« 砂漠の織物・チュニジア・マダムミコ | トップページ | パフスリーブのブラウスとピンクのベストそれぞれ進行中!・生徒さん »

2008年2月19日 (火)

セピア色ベスト、白いブラウスそれぞれ進行中!・生徒さん

  午前のクラスは、いつも太陽にあふれています。
寒~い外から、「おはようございます」と、皆さんいつも元気でお出かけいただき、ミコ先生もやる気が出ます。洋裁と元気と何か因果関係があるかもしれませんね。

前回の様子もご覧下さい。

【段差カット】
Img_5304
初級カリキュラムのベストを作成中の生徒さんです。袖ぐりの縫代は、すっきり仕上げるために、芯地を貼った見返しの方を5mmくらいに切り落とします。


【袖ぐりのステッチ】
Img_5310Img_5306_2
袖ぐりをアイロンで仕上げたら、さらに仕付けをかけてからミシンステッチをかけます。ていねいに進めるのは時間がかかる遠い道のようにみえますが、実はきれいに早くできる道です。急がば回れ!!ですね。


【半返し縫い・手縫い】
Img_5318_2
短い距離でミシン縫いをするところを、今回は“手縫い”してみました。どうですか?なんだか気持ちがゆったりとする、不思議な作用があります・・・。伊達でもいいから、いつも指貫をしてみましょう、いつの間にか使っています。


【着せてみると】Img_5313_2

Img_5307_2
前見返しをつけて衿ぐりから前端、そして裾のステッチをぐるりとかければ、この裏なしベストは完成します。それと釦ホールです。釦ホールはアタッチメントを使って簡単に作ってみましょう。用意された木の天然風合いの釦をつければ、カントリー調の可愛いベストがもうすぐ仕上がりそう・・・、楽しみですね!

ブラウス作成開始の生徒さんです。
【裁断】
Img_5308
初級カリキュラムでは、型紙を用意し、生徒さんに使っていただいています。製図を最初から覚えるのは結構、根気がいりますし、出来上がる喜びを最初に知って頂きたくて、簡単縫いのカリキュラムをご用意しました。
ブラウスの裁断に、初めてのローラーカッター登場!

Img_5309
ハサミを使って切るところと、適宜使い分けましょう。

【裁断終了】
Img_5314
Img_5311
衿ぐり見返しには芯(接着芯)を使います。これですべて裁断終了しました。


【芯の接着】
Img_5316Img_5320
以前は、芯の種類も数少なかったのですが、今はいろいろな種類の芯が売っています。生地や洋服の種類にあわせて使いたいのですが、種類がありすぎて選ぶのがなかなか難しいですね、それに接着芯っ熱を加えると片面についた糊が生地に密着するのですが、その糊がどちらの面についているか、見なれないと分かりにくいようです。先輩の生徒さんに教えてもらいながら、お二人で芯を載せています。

いい風景・・・。

芯貼り終了!
次回はアイロンの下準備をしてからさっそく縫製に入りましょうね。

洋裁くらぶ 洋裁loveな人の集まりです!
 Banner2_2

←お役に立ちましたらクリックお願いします!

|

« 砂漠の織物・チュニジア・マダムミコ | トップページ | パフスリーブのブラウスとピンクのベストそれぞれ進行中!・生徒さん »

『洋裁くらぶの日々』07’08」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 砂漠の織物・チュニジア・マダムミコ | トップページ | パフスリーブのブラウスとピンクのベストそれぞれ進行中!・生徒さん »