ミシン!!】
Img_4973
準備ができたので、一気にミシン縫いします。すいすい~~。
実は、「ごめんなさい」この日のミシンがどうしても調子が悪くって、なんども生徒さんに席をあけて頂いて糸調子に悪戦苦闘したのでした・・・。そんな日もあります。すみません。

でもできました!!
ほうらね!
Img_4977
立体裁断でとったトワル(シーチングの型)から裁断した「ブルーの更紗ブラウス」ができました。おめでとうございます!!

次回からは同じ更紗のラップスカートです。どんなおけいこになるでしょう。楽しみです。

| | コメント (0)

2008年1月19日 (土)

シャネル型スーツの裁断・生徒さん

一ヶ月に一回のロングコースの生徒さんです。
前回は・・・えっ!昨年でした・・。ごめんなさい、先日お会いしたとき、新年のご挨拶をせずに普通に始めてしまいました。
本当に私ってうっかりもの。でも生徒さんも普通だったからいいのかしら???

前回は、コートの仮縫いと補正とシャネル型スーツのジャケットの型紙にはいりかけました。スーツの型紙の続きをお家ですること、コートはあせらず進めること、そして春に着用予定のスーツに真剣に取り組もうという、現在の計画です。
前回 の様子もご覧下さい。


【アームホールの寸法】
Img_4951
終わっていなかった袖の型紙を作るので、身頃のアームホール(袖ぐり)寸法を測って頂きました。メジャーを立ててmmも正確に測ります。

【型紙完成】
Img_4950
型紙を粗裁ちしました。
プリンセスラインの型紙はパーツがこんなにあります。
ここまででもご苦労様!

【型入れ】
Img_4952
昼間の日差しがはいる『洋裁くらぶ』です。型入れって大切です。前身頃、後ろ身頃、見返し・・・。忘れ物はないか、地の目があっているか、生地を経済的にそして裁断しやすく、最も大切なのが、できあがりのお洋服を想像することです。

【地の目注意!】
Img_4953
大まかな型入れが済んだら、一枚一枚のパーツを正しく地の目にあわせます。隣の型紙との関係を忘れないで!生徒さんはていねいに根気良く作業を進めます。えらいです!!

【裁断】
Img_4954
ハサミのしくみ、厚手生地の裁断、力がいりますよ。こつこつていねいに。ご自身の素敵なお洋服のためにね!

【山積み?】
Img_4955
すごい!!
終わりました。
生地の山積みです。白い布は接着芯地です。芯地の裁断は仮縫いの後になります。
次のおけいこは2月です。
スカートはご自身で縫い上げておき、ジャケットの仮縫いをする予定です。
仮縫がおわったら型紙の修正をして本裁断です。そこまで進めば、なんとか春までには、シャネル型のスーツが完成しそうです。
う~~ん。想像ですよ!!
美しいですね~~~!!!

| | コメント (0)

2008年1月18日 (金)

チュニジアつながり・ともだち

洋裁つながりばかりでなく、チュニジアつながりのともだちのブログを左の方にリンクしました。
このお正月に始めたばかりって、かなり詳しくチュニジアの地方の様子を書き始めています。
チュニジアってどんなとこ?
私も行くまでイメージが希薄でした。

チュニジアと地中海の旅 クリック!!ぜひともだちのブログを覗いてチュニジアを訪れてください。

ブログマダムミコチャンネルのアーカイブ チュニジア大好き もご覧下さい!

マダムミコ

| | コメント (0)

2008年1月17日 (木)

絹(着物地)のジャケット・生徒さん

和服の生地からジェケットを作成中の生徒さんのこの作品は、実は何年も前に作りかけてそのままだったものが、この日ほぼよみがえったのです!!

以前、やっていたおけいこが中断して、今回『洋裁くらぶ』との出会いがありました。
嬉しいですね~~。

かなりいろいろ縫える生徒さんです。
Img_4802
ジャケット裏地のすそを奥マツリするため、しつけをしています。
手つきでわかりますね。すいすいとしつけています。

【奥マツリのしつけは?】
Img_4805
ジャケットの裏地は丈のゆとりを入れるためふんわりと長い分を垂らして、奥の方で表地のすそと留め合わせます。これで着用して動いても洋服がつれたりしないのです。
・・・それで奥をまつるので、奥マツリです。
奥マツリのためのしつけは二段階にします。
①丈の位置を決める。
②ゆとりを半分に割って更にしつけをかけると、その位置がマツリの位置になります。
わかるでしょうか???


【袖付け、表も裏も】
Img_4799
この日が初めてのミコ先生とのおけいこですが、そんな事情があって、初日から袖付けミシンをしました。
するとほぼ出来上がり・・・。
それで、すその最後の綴じをご一緒にやりました。

結局!!
釦位置を決めて・・・。
Img_4804
ほぼできました。
ここ数年の願いが叶ったと感激された生徒さん、ミコ先生も満足な日でした。

これから、どんどん縫っていきましょうね!
どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (2)

2008年1月16日 (水)

洋裁くらぶ・洋服の型紙作り・マダムミコ工房

「忙しい」と言うより、「寒い!」毎日です。
ほんとに東京にもめずらしく寒波が来ています。
上海時代のダウンが大活躍しています。
この寒さにも、変わらず洋裁くらぶには、生徒さんが通ってくださいます。
台東区の施設を利用して開催している洋服の型紙作りも、楽しみに皆さんが来ています。
明日なのですが、明日は今日より寒いって、皆さん来てね!
洋裁好きって寒さに負けないんですね!

今日はちょっと短めでした。
ホームページにリンクのページを作成しましたが、リンクの作業がまだまだです。
また、洋裁手作り関連のリンクをお待ちしています!

| | コメント (0)

2008年1月15日 (火)

別珍のリバーシブルトートバッグ・生徒さん

夜間コースです。
初級カリキュラムを進めている生徒さん。

トートバッグをもうひとつ作ることにした生徒さんが用意した生地は・・・。
Img_4779
ベージュのコーデユロイと無地コットンです。
コーデュロイといっても別珍に近い風合いなので、縫製に注意が必要です。

【裁断】
Img_4777
裁断は二度目なので、手際よく進めました。


【ピン打ちとしつけ】
Img_4784
コーデュロイや別珍はミシン縫いでずれが起こるのでしっかりとしつけをします。
こんなふうに~~。
Img_4790
ピンのほかにしつけをします。


【すそ角作りの練習】
Img_4791
角を三角につまんで縫うだけですが、底の部分ができあがります。
シーチングでしくみのお勉強をします。


【本縫い】
Img_4789s
リバーシブルの、もう一方の生地の方からさっそく縫製開始!!
コーデュロイも脇をぬいました。
お時間内で、うまく進みました。

次回は仕上がってしまうでしょうか?
じっくり、でも手際よく進めてみましょう。

| | コメント (0)

2008年1月14日 (月)

サークル勉強会『洋服の型紙作り』

台東区のかっぱ橋通りにある区の生涯学習センターの学習室を利用して、かなり楽しく、会員の皆さんと型紙の勉強をしています。
Img_4649_2 
年末の最終日のようすです

木曜日の午後、月に3回だけですが皆さん楽しく紙と鉛筆に取り組んでいます。
センターの施設にミシンがないので、縫製はそこではできませんが、
お洋服が仕上がるまでのいろいろなことを、ここで解決できるよう、私も努力しています。

11月に始まった ばかりで、少し出入りがありましたので、会員さんまだまだ歓迎中!
台東区の方は勿論ですが、他の地域の方でも大丈夫です。
今日からカテゴリーに加えました!!

| | コメント (0)

2008年1月13日 (日)

午後のクラス・コンシールファスナー、簡単Tブラウス開始など・・・

午後のクラスです。

コンシールファスナーつけって難しいですか?
とっても簡単です。ファスナーの両側が縫いの時に上下に少しでもずつずれてしまうと、ファスナーを締めたときにファスナーどまりに布の溜まりがでてしまいます。
それを気をつければ、他は・・・・。

どうやって気をつける?
ファスナーの達人でないなら、“しつけ”に限ります。
【お直しのほどき】をしています。
Img_4759
スカートのファスナーが壊れて、付け直しながらコンシールファスナーをマスターします。


【しつけとファスナーミシン終了】
Img_4763
しつけは2本かけました。コンシールファスナーのキワにミシンの針を落としたいので、ムシ部分を少し指で開き加減に手を添えると、ファスナーがどうしても横にずれてしまうので、しつけを2本かけて、ずれないようにしておきます。
コンシール押さえに位置をセットして、しっかり見ながら縫い進めればokです!
ミシン縫いは明きどまりまで、それ以上は縫わないようにしましょう。
画像は、ファスナーをあげる前の縫いどまりとファスナーの余裕分の空です。


【ファスナーを引き上げて完成】
Img_4766 Img_4767

前述の空のところから一気にファスナーをひきあげています。
これでファスナー付けは終わりました。表からの画像を撮り忘れてしまったのですが、きれいにできています。
ファスナー止まりの金具を小ペンチで締め付けて完成しました!!


【裏つきでした】
Img_4773
裏地を元の位置に戻して、お直しでは手マツリで行きましょう。
あとは、宿題になりました。

技術に欲が出てきた生徒さんのコンシールファスナー付けのおけいこでした。
うまく行きましたね!

さて、こちらの生徒さん、先日できあがったリバーシブルのトートバッグにこんなに可愛らしいコーディネート!!
【薔薇のかざり】
Img_4757
素敵ですよね~~。思わず撮影しました。

おけいこは・・・。前回のようすもご覧下さい。
【続きのブラウスの芯地裁断】
Img_4758
細い衿ぐり見返しには、接着芯を貼ります。接着芯を裁断します。


【縫製前のアイロン下準備】
Img_4760
縫製が効率よくきれいに進むように、あらかじめ袖口や裾などをアイロンでおりあげます。

【見返し肩縫いミシン】
Img_4768
手元スタートストップのポータブルミシンで縫っています。
細い見返しの細い肩縫いでした。


【初めてのロックミシン】
Img_4762_2 Img_4771_2



初めてのロックミシンは皆さんドキドキですね!!でも結局うまく行ってしまいます。
「はい。」ということで??うまく行きました。

【肩縫い・前中心縫い・見返し縫い・ロックミシン】
Img_4776_2
本日のおけいこの時間内で、手際よく進めました。
衿ぐり縫いを説明をしましたので、おうちで縫ってくれば次のおけいこではステッチをかけて衿ぐりを仕上げましょう。そのあとは、袖付けになります。

次回も手際よく頑張りましょう!!

| | コメント (0)

2008年1月12日 (土)

カンボジアの緯かすり

東京、今日は雪が降るとか・・・・。

出かけるので完全防備でコーディネート。
暖かいお部屋で、カンボジアの緯かすりをもう一度ご覧いただければと思います。

ブルーのホールカンボジアの絹織物

細かい作業で一着分の生地を織るようすを何とか今度まとめたいと思っています。

マダムミコ

| | コメント (0)

2008年1月11日 (金)

マダムミコ工房

マダムミコ工房 始まりました!!
ショップ作成難しいです。その先がもっと~~~。
素敵な織物 四色織りつむぎストールからご紹介を始めています。

Img_3676 Img_4473

マダムミコ工房 へ



ついでに
Img_1987洋裁くらぶ へ




マダムミコ

| | コメント (2)

2008年1月10日 (木)

レトロ柄のトートバッグが完成!・生徒さん

レトロ柄が華やかなトートバッグが完成しました!

前回までの製作過程もごらんください。

【バッグの持ち手を仮止め】
Img_4718
持ち手をまず、片方の袋に縫い止めます。

【バッグの口をミシンで縫い合わせる】
Img_4720
安心して、両方の袋の口をあわせてミシン縫いができます。持ち手の紐はこの中に隠れています。

【バッグの脇の縫い残し】
Img_4729_2
袋の脇の途中をほんの少々縫い残してあります。??

【ひっくり返し】
Img_4730 Img_4731
その縫い残しの口から中の生地をすこしづつ引っ張り出して~~。

【ほぼ出来上がり】
Img_4740
あれ?出来上がっていました。袋の口に5mmのステッチを入れました。

【ひっくり返し口のとじ】
Img_4745
脇の口を“渡しマツリで”縫い止めます。3mm以内のピッチで!!お上手です!!

「素敵!」と言うことで、お仲間が持ってみました。
Img_4746
「おお ~~いい感じ・・・」

おけいこは続きます~~。お時間が残ったので、原型の計算を始めました。
Img_4751
縫ったり、計算したり、アイロンしたり・・・いろいろなことをするのが洋裁ですね。
次回は、エプロンを開始しましょう!!
とても素敵なトートバッグの完成おめでとうございます。

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。
右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。
♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。人気blogランキングへ

| | コメント (2)

2008年1月 9日 (水)

午前のクラス・今年のおけいこ開始!

もう松の内も過ぎましたが、この日は「あけましておめでとうございます。」と、おけいこを開始しました。

前回から続きのブラウス

【袖口、裾折り返しのしつけ】
Img_4721
しなやかで扱いの難しい素材なので、ミシンで縫いずれが起きないようにしつけをかけます。ついでに手縫いの練習にもなりますね。

【運針】
Img_4722
指貫が使えると作業の質も効率もあがります。つまりいいことだけが増えます。
できるだけ、使いましょう。生徒さん、頑張っています。もう一息、いい線いってますよ!

【ミシンでしあげ】
Img_4737
足踏みミシンはもうすっかり慣れました。安心~~。

苦労の甲斐がありました。もうそろそろ全貌が~~!!!


【出来上がりと試着】
Img_4750_2 
この日のお洋服に、なんだかマッチしてしまいました。簡単Tブラウスはさわやかなコットンなどで作って夏のブラウスとしても着られますし、こんなとろんとした素材でしたら、流行の重ね着にも合います。コーディネート次第ですね。
仕上がり「おめでとうございます!!」

さあ、やる気の生徒さん、まだお時間があるので、初級カリキュラムの裏無しベストの裁断を始めました。
【裁断】
Img_4752
縫いやすい中肉のコットンです。
ブラウスの難素材で苦労した事が、きっと役に立ちますね。
さあ、次回も進めましょう。

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。
右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。
♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。人気blogランキングへ

| | コメント (0)

2008年1月 8日 (火)

カラフルな思い出

昨日は、今年の“『洋裁くらぶ』始め”でした。
写真をたくさん撮りすぎてアップがまにあわず、また後日・・・。

そのかわりに、カラフルなパッチワークをご紹介します。
Img_4624
マダムミコ母の本当の残り生地(切れ端)パッチワークです。
世の中には素晴らしい伝統図柄やオリジナル図柄を駆使したパッチワークがありますが、マダムミコ母のこの作品は屑入れに投げ入れられそうな切れ端をそのまま、縫いあわせたものです。人の生活のなかでも最も重要なエコロジー感覚や家族への思いがこめられていてホッと心が和みます。

マダムミコ母の昭和レトロをもう一度どうぞ・・。

ハンドメイド・昭和レトロ

昭和レトロ子供服・“・マダムミコの母”のコレクション

Img_4626
どの生地も昭和のカラフルコットンです。昭和のサイケなこの色彩すごいでしょ!
?「サイケ」って今でも言うのでしょうか・・・。
家族の誰かが、いつだったか、着ていたあの服!でした。

マダムミコ

| | コメント (2)

2008年1月 7日 (月)

洋裁くらぶの始まり

さて、本日1月7日から今年の洋裁くらぶのおけいこが始まります。
おけいこの様子は、明日からのブログでご紹介します。

この『洋裁くらぶ』は10年以上前の文京区千駄木で開催していたお教室を昨年2007年再開したものです。

そのきっかけとなったその当時の生徒さんとの再会と再開の様子は再開!下町にあった洋裁教室(洋裁くらぶのホームページに飛びます)でご覧下さい。
さらに、現在のお教室に最初にこのブログを通して訪れてくださった最初の生徒さんとのおけいこのようすも、洋裁くらぶの素敵な生徒さんまた一人(洋裁くらぶのホームページに飛びます)でご覧いただけます。

きっかけを下さった生徒さんとその後に訪れてくださった生徒さん、皆さんに感謝しています。さあ今年も始まります!!

マダムミコ

『洋裁くらぶ』のホームページは、右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。
♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

| | コメント (0)

2008年1月 6日 (日)

ベトナム向け・への思い

このブログを始めた頃、ベトナムとの関わりが始まろうとしていました。
一年経って、今のところ継続できていないのですが、今後の展開を期待して、ちょっと思い出しています。

「ファッションマダムミコ」の後姿で、ひとつコレクションをご紹介しています。

マダムミコ

| | コメント (0)

2008年1月 5日 (土)

生徒さんのコレクション・洋裁くらぶ

『洋裁くらぶ』のホームページに、生徒さんの作品製作過程をすこしづつアップします。
ブログで埋もれたシリーズもホームページでリバイバル!!。

どうぞ 『洋裁くらぶ』から“生徒さんのコレクション”をご覧下さい。

マダムミコ

| | コメント (0)

2008年1月 4日 (金)

ポンチョの型入れと裁断

サークル勉強会「洋服の型紙作り」では、ミシンなどの設備がないため型紙だけをやるのですが、会員の皆さんのことを考えると、サンプルも必要かなっと考えて、年末の空き時間に型入れと裁断をしました。

ブログのバイトが午後の日の午前中にやっていました。
【型入れ】
Img_4641_2
ぎりぎりの用尺で、かなり以前に使った、なんと“カシミヤ”を見つけました。サンプルが“カシミヤ”って、他の生地が無かったからなのですが・・・・。
変わり型のポンチョに変則的な切り替えで、型入れが難しかったです。
簡単に言えば、生地がぎりぎりだったのですが。

もちろん並毛の一方向で裁断します。



【裁断】しました。
Img_4642
南向きのアトリエの午前の日差しは東から徐々に太陽がまぶしく差して来ます。
このまぶしさは、いいですね。幸せな気分にさせてくれます。

【芯地の裁断】
Img_4643
前見返し、衿ぐり見返し、裾切り替えには、接着芯をはります。
芯も経済的に型入れしてから、裁断しました。

出かける日の午前の時間は短いです。
このあと、ブログの仕事に出かけました。
さて、今年もそろそろ稼動しなくちゃ!!続きはまた後日・・・。

明るい年になるように過ごしましょうね!!

『洋裁くらぶ』のホームページは、右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。
♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

| | コメント (0)

2008年1月 3日 (木)

お正月休み3日目

きらきらひかる宝石もカンボジアから・・・。

カンボジアの宝石をクリックしてみてください。

マダムミコ

| | コメント (0)

2008年1月 2日 (水)

お正月2日目

さっそく【宣言】どおり、本日は記事入稿はお休みです!
カンボジア「アンコールワット」の拓本を、お楽しみください!!

世界遺産がうちにある

マダムミコ

| | コメント (0)

2008年1月 1日 (火)

2008年新たな年のスタート



明けましておめでとうございます。


Tytle6s_5
四色織りつむぎストール(カンボジア製)


素敵な織物をご紹介するホームページを近日公開します。

今年もよろしくお願いいたします。

マダムミコ

| | コメント (2)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »