« 午後の2時間半・ブラウスの型紙と裁断、ウールのスーツ・生徒さん2人 | トップページ | 桜いっぱいの公園・春・マダムミコ »

2008年3月29日 (土)

4.染料に浸す・緯かすりのできるまで・素敵な織物

カンボジアの緯かすりは、すべての工程を手作業で仕上げていきます。
手間のかかるこの仕事は、素晴らしい感性と情熱により進められていますが、同時に当たり前の風景として根付いているものです。

前回 3.イメージの柄(デザイン図などはありません、結ぶ人の頭の中にある柄のイメージです。)を紐で結んでいました。

4.染料に浸します。
Step_4s_2
結び終わった糸を渡した台からはずして、必要な色の染料にまず充分浸します。
お母さんを手伝う男の子と親子で楽しそう、そして真剣です。

※ご紹介している、“緯かすりのできるまで”の工程は、ひとつの特定な緯かすり生地のできるまでの様子ではなく、同時進行している何種類かの緯かすりの作成工程をそれぞれ撮影したものです。森の奥ともいえる首都から離れた地方で時間をかけて織られる緯かすりの撮影はそれでもかなりの苦労です。(カンボジア人の協力者撮影)

マダムミコ

|

« 午後の2時間半・ブラウスの型紙と裁断、ウールのスーツ・生徒さん2人 | トップページ | 桜いっぱいの公園・春・マダムミコ »

エスニックな生地」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 午後の2時間半・ブラウスの型紙と裁断、ウールのスーツ・生徒さん2人 | トップページ | 桜いっぱいの公園・春・マダムミコ »