« 2時間半の午後のクラス・新しい生徒さんたち | トップページ | 週末の月2回コース・3人の生徒さん »

2008年3月16日 (日)

3.絣柄を結ぶ・緯かすりのできるまで・素敵な織物

カンボジアの緯かすり の工程をご紹介しています。
すべてが手仕事の、手間のかかった素晴らしい織物です。

前回 2.台に糸を渡しました。

3.横糸(緯糸)に絣柄を別紐で結ぶ。
Step_3s
ピンク色に染められた絹糸が渡っています。
ピンク色を残したいところに紐を結んでいます。
台に渡した絹糸をキャンバスのようにイメージして、紐を結んでいきます。どこにも印はありません。素晴らしい感性と技術に裏づけされた仕事です。


※前にご紹介した生糸を整える工程で、家族総出の仕事とご紹介しましたが、技術を習得した地域の若手指導者と指導を受ける若者(子供)の作業の様子だそうです。中には家族もいるようですよ。カンボジア人は技術移転に熱心な人々です。そんな感性が日本人にしっくりくるところがあります。

マダムミコ

洋裁くらぶ 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。 

Banner2_2

←お役に立ちましたらクリックお願いします!

|

« 2時間半の午後のクラス・新しい生徒さんたち | トップページ | 週末の月2回コース・3人の生徒さん »

エスニックな生地」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2時間半の午後のクラス・新しい生徒さんたち | トップページ | 週末の月2回コース・3人の生徒さん »