« 型入れと裁断の日・午後のクラス | トップページ | 更紗のドレープ巻きスカート作成中!・生徒さん »

2008年2月 8日 (金)

手縫いのピンクッション、コースター・生徒さん

手縫いの基礎をきっちりやりたいという生徒さんの希望に沿って、じっくり指貫を使って「並縫い」「ぐし縫い」「半返し縫い」「まつり」の手縫いのテクニックの実践ができる“ピンクッション”の作成から始めました。前回 ピンクッションの裁断と手縫いの練習から始めました。

【ピンクッション】
Img_5245
中央が生徒さんの初回の作品です!完成おめでとうございます。格子で地の目や合印の理解がしやすかったですね。若々しい作品すてきです!

ピンクッションの型紙はマダムミコ工房ショップにあります。

【作り方ポイント】
小さな円と、大きな円の組みあわせです。大きな円は、小さな円の円周まで「ぐし縫い」で縫い縮めます。二つの円をあわせて、「半返し縫い」で地縫いします。縫い残しの口からひっくり返し、小さな円と同型のボール紙をいれ、小さな円の方に沿わせます。
縫い残しの口から固まらないように綿(わた)をすこしずついれていきます。適当な硬さになったら、縫い残しの口を細かくまつり綴じれば、ハイ!できあがり。

途中に手首の太さに合わせてゴムを挟み込めば、手首にちょこんとんと載せて使うこともできますね!手縫いをしていると、ゆったりとした気持ちのよい集中ができます。楽しいですよ!お薦めします。


【コースター】
Img_5246
左:ミコ先生   右:生徒さん

生徒さんは、お道具を揃え始めました。ついでにハギレ↑を購入したそうです。
ピンクションが出来上がって残った時間で、作成を始めました。  

【作り方ポイント】
真四角な布を二枚裁断します。地の目のお話と正しい裁断を基礎のうちに身につけましょう。一定の縫代で、周りを細かめの「並縫い」しました。縫い目のところできっちり折りアイロンをします。角のたたむ時、厚すぎるようなら、角の縫代を三角にカットしましょう。
角をしっかり折った状態で、四つの角をひっくり返します(奥にいれこむ)。
縫い残しの口から全体をひっくり返したらまたアイロンで周りをきれいにしあげてから、最後にハンドステッチをかけましょう。

生徒さんは、ハンドステッチの途中まででした。
簡単なコースターに、手縫いのエッセンスがちりばめられています。

基礎って大切ですね。いまさらながら教えるものとして、楽しく基礎を教えたいなあとしみじみと思いました。

さあ、次回も楽しみましょう。

↑こちらのコースは、火曜夜間・月3回(固定日)のコースです。
3月から、月2回(固定日)のおけいこ時間が長めのコースを水曜日(午前・午後)と土曜日(午後)に始めます。
洋裁くらぶ でご紹介しています。

 Banner2_2

←最近忘れていました。お役に立ちましたらクリックお願いします!

|

« 型入れと裁断の日・午後のクラス | トップページ | 更紗のドレープ巻きスカート作成中!・生徒さん »

『洋裁くらぶの日々』07’08」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 型入れと裁断の日・午後のクラス | トップページ | 更紗のドレープ巻きスカート作成中!・生徒さん »