« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月30日 (水)

夏の裏なしコットンジャケット・生徒さん

週末の遅い午後のコースです。
連休に入ったため、3人の生徒さんのうちお二人がご都合でお休みになりました。
前回の3人の様子もご覧下さい。

コットンジャケットに取り組んでいる生徒さんとおけいこを進めました。
この日の午前はいいお天気でした。
洋裁くらぶのテラスにもほんの少し花があります。午前はその花々を写真に収めたりしていたのですが、夕方のおけいこでは、生徒さんとジャケットを進めることに夢中になり、写真を撮り忘れました。
【袖の仮縫い組み立て】
004
上級者の生徒さんは、ミコ先生と同じ手つき、もっとスピードがあってぐし縫いも仮縫い組み立てもすいすいです。袖の準備はこんなふうでした。

【仮縫いの様子】
006 007

まず、衿と袖をつけない状態で、身頃の納まり具合をみました、前巾とデザイン線を修正して、仮縫い組立を待ち針ですませました。あらためて衿をつけ、袖は身頃の寸法の修正分を考慮してからつけました。
こうやって仮縫いは終わりました。

【白いコットン】
001
ふくれジャカードのコットン生地は夏の裏無しジャケットに最適ですね。風合いは柔らかいのに糸が緻密に織られていて針が通りにくいほどです。いいジャケットができそうですね。
型紙を修正して、縫製の手順を説明しました。

【次の作品考慮中】
※マダムミコオリジナル型紙
008
このデザイン画はマダムミコオリジナル型紙の絵型です。オリジナル型紙を使って、すぐ裁断を始められます。時には簡単ソーイングを楽しんでもいいと思います。そんな生徒さんの選択に応えるため、準備を始めました。
上級者の生徒さんも、「ベスト作りたいですね。」と考え中です。


午前に撮ったコサージュです。
002_3
005_3 003_3
 

洋裁くらぶ 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。 

Banner2_2

←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0)

2008年4月29日 (火)

立体裁断基礎編・チュニジアの研修生

チュニジアの研修生の立体裁断研修の様子を一年ほど前に7回に分けてご紹介しました。
生まれて初めての技術の習得に恐れずに飛び込んできた研修生がナジラです。
Dsc00228_1
服飾専門校の三年生でした。
「立体裁断ってどんなふうにするの?」ナジラの質問からこの研修が始まりました。
ナジラの奮闘ぶりをぜひもう一度ごらんください。

立体裁断基礎編 第1回目 からどうぞ。


Banner2_2

←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0)

2008年4月28日 (月)

基本のカットソー・基本のパンツ・カシュクールブラウス・メンバーとマダムミコ

サークル勉強会「洋服の型紙作り」です。

カシュクール型ブラウスの製図にみなさん熱くなりました。
つい写真を撮り忘れるほどの熱気なんです。

それで帰りがけに・・・写真を撮らせてもらいました。
【数え切れない枚数??基本のカットソー】
Member
複数枚作成のメンバーです。
今回は「袖」部分しか見えませんが、紛れもない“基本のカットソー”です。春になったので、少し薄手のカットソー素材でした。

【基本のパンツ】
Img_6293
追い上げて、パンツが完成したメンバーです。おめでとうございます!!
こげ茶の綿ブロードで作成しました。とってもいいアイデアですね。アニマルプリントのブラウジングしたチュニックとあわせて、まるでモデルさんみたい、コーディネートも完璧です。


【カシュクール型ブラウス】
Mmemiko
最初にカシュクールブラウスを作成したのは、マダムミコでした。
このブラウスをメンバーが見て、着丈や袖丈など、それぞれの型紙の寸法を調整しています。お役に立ててよかったです~~。
型紙は別にして、このブラウスのポイントは共布のバイヤス切りっぱなしアップリケコサージュです。

【お知らせ】
『洋裁くらぶ』ホームページに、マダムミコチャンネルで過去にご紹介した生徒さんの作品と作成工程を追加しています。さらに順次ご紹介します。
洋裁くらぶ 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。 

Banner2_2

←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0)

2008年4月27日 (日)

ブログ マダムミコチャンネルセレクション・中国の刺繍

今日は日曜日です。
ブログマダムミコチャンネルも一年以上毎日続いていますので、過去記事がたっぷりあります。先週の日曜から、日曜は思い出し作戦ということで、お気に入りを再度ご紹介しています。楽しんでいただければ嬉しいです。

中国には手刺繍の歴史があり、今も素晴らしい技術を持った人たちが家々で手刺繍をしています。マダムミコ所有の現代やアンティークの手刺繍をちょっとだけですが、ご覧下さい。

チベットのみやげ・小さな刺繍

上海で流行ってたリボン刺繍

マダムミコ


Banner2_2

←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0)

2008年4月26日 (土)

カシュクール型のブラウス・マダムミココレクション

サークル勉強会「洋服の型紙作り」で、4月勉強中の“カシュクール型ブラウス”を、メンバーより先に作成してみました。

ブラウスはすでに完成しました。
シンプルな共布のディティールを加えたくって、切りっ放しのバイヤステープのコサージュにしました。
Img_6284_2
切りっ放しの共布テープ(2.5cm巾)にギャザーを寄せて、ぐるぐると身頃に縫い付けただけです。切りっ放しバイヤステープのフリルは「洋裁くらぶ」手縫いの初心者さんにはおなじみのテクニックですね。アイデア次第でこんな風にも使えます。
※このコサージュのフリルはミシンでギャザーを寄せています。

Img_6283_2
カシュクールスタイルのブラウスは前で打ち合わせいます。両方の前端に細紐をつけて、内側になる紐は脇縫いに縫い残しを開けてくぐらせてから後ろで結んでみました。

Img_6288
マダムミコ、久々の「原型作り」から「ブラウスの型紙作成」、そして「ブラウスの完成」でした。
ああ、楽しかった。

洋裁くらぶ 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。 

Banner2_2

←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0)

2008年4月25日 (金)

バイヤス切りっ放し縫いつけコサージュ・カシュクールブラウス・マダムミコ

久々のマダムミココレクション、ブラウスを作成しています。
サークル勉強会「洋服の型紙作り」、4月は“カシュクール型ブラウス”です。

たまには、メンバーより先に見本を作成してお見せしたいと思って頑張りました。
シンプルな小花柄のコットンブロードです。懐かしい・・・素材・・・、若い日の洋服作成の日々を思い出しています。

Img_6279
原型の検証も兼ねて、シンプルな半袖をつけます。袖山にはいせ込みがあります。
スピード簡単ソーイングなので粗ミシンでいせこんでいます。

【共布の正バイヤス120cm】
Img_6278
2.5cm巾の正バイヤスの切りっ放しの共布テープです。長さが足りないところはそのまま重ねてしまいます。テープの中央に粗ミシンをかけて、糸を引っぱりギャザーを寄せます。120cmのテープを70cmくらいにします。(1.7~1.8倍目安)

Img_6281
このギャザーテープをブラウスの胸に留めてコサージュ(花束、花の形の小型飾り)を造ります。
10cmくらいのコサージュをイメージして外側から内側にぐるぐると円を描いて適当なコサージュができたら、要所を待ち針で留めます。
さっそくギャザーの寄ったテープの中央をミシンで縫っていきます。ゆっくりですよ~~。

Img_6282
ぐるぐると、しかしゆっくりと・・・・。

【コサージュ】
Img_6284s
できました。コサージュに見えますか?

洋裁くらぶ 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。 

Banner2_2

←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0)

2008年4月24日 (木)

エプロンはミシン縫い・リバーシブルのトートバッグ・夜間のコース

夜間のコースです。先日までおけいこを開始する時間は、すでに外が暗くなっていたのに、「こんばんは。」と言って生徒さんをお迎えすると、まだ明るく「こんにちは。」と言いなおしたくなるようです。季節が変わりました。

前回 のようすもご覧下さい。

♪手縫いとミシン縫いの両方を駆使したリバーシブルのトートバッグを前回仕上げた生徒さんです。エプロンの裁断も終わっています。

【下準備の折りアイロン】
006
コットンなどの簡単洋裁では、仕上がり位置であらかじめアイロンで折りあげて、ミシンにかかります。アイロンで下準備をしながら縫製の工程を考えたり、気をつけるポイントを見つけたり、とても重要な作業です。
左の画像はポケットの丸みを円周の内側に折っています。
右の画像は脇のカーブを円周(円ではありませんが)の外側に折るところです。
同じ、アイロンの折りでも、縫代の縮めとなじみの伸ばしは正反対の仕事です。

【ピン打ち・ミシン縫い】
008
ぞくぞくと下準備のアイロンが終わり、さらにミシン縫いのためのピン打ちをしました。すっかり慣れたミシン縫いもすいすい進めています。

【完成図?】
Img_4029_2 
生徒さんのお仕事の都合で、次のおけいこが未定になりました。
いきいきと毎日を過ごすお手伝いのひとつが『洋裁くらぶ』、と思っています。
いきいきと毎日を過ごす生徒さん、またいつかお会いしましょうね。それで、忘れないように出来上がり図をお見せします。

♪♪もうお一人、初級カリキュラムのリバーシブルのトートバッグを作成中の生徒さんです。

【持ち手のアイロン仕上げとひっくり返し】
004
リバーシブルの持ち手は互いの縫い目をきっちり割り、アイロンをかけます。
それから、ひっくり返しています。

【バッグのひっくり返し】
011
持ち手の紐をミシンで一方の袋に仮付けしてから、口をぐるりと縫いました。二枚の袋が裏側になったまま縫いあがってしまうと、どこから表に返すのだろうと、ちょっと不思議に思うようですが、一方の袋の脇縫いで6~7cmくらい縫い残しをしてあります。
そこからすこしづつ中の袋を引き出しましょう。

【二枚の袋・ほぼ出来上がり】
014
ひっくり返すとリバーシブルの二枚の袋は、実はこんなふうになっています。一方の袋を中に入れると・・・。
ミコ先生:「できましたね。」
生徒さん:「可愛い!」
小花柄ですが、なんとなく今流行の和柄のイメージで、素敵ですね。

袋が飛び出さないようにする中綴じや、ひっくり返しの口を綴じる渡しまつり、そしてバッグの口をぐるりとミシンでステッチをして、そうして完成します。
次回も続きます。

洋裁くらぶ 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。 

Banner2_2

←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0)

2008年4月23日 (水)

ピンクのワンピース・ウールのジャケット・ギャザーいっぱいのワンピース・3人の生徒さん

午後の2時間月3回のコースです。前回の様子もご覧下さい。
今月はお休みされる方もなく、毎回生徒さんが揃って、とても嬉しいです。

♪初めてのワンピースを優しいピンクのコットンで作成中の生徒さんです。
【ダーツの印しつけは“きりび”】
080421_001
別なコースの複数の生徒さんが“きりび”に取り組んでいるのを、このブログでチェックしていただいていました。
生徒さん:「先生、ダーツの印は“きりび”ですか?」
ミコ先生:「はい、挑戦しましょうね。」
・・・とダーツ位置を仕付け糸できりじつけをしたところです。もちろん“きりび”もうまく切り開いてできました。


【ロックミシン】【ゆびぬき】
080421_004
裏無しのコットンワンピースです。縫代のかがりにロックミシンが活躍しています。
生徒さんも、ロックミシンになれてきました。ついついスピードを上げがちですが、上手な作業の時は、均一で滑らかな音がします。ミシンもロックミシンもそうです。急がば廻れ・・・。ゆっくり踏む練習をしましょう。長い距離のロックミシンで、滑らかな音になってきました。そうそう、右手の中指にいつも“ゆびぬき”ですね。

次回は縫いを進めて、袖ぐりや衿ぐりを仕上げを目標にします。


♪♪だいぶ以前に仕掛かったウールのジャケットを、仕上げ中の生徒さんです。
今回は、袖付けをミシンをご自宅で終えていたので、袖ぐりのいせ込みをアイロンでなじませたり縫代を整えたりしたあとで、薄い肩パッドをつけました。手付けで馴染みを見ながら・・・・。とても上手につきました。
さて次は・・・。
【衿付け】
080421_006
仕付けで表衿を身頃につけてミシン縫いをします。上衿の角、地衿の角、身頃の角、見返しの角、その四つの角をきっちり合わせないと、きれいに見えないデザインです。
上衿がうまくつきました。


【着用してみました。】
080421_003
肩パッドをつける前に撮った画像です。肩パッドをつけたらもっとしゃきっととても素敵でした。長年のキャリアウーマンの生徒さんはジャケットの着用が頻繁なんだそうです。
さすがですね!

裏つきのジャケットは、一つ一つの工程にかかる時間が長く、あっという間には仕上がりません。じっくりが肝心です。進めましょう。



♪♪♪楊柳などの素材のイメージで、ギャザーいっぱいのワンピースの作図中の生徒さんです。まだ素材を決めてないとのこと、ギャザー分量など変更があるかもしれません。
【衿のデザイン】
080421_002
衿の型紙がまだでした。けっきょく立ち襟にすることにし、製図をしました。直線と直線をなだらかなカーブに変えて、衿の付け線を仕上げいます。カーブルーラーに助けられますね。


【ギャザーの切り開き】
080421_007
たっぷりギャザーの開き分量は、作図をしてから実際に紙を切って開きます。
それで、こんな風にハシゴの紙がいっぱい渡ってくっついているのです。
型紙って、「計算」と「幾何」と算数の要素がいっぱいです。
面白いですよ!
次回は、お持ちいただく生地を見ながら裁断で分量など調整しましょう。

3人のおけいこが順調に進んだいつもどおりの2時間でした。

洋裁くらぶ 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。 

Banner2_2

←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0)

2008年4月22日 (火)

コットンの巻きスカート・簡単ベスト・スカートの作図・3人の生徒さん

午前2時間3人のコースです。
久しぶりにようやく、それもお元気な3人が揃いました。
生徒さん同士、旧交(??)を温めていました。

前回、巻きスカートの型紙を仕上げて裁断も済ませました。
宿題のダーツ縫いや折りアイロンをしてきました。脇を縫ってぐるりとステッチをかけてベルトをつければ出来上がります。始めましょう!!
【脇縫いミシン】
Img_6232_2 
脇縫いは、1.5cmのステッチ定規に合わせてスイスイとミシンで縫いました。足踏みミシンにすっかり慣れた生徒さんです。でも久しぶりだと、ときどきゆっくり止まってしまうので、ミコ先生「はい、踏んで~~!」と、声をかけてしまいます。もう一息、大丈夫です。

【端と裾のぐるりステッチ】
Img_6236
巻きスカートの両端と裾をおりあげて、仕付けもかけたら、一気にミシンでぐるりとステッチ仕上げをします。縫代の端に均一な巾で・・・、ミシンが三つ折の端から落っこちないように・・・・、それに足踏みの足が止まらないように・・・・、いろいろ大変なんです。


ベルトの仕立ては次回になりますが、スカートの身頃はあっという間に完成しました。



♪♪前回タックいっぱいのブラウス風ジャケットができあがった生徒さんです。
次は同じ生地で、上の生徒さんと同じように自分サイズの巻きスカートを作ることにしました。それに、先日ご紹介したマダムミコオリジナルのリバーシブルのハットも作ります。
ハットはご自身でおうちで作るとのこと、ポイントをお教えしました。
それが済んで、今回はスカートの作図を始めました。
【白い紙に作図】
Img_6235
マダムミコ式の作図シートがある巻きスカートです。ウエスト寸法とヒップ寸法を元に計算が済んだら、さっそく大きな白い紙に巻きスカートの実寸型紙の作図を始めます。

【作図の完成】
Img_6237
型紙引き終わりました。次回は裁断からですね!でも中級者の生徒さんは、お一人で進めてしまうかもしれませんね。とにかく次回のお楽しみです。


♪♪♪コットンの簡単ベスト(初級カリキュラム)を作成中の生徒さんです。
前回の宿題、肩縫いと脇縫いをしてきました。皆さん宿題をきちんとやってきますね。すごいです。
【ロックミシン】
Img_6234
さっそく肩と脇の縫代をロック始末しています。ロックミシン、まだちょっと怖いようですが、手の動きはとてもいいです。

【袖ぐり見返しつけ】
Img_6238
裏無しベストの袖ぐりは見返し始末です。ベストの身頃と同じ形で巾が狭いだけなのですが、どちらが前か、どちらが肩か・・・一瞬迷います。でも上手につきました。


◇◇マダムミコオリジナルのリバーシブルのハットの別生地アレンジモデルです。
生徒さん:「先生かぶってもいいですか?」
ミコ先生:「どうぞ~」
生徒さんお二人が、楽しく写真におさまってくださいました。
Img_6229
生徒さん:「キャー可愛い!!」
ミコ先生:「二人の生徒さんがかぶると本当に可愛いわ。」

・・・とまた、遊んでしまいました。
次回は、「ハット作り」?でしょうか。

洋裁くらぶ 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。 

Banner2_2

←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (2)

2008年4月21日 (月)

着物コートからのリフォームジャケット・生徒さん

着物コートからのリメイクで、ジャケットを作成中の生徒さんの様子をご紹介します。
前回は、きりびをしました。それから仮縫い組み立てを押さえ仕付けで始めるところまで進みました。

この回は、さっそく仮縫いをして、仮縫いを終えてから組み立てたパーツをまた解きました。組み立てたのに、またすぐ解くって贅沢な工程です。

【仮縫い後】
080416_001
解いたパーツです。これから仮縫いの修正箇所を型紙に写して、また裁断をしなおします。

【裏地裁断】
080416_002_2
型紙の修正は短時間で済みました。さあ、つるつるっと手間どる裏地の裁断から始めましょう。表より裏地にはゆとりを入れる箇所があります。チャコで描いてその線を切って頂きました。母の世代のシニアの生徒さんです。そのお元気にミコ先生も元気をいただきます。

【袖裏の裁断】
080416_003
袖裏は着物の袖裏をリメイクすることにしました。絹のデシンです。
袖底のゆとりの入れ方をお教えしました。

【身頃の裁断】
080416_004_2
修正の終わった型紙を最後に身頃の載せてダーツなどの位置を再確認します。
こうやって、リメイクジャケットの本裁断がすべて終了しました。

次回からはいよいよ縫製です。
さらさらっと簡単にジャケットを作りたいのだそうですが、それなりに時間がかかりますね。ここはぐっと我慢してじっくり取り組みましょう。かかった苦労は、かならず仕上がりに現れるものです。

いつも本当に真剣におけいこに取り組んでくださる古くからの生徒さんです。
ミコ先生もさらに精進しようと思います。
 

洋裁くらぶ 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。 

Banner2_2

←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0)

2008年4月20日 (日)

日曜はブログマダムミコチャンネル セレクション・

今日の日曜から、日曜はブログマダムミコチャンネルの埋もれた過去記事(アーカイブス)から、私のお気に入りを再度ご紹介することにします。

洋裁くらぶの生徒さんの活躍や、技術講座、コレクションなど『洋裁くらぶ』のホームページに順次まとめる予定です。それまでは思い出し作戦ということで、お付き合いください。

ちょうど昨年の今頃は「カンボジアの緯かすり」でドレスを作成していました。
ドレスのデザイン最終回からご覧下さい。

マダムミコ

| | コメント (0)

2008年4月19日 (土)

袖山のぐし縫い・生徒さん

午前の2時間半コースです、基本のブラウスを作成しています。

前回“きりび”を完璧にこなした生徒さんです。この回は仮縫いをするので、袖山にいせこみのための“ぐし縫い”をします。

ぐし縫いがこんなに基の基だったなんて・・・・。
【ぐし縫いのゆびぬき使い】
080416_002
上の写真:中指にゆびぬきをはめています。ゆびぬきの背で針を押しますので、中指を曲げます。
下の写真:中指はそのままで親指と人差し指で針の先を持ちます。人差し指は布の向こう側になります。左手の指先で生地を張っています。

ゆびぬきで、針をずーっと押しながら針先を細かく布地に通していくと2mmピッチのぐし縫いができあがります。

【袖山のぐし縫い】
080416_006
均一な、2本の仕付け糸でぐし縫いをした袖山です。もちろん粗ミシンをかけてもいいのですが、手縫いのぐし縫いはいせ込みもきれいにできるような気がします。
縫代を折りこむと、袖ができたようにみえますね。

【仮縫い】
080416_005
仮縫いでは、たくさん修正がありました。原型には現れない体型の個性が仮縫いで良く見えます。そのための基本のブラウス、このブラウスの型紙を修正したら、原型も修正しましょう。

【型紙の修正】
080416_007
身頃の修正を終えて、袖の微修正をしています。
原型の線、ブラウスの袖山の線、修正の線、たくさんの線がありますね。
出来上がった型紙を使って、もう一枚のブラウスを、もちろん仮縫い無しで作成する計画もあるんです。

洋裁くらぶ 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。 

Banner2_2

←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (2)

2008年4月18日 (金)

夜間のコース・トートバッグ手縫いも・生徒さん

夜間のコースです。
今回はお二人そろいました。いつの間にか季節も春へと変わっていますね。

♪手縫いのステッチを取り入れたリバーシブルのトートバッグを作成している生徒さんです。前回 もごらんください。
【ハンドステッチ】
080415_006s_3 
リバーシブルのそれぞれの袋を手縫いとミシンとで仕上げて、片方の口に持ち手の紐を手縫いで仮付けしていらっしやいました。おけいこでふたつの袋の口をミシンで縫い上げて、袋の脇の6cmくらいの縫い残しからひっくり返すと・・・・、バッグはできました!!
持ち手のステッチは、手縫いのステッチです!!よく見てくださいね!
手縫いを中心に進めている生徒さんの中指には当然のようにゆびぬきがはめられています。

【渡しまつり】
080415_005
袋のひっくり返しのために開いていた縫い残しを、“渡しまつり”で留めていきます。
2mmのイメージです。相手側に垂直に針を渡すので、渡しまつりと言います。

【完成!】
080415_006
はい、全体像です。さわやかコットンの懐かしいような布バッグができあがりました。
縫い物の完成がとっても嬉しい生徒さんは、「超、うれしい!!」と喜んでいただいて、ミコ先生もにっこりしました。


【エプロンの裁断】
080415_009
さあ、まだ時間はありますので、初級カリキュラムを進めることにしました。バッグと同じ生地です。ローラーカッターで裁断を進めます。やりやすいように重しをのせていたら、ポケットのパーツいっぱいになっていました。



♪♪手縫いのコースターやフリルマットを終えて、ミシン縫いでリバーシブルのトートバッグの作成が始まった生徒さんです。前回 もごらんください。
【持ち手のミシン縫い】
080415_003
縫代つきのパターンどおりに裁断しました。縫代の巾は1cmです。ミシンについているステッチ巾の印を見ながら、ゆっくり正確に1cm巾で縫っていきましょう。持ち手紐はふたつあります。ふたつの紐を続けて縫ってしまいます。
まっすぐ上手に縫えました。


【ゆびぬき】
080415_004_2
手縫い、洋裁、服作り、始めたばかりの生徒さんです。右手の中指にはいつもゆびぬきがはめてあります。まもなく上達しますね~~。

【底角の三角縫い】
080415_007 
平らな2枚の布を四角く縫っただけでは、バッグの厚みができませんね、それで底の角の縫代を三角に縫うと“マチ”という袋の厚みが生まれます。
実際に作ってみると皆さんとっても感激します。
最初はわからないことも、そのうちに当たり前のことになります。
そうやって徐々に技術が身についていくのですね。

次回も続きます。

洋裁くらぶ 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。 

Banner2_2

<

←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0)

2008年4月17日 (木)

花柄のシャツブラウス・生成りのエコエプロン・生徒さん

午前月2回3人のコースです。
この日は、「春!」のさわやかな空気を感じた日でした。太陽の陽射しも気持ちいいですね。前回の様子もごらんください。

♪花柄のブラウスを作成中の生徒さんです。
【シャツ衿の仕上げ】
002_2
地衿側をミシンでつけて、表衿はまつりつけました。落しミシンでも簡単です。


【裾角のミシンステッチ】
005
裾は、斜めにカットされたデザインです。全体が組み立てられたら、裾から前端、衿へと続けてぐるりとステッチを掛けます。仕付けています。どんな釦をつけましょう・・・。


【ほぼ完成!】
009
この日着ていた花柄のブラウスの上に羽織っています!
作成したシャツブラウスは半袖、着丈は短めで軽い上着にもなるイメージなんです。
釦ホールもできたので、釦をつければ完成!おめでとうございます。
次回から、同じ生地で袖なしのプチブラウスを作ることにしました。

♪♪初級カリキュラム、エコエプロンを進行中の生徒さんです。
【釦掛けの共布ループ】
004_2 
厚手のしっかりしたコットンですので、ループのひっくり返しに手間取りましたが、苦労の末できました。あせらない、なかなか根気のある生徒さんです、お疲れ様!


【肩紐のステッチ】【足踏みミシン】
001
厚手の生地も、薄い生地でもしっかりきれいに縫ってくれるのが、職業用のミシンです。
「洋裁くらぶ」の職業用は、アナログ、足踏みミシンです。リズムがあえばすいすい~~。
根気のある生徒さん、いい作品をつくるため、前回から続けてチャレンジと技術習得中です。ピンクのリボンをミシンの滑車に結びました。このリボンが前に来たタイミングでペダルを踏みます~~、あとはリズミカルに進めましょう。


【ほぼ完成!】
008
生成りのしっかりした素材です。シンプルエコエプロンがとてもきれいに仕上がりました!
おめでとうございます。


【ミシン作業中】
003
3人のクラスですが、お一人お休みされたので、お二人でおけいこを進めました。
左手の生徒さんは手元スイッチのミシンでブラウスのステッチをかけています。
右手の生徒さんは足踏みミシンを踏んでいます。

洋裁くらぶ 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。 

Banner2_2

←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0)

2008年4月16日 (水)

シャツ袖の型紙・ジャケット縫製中・ピンクのワンピース・生徒さん

午後の2時間月3回コースです。
今回も3人の生徒さんが、わきあいあいとにぎやかに、そして順調に作業を進めました。
前回のようすもごらんください。

♪ギャザーいっぱいのちょっとレトロ感覚のシャツワンピースの型紙を作成中の生徒さんです。
【型紙作成中】
Img_6172_2
前身頃と後ろ身頃がほぼ終わったので、この回は袖を作ってます。袖口にカフスをつけて、ちょっとギャザーをいれます。

【シャツ袖の袖山】
Img_6176
袖ぐりのゆったりしたシャツ袖の袖山寸法を検証中です。
シャツ袖は、袖ぐりの縫代を身頃に倒すため、いせ込みはありません。袖ぐりと袖山の寸法の関係を考えながら、作図中です。

型紙は数字の連続・・・・。大変?面白い?
洋服のデザインを実現するのは型紙の力です。




♪♪続きのウールのジャケットを縫製中の生徒さんは、袖付けの仕付けまで進みました。
【裏地のきせ】
Img_6175
まず、裏地の続きをミシン縫いしています。ジャケットの裏地には3mmくらいのキセをかけましょう。

【裏地の縫いあがり】
Img_6173
手際よく、つるつるとした裏地をミシンでくっつけて、もう安心ですね。
この日着ている素敵なプリント柄のブラウスは、生徒さんお得意お手製のカットソーです。おけいこの前の日に作成したそうです、それも数10分しかからないとか・・・。すごいですね~~。

【完成イメージ】
Img_6178
時間も手間もかかるウールのジャケットの方は、袖の仕付けを終えて、ちょっとボディーに着せ付けてみました。さあ次回は裏地と表地をくっつけてほぼ仕上がるでしょうか。



♪♪♪初級カリキュラムをほぼ終えて、ご自身の原型から初めてのワンピース作りを始めた生徒さんです。
【ピンクのコットン生地】
Img_6174s
ピンクがお似合いで大好きな生徒さんは、やっぱりワンピースにもピンクのコットンを用意されました。
さあ、作りましょうね!

【型紙完成】
Img_6174
シンプルワンピース、前回作図ができたので、まず型紙を縫代つきでカットします。


【裁断・完成のイメージ】
Img_6177
生地を広げ、ご自身で型入れ(裁断のために型紙を正しく効率的に置く)をしました。地の目に充分気をつけて、地球の中心に向かって生地を落しましょう!!
※縦糸はまっすぐ下に落ちる性質があります。縦糸の方向(地の目)が曲がるとと洋服も曲がります。
生徒さんは注意して、前身頃、後ろ身頃と裁断が順調に進みました。
ちょっとボディーにあわせてみました。
若々しくシンプルなピンクのワンピースです。可愛いですね。

次回も3人の生徒さんの作品作りが進行します。

洋裁くらぶ 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。 

Banner2_2

←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0)

2008年4月15日 (火)

タックいっぱいのブラウスジャケット・コットンの巻きスカート・生徒さん

午前の2時間のクラスです。
久しぶりに生徒さん3人が勢ぞろいの予定でしたが、お一人お仕事で予定がつかなくなりました。お互いの作品作りに興味津々なので、とっても残念でした。

さて今回のおけいこの様子をご紹介しましょう。前回もご覧下さい。
♪素敵なブラウス風のジャケットを光沢のあるジャカードで作成中の生徒さんです。
【身頃と袖にタックの切り替えデザイン】
Img_6162
大胆なタックの切り替えがこんな風になっています。
さて・・・実は・・・。

【完成!】
Img_6158
切り替えを接いで、袖をつけると仕上がりですね・・・などと前回お話していたのですが、おうちですでに仕上げていらっしゃいました。ムードのある素材にデザインです。素敵!
仕上げアイロンや、“きりび”をきれいにとって、おけいこ中に本当に完成しました!
おめでとうございます。

【お仲間も試着】
Img_6157
可愛い!!ということで、お仲間も着用すると・・・可愛いのです。


♪♪久しぶりの生徒さんは、ブログを随時チェックいただいていましたので、お仲間の作品の進行は把握済みです。ご自身のコットンの巻きスカートを続けます。
前回もご覧下さい。
【型紙のカット】
Img_6159
前回(先月でした。)できた作図に縫代をつけてカットしました。初級カリキュラムですが、ご自身のサイズで作図をしていますので、初めてのご自分の型紙ができました。
おめでとうございます!!


【裁断】
Img_6163
生地を中表に二枚にして(左右の身頃やパーツを裁断します、いつも二枚一緒に裁断が基本です。)、ハサミとローラーカッターと適宜使い分けてみました。

【着せつけシュミレーション】
Img_6164_2 
裁断したパーツをボディーに着せ付けてみると、出来上がりが想像できてわくわくしますね。寸法が合わなかったり、洋服の複雑な組み合わせもこれですっきり明らかになります。
次回は縫製にかかりましょう。

洋裁くらぶ 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。 

Banner2_2

←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0)

2008年4月14日 (月)

週末の3人の生徒さん・花柄ブラウス、エプロン、夏ジャケット

週末の遅い午後、2時間半のコースです。前回のようすもご覧下さい。
3人の生徒さんが、それぞれ順調に作成を進めました。

今日、着ているブラウスのディティール、可愛いですね~~。みんなで覗き込んでしまいました。既製品とのことです。
001
いつか、作成しましょう!!。


♪初めてのブラウス作成の生徒さん
【裁断】
009
小柄な生徒さんの悩みは自分サイズのお洋服がなかなかないことです。
前回、原型からブラウスの型紙を作成しました。さっそく裁断します。


【ダーツは“きりび”】
013
すべて初めての作業ですが、“きりび”で印付けをして見ました。お上手にできました。


【衿】
008
シンプルな衿ですが、ボディーに着せると、わくわくしますね!



♪♪初級カリキュラムを進めている生徒さんです。
【共布ループ】
004
エプロンに付ける共布ループです。
普段ならつるっと簡単にひっくり返るバイヤスのループですが、生地が滑らず妙に手間取ってやっとできました。静かな感激・・・。

【完成!】
015
とてもきれいに、アイロン、ミシン、手作業をされる生徒さんのこのエプロン、きっちり見本のように、いえいえミコ先生の見本よりきれいにできあがりました。おめでとうございます!!


【シャツの裁断】
018
初級カリキュラムを続けます。簡単ブラウスの裁断を始めました。簡単なグレーディング(サイズ修正)もしています。


♪♪♪夏ジャケットを作成中の生徒さんです。
【裁断】
007
ひととおりお洋服作りができる生徒さんです。ちょっとのアドバイスで、ご自身ですいすい裁断を進めました。こんなにパーツがいっぱいのちょっと凝ったデザインのジャケットなんです。


【きりび】
011
仮縫いをするので、“きりび”の印付けを始めました。手際よくスピードもあります。すごい!


【仮縫い組み立て】
019
“きりび”が終わったパーツを、仮しつけの見本替わりにミコ先生が手伝って組み立てて見ました。ちょっと素敵なジャケット・・・。出来上がりが楽しみですね~~。その前に、仮縫いです。

午後のゆったりした時間に、集中して楽しくおけいこが進みました。毎回満足感がありますね!次回もお待ちしています。

洋裁くらぶ 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。 

Banner2_2

←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0)

2008年4月13日 (日)

基本のパンツ・ファスナー付け・サークル勉強会

洋服の型紙作り
4月、基本のパンツ作成中です。

この回は、ファスナー付けの説明をしました。
【コンシールファスナー】
Katagami_002
一番簡単なファスナー付けはコンシールファスナーです。
でも、皆さん付けた事がないそうですので、ていねいに説明しました。
ミシンにコンシール押さえが必要なので、それだけ購入してくださいね。


【パンツの縫いはおまかせ】
Katagami_004
最初の画像と、上の画像は色が似ていますが、それぞれお二人の方のパンツです。
ファスナー以外(コンシールファスナー)の縫製はお得意のメンバーお二人です。
もう出来上がる勢い。

【手づくりつながり】
Katagami_003
着物地リメイクをされているメンバーのお手製です。縫製もデザインも完璧です。
とっても素敵!スタイルがいい方で、とってもうらやましいです。
リメイクいいですね~~思い出、愛情、エコ。

【基本のカットソー】
Katagami_001_3
毎回、違うカットソーで現れるメンバーは、本当に作成が止まらないんですって。
お知り合いもその効果の恩恵を受けているらしいです。
大胆な柄のワンピースに春らしいお帽子でした。素敵です!

洋裁くらぶ 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。 

Banner2_2

←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0)

2008年4月12日 (土)

フリルのカフェマット・生徒さんの訪問

夜間のコースの生徒さんがやってきました。

前回の様子もご覧下さい。

【フリルのカフェマットの完成】
080409s
宿題だったフリルのカフェマットは、フリルを紺の配色糸で並縫い(手縫い)でつけてしあがっていました。可愛いですね~~。

【リバーシブルのトートバッグ】
080409
前回、続けて裁断したトートバッグの地縫い(ミシン)もして来ました。

この日は、ゆっくりお茶を飲みながら、生徒さんの近況を伺ったり、カンボジアやチュニジアの写真をお見せしたりして一時間ほど過ごしました。なぜって、生徒さんもミコ先生も勘違いのおけいこ日ではない日だったのでした。
こんな時もありますね~~。嵐の日でしたよ!
楽しい時間でした。ありがとうございます。

洋裁くらぶ 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。 

Banner2_2

←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0)

2008年4月11日 (金)

午後の2時間半・衿ぐりのパイピング縫製・生徒さん

午後の2時間半コースです。
前回、パターンが完成して裁断も終わっていました。
ワンピースの型紙を作成しましたが、今回は丈を短くしてブラウスを作ることに・・・・。

【前衿ぐりのギャザー】
001
ギャザー止まりより2cmくらい離れたところから大きな針目でギャザーミシンを2本寄せます。



【前ギャザー位置のパイピングから】
002
衿ぐりはパイピング(玉縁)始末です。
ギャザーを寄せた前中心はちょっと慎重に作業をしたいので、先にそこだけパイピングをつけてしまいます。ここがうまくいけば安心です。

【衿ぐりぐるりパイピング】
003
パイピングの共布は45度の正バイヤスです。バイヤスは伸びますね?よく伸ばしてからつけないと、出来上がった洋服の衿ぐりがどんどん伸びてしまいます。
パイピング始末は簡単なようで、奥が深いのです。

【パイピング地縫いと折りアイロン】
004
パイピングの共布を7mm巾で縫い付けてから向こうから残りの部分をアイロンで折ります。

【パイピングの仕上げ】
005_2
パイピングを裏側にピンで留めつけます。表より巾が少し広く作ってあるので、このあと仕付けをして、表から端ミシンをかければきれいなパイピングの衿ぐりが仕上がります。

ここで、おけいこの終わりの時間が迫ってきたので、脇縫いや袖口のゴム仕上げなどの説明をするため、パイピング作りはおうちで続けて頂くことにしました。
次回はすぐ仕上がってしまいそうです。
ていねいに作っているので直しがありません、それがスピードになります。

洋裁くらぶ 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。 

Banner2_2

←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0)

2008年4月10日 (木)

3人揃いました!ジャケット縫製・初めての型紙・ギャザーワンピース・生徒さん

4月に入ってから花冷えが続き、そして雨です。
でも、なにか熱気が・・・・。

この日は、久々に生徒さん3人が揃って終始にぎやかにおけいこが進みました。

♪久しぶりの生徒さん
【裏付きジャケットの続き】
001
前から仕立て中のジャケットをお持ちになりました。これからご一緒に仕上げましょう。
まだ未裁断の裏地の粗裁ちパーツを発見!
正しく置きなおしてから・・・・裁断の準備中です。裁縫箱見てください!
裁縫好きな生徒さんだって、すぐわかります。


【裏地のしつけ】
005
いろいろなパーツが宝箱のように出てくるので、一つ一つ確認しながら、つるつるした裏地を仕付けて組み立てています。こんなじっくり作業が大好きとのこと。チクチク縫うのは確かに心が落ち着きますね。

♪♪原型完成して、ワンピースの型紙開始の生徒さんです。前回もご覧下さい。
【初めての原型】
002
前回、計算計算でしたが、頑張りました。そして今回、さっそく袖もできて、原型完成しました。



【もちろん初めてのワンピースの型紙】
008
できたばかりの原型を使って、初めてのワンピースの型紙も、2時間のおけいこでほぼ完成しました。ノースリーブなので少し脇を詰めたり、上げたりしています。お持ちのスタイルブックのデザインにあわせてストレートスタイルのシンプルなワンピースです。


【肩ダーツの種明かし】
010
ここで、おさらいしましょう。
肩のダーツ(胸もそうですが)は三角をたたむと、まっすぐだった線がへこみます。そこを真っすぐに引きなおして、前の肩線と確認してできあがりとなります。


♪♪♪チュニックワンピースが完成して、トレンドのたっぷりシャツワンピースを開始する生徒さんです。70~80年代のイメージ、ミコ先生懐かしい~~と一人で納得。
【パターン修正】
009
冷静な生徒さん、まず前回のチュニックワンピースの型紙に作成過程で修正した箇所を、書き入れて完成させています。ファスナーや、三角布の追加など、けっこう直しましたね。
型紙を修正しておけば、次回はすいすいです。

【シャツワンピースの型紙】
006
ギャザーたっぷり、丈も長めのスタイル、サッシュベルトでブラウジングして着ます。ほら、70~80年代スタイルでしょ?うなづく方々は同年代(お洒落さん)ですね。
デザインをお見せできませんでしたが、次回もしばらく続きます。
丈の長いデザインで型紙が足りず、別紙を足すところです。

♪♪♪ それぞれのおけいこなのですが、コミュニュケーション(会話ともお喋りとも)いっぱいに3人の楽しいおけいこの2時間があっという間に過ぎました。
次回も3人ですね!

洋裁くらぶ 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。 

Banner2_2

←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0)

2008年4月 9日 (水)

午前のクラス・ベスト快調・ブラウスジャケット縫い・生徒さん

午前のクラスは、生徒さんがいらっしゃる時は雨降りでした。
お帰りの時は、雨がやんでいました。
春って本当に気まぐれですね、でも洋裁好きは進みます!!前回もご覧下さい。

♪素敵な大人っぽいジャカード織りの生地で羽織るようなブラウスジャケットを作成中の生徒さんです。
【ロックミシン】
001_2
洋裁歴は長いのですが、ロックミシンは初めてでした。でもさすが、あっという間にコツをつかんで、あとはお一人でスイスイ・・・。


【仕付けが肝心】
006_2
補正なしでいけそうなデザインでしたので、縫代付きの型紙を作成し裁断しました。
仕付けをしてからミシンで縫うのが身についている生徒さんは、やっぱり仕付けて慎重に縫います。身についたことって素晴らしいですね。
実はこの素材、つるつる動くし、地の目も定まりにくいので、仕付けた方が実際楽です。


♪前回、ブラウス完成の勢いで、ベストの裁断もした生徒さんです。
【初級カリキュラムベストの芯】
002_2
裁断しています。ていねいな正確な裁断でした。

【接着】
007
コットンの素材に接着する時は、芯地側からのあて布をしての接着ではなく、表から一気に貼ってしまうのがお薦めです。アイロンに糊は付かないし簡単です。素材を見て決めましょう。
芯貼り終了しました。

【見返しのミシン】
008_2
袖ぐりや、前と後ろ衿ぐりの見返しを、どんどん続けてミシン縫いして頂きました。
するとこんな、面白いモビールができて、生徒さんと遊んでしまいました。
つい、面白くなってしまうミコ先生でした。

次回はしばらくお休みが続いた生徒さんもいらっしゃるので3人ですね。


洋裁くらぶ 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。 

Banner2_2

←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (2)

2008年4月 8日 (火)

『洋裁くらぶ』ホームページリニューアルしました・マダムミコ

『洋裁くらぶ』を再開してからほぼ一年が経ちました。
生徒さんが来て下さるようになったのは、昨年8月にホームページを作ってからです。
それまでは、このブログにたどり着いて下さった貴重なごく数人の方や、10年前の生徒さん、古くからのお世話になっている方などの生徒希望だけでした。

途上国の技術指導などが長かったので、いつのまにか、ネットでこんなにも“洋裁”“手作り”が好まれていたことを知りませんでした。
嬉しいことでした!
そんなことも知らずに8月に作ったホームページは、10年前の『洋裁くらぶ』のチラシをWEBに変えただけのスタイルでしたが、一ヶ月経ったころから、お問合せを毎週のように頂きました。そうして秋になり生徒さんが増えてきて、必要に迫られながら内容を膨らませてきました。
それで、だんだんトップページが長くなっていました。

先日、台東区のホームページデザイン講習に参加する機会を得て、それから徐々に整理しています。なかなか難しいのですが、思ったようにできた時(ほんのちょっとですが)は、楽しくなってしまいます。トップページをシンプルにして、カラーを変えて、ページも分割してみました。デザインは大切ですね。でも、やっぱり中身があってのデザインです。
いろいろいじっている間に、意味不明になってないといいのですが・・・。

ぜひ、覗いていただけたら嬉しいです。
カラーもパソコンによって見え方が違うので、先日別なところでサイトをあけたら、きつーいピンクで驚いてしまいました。それで、その後にグランド色(服飾では地色のことをこう言うのですが)を、きついピンクから白に変更してみました。落ち着いた大人向けというより、楽しくて参加しやすい、おしゃれな手づくりをする『洋裁くらぶ』のイメージを描いています。
でも、何より誤字脱字、もしよろしければぜひぜひ教えてください。

よろしくお願いします。

マダムミコ

| | コメント (0)

2008年4月 7日 (月)

2人2時間半のコース・基本のブラウス・きりび・生徒さん

午前(2人)コースです。2時間半ゆったりとおけいこします。
基本のブラウスを、きっちり仮縫いをして、体にあった型紙と縫製を追及します!
前回 の様子もごらんください。

【きりび】
0401_003
型紙用の紙は針で刺しても壊れない粘りがあって多少透けるものが使いやすいです。
“きりび”は紙も一緒に縫っていきます。(印が固定します。)

【指貫】
0401_004
“ゆびぬき”を使わない“針の作業”は“ない”と言っても過言ではありません。
『洋裁くらぶ』では、指貫の使い方をていねいにお教えします。できるだけ、楽に洋裁をしていただきたいからです。
ゆびぬき使いには慣れている生徒さんです。

【きりじつけ】
0401_007
型紙ごと縫った糸をチョキンチョキンと1cmくらい残して短く切っていきます。縫いながら切るのがお薦めです。

【きりび】
0401_001
“きりじつけ”をきりひらくのが“きりび”です。
実は、ある生徒さんのお知り合いから語源を教わりました。


【切り開く様子】
0401_009
0401_011
“きりび”の、仕上がり。


【仮縫いの組み立て開始】
0401_012
仮縫いつきは、工程が長いです。“きりび”の印を元にしてブラウスの組立を開始しました。衿の感じどうでしょうか?

素敵ですね。
じっくりと次回も続きます。

洋裁くらぶ 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。 

Banner2_2

←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0)

2008年4月 6日 (日)

『洋裁くらぶ』の型紙・黒いハット・マダムミコオリジナル

マダムミコの開催している『洋裁くらぶ』では、初心者さんから上級者さんまで、お一人おひとりのペースでおけいこをしています。少人数で同じ授業をしているのではなく、個人レッスンを同じ時間にするようなおけいこになっています。

生徒さんには型紙を作れる方も何人かいらっしゃいます。
ご自身の原型を使って作った、自分の体型にあった洋服の着心地を経験した事があれば、型紙作りが洋服作りだと知ることになるのですが、やはり出来上がるまでにはそれなりの時間がかかってしまいます。
それに、勉強も必要ですし失敗もあります。

毎回ではなくても、ときどきは型紙を作成し、またときどきは出来上がった型紙で一気に仕上げたいものですね。最近はネットでもたくさんの型紙が販売されています。

それで『洋裁くらぶ』でも、マダムミコオリジナルパターンを生徒さんに使用していただけるよう、準備を始めました。前からやろうやろうと思っていたのですが・・・。すこしづつ少しづつ、生徒さんの進度に何とか間に合うように準備をしていこうと思います。

それで、ひとつ準備をしたのが・・・洋服ではありませんが、これからの時季に活躍しそうな・・・。
【黒いハットの型紙】
Img_5785
Hat
先日のブログでご紹介したハットです。

型紙は一朝一夕に仕上がるものではないんですが、時間をみつけてマダムミコオリジナル型紙を増やしていこうと思います。ご期待くださいね!
※生徒さんに限り、お気軽な使用料でお使いいただけます。
※型紙販売も計画中です!!
詳しくは『洋裁くらぶ』をご覧下さい。

マダムミコ

洋裁くらぶ 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。 

Banner2_2

←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (2)

2008年4月 5日 (土)

手縫いのコースターやカフェマット・トートバッグ開始・生徒さん

夜間コースです。
3人月3回のコースですが、お一人空が出てしまいました。続けたくでも、お仕事のやむない事情でした。またいつかお会いすることを楽しみにしています。
さらに、今日はお一人ご都合がつかないので、生徒さん一人っきりのおけいこになりました。

さあ、そんな日もありますので、どんどん進めてしまいましょうね!!
【手縫いのコースター完成】
005
前回、手縫いのコースターを途中まで進めて、後はご自宅でチクチクと仕上げてきました。
二人分のコースターですよ~~!!最初のピンクッションも一緒に記念撮影です。

【ぐし縫いのフリル】
008_2
今回の手縫いのテーマは、【ぐし縫い】です。1~2ミリの細かい針目で縫っていきます。ギャザーやいせこみの位置に使うとても便利なテクニックです。
指貫をきちんと使っています。初心者さんの強みです。

【ぐし縫い・ミコ先生】
006
こんな細かさです。

【ぐし縫い・生徒さんとミコ先生】
001
同じに仕上がりました。

【カフェマットのフリル】
002
正バイヤス(45度)のフリルは裁ちきりです。土台布に手縫いステッチで留めれば出来上がります。あとはおうちでチクチクと続けましょう。


【リバーシブルのトートバッグの裁断】
004
最初にお話したように、この日はお一人でしたので、たっぷり時間が使えました。
裁断終了!!

次回は、ミシン縫いになります。

洋裁くらぶ 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。 

Banner2_2

←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0)

2008年4月 4日 (金)

午前3人2時間半・前回と今回・花柄ブラウスと生成りのエコエプロン

午前の2時間半3人のクラスです。
花冷えでも今日は太陽さんさん。お一人残念ながら風邪でおやすみです。

3月、4月のこの時季は季節と環境の替わり目で体調にも響くようですね。皆様お気をつけてください。ところで前回の様子をまだアップしていませんでした。遅くなってごめんなさい。その前、前々回の様子もごらん下さい。

♪まず、前回の3人のおけいこの様子から・・・。
【トートバッグ】
Img_5648_2 Img_5657_2
紐を仕上げて、リバーシブルの片方の口に仮止めしてから一気に口を縫い合わせます。縫い残しの脇の口からひっくり返すとリバーシブルのバッグの形が出来上がります。ステッチや綴じやまとめをしたら、出来上がりました。
Img_5660_2
だいぶ前の完成なのにご紹介が遅れました。真っ赤なガーゼのような生地の可愛いトートバッグです。持ち手と脇に柄を配置しました。完成おめでとうございます!!

【着物コートのリメイクジャケット】
Img_5650_2 Img_5655_2
リメイク頑張っています。仮縫いをするので、きりびで印をつけます。“きりび”はお得意です。仕付け糸2本取りで、縫っていき型紙をはずしたら二枚あわせて生地の間をそーっとあけて糸を切り開きます。
Img_5656_3
仮縫いの組み立てもだいぶ進んだので、次は仮縫いになります。

【花柄のシャツブラウス】
Img_5649_2
前々回、型紙が出来上がり、この回に裁断をしました。その前にもう一度、型紙をきれいに切りなおしています。縫代付型紙では、型紙縫代が正確でないとうまく行きません。
Img_5658_2
肩を縫っただけでですが、ちょっとボディーに着せてみました。春らしいですね~~。
Img_5654_2
前回の3人そろってのおけいこの様子です。手前の大きなテーブルの左でトートバッグ作成、右でリメイクジャケットを作成しています。向こうのテーブルでもう一人が花柄ブラウスを作成中です。


♪そして、今回のお二人の様子を続けます。
002
向こうのテーブルの生徒さんは、花柄の綿ローンで短めの丈のシャツブラウスを作っています。前回袖つけなど終わっていますから、今日の山場は衿付けです。
手前の生徒さんは前回初級カリキュラムのトートバッグが仕上がりました。今回から、簡単エコエプロンの作成開始します。
初級カリキュラムでは、縫代つきの型紙を使って裁断からスタートします。


【下準備の折りアイロン】
003
生成りのしっかりしたコットンです。ミシンに向かう前にアイロンで折れるところは、すべて折って下準備をしておきます。アイロンは向こうから手前の方向へ折ると作業がしやすいですよ。


【衿作り・袖山のステッチ】
004
花柄のブラウスの生徒さんです。右にあるのが、地縫いの終わった衿です。
シャツ袖の身頃にコバステッチ(縁ミシンステッチ)もかけてしまいましょう。


【エプロン・紐縫い、脇カーブ縫い、ポケット口縫いなど・・・】
005
いろいろなミシンの最初の工程を終えました。次の作業のための二回目のアイロンになります。紐の縫代をきれいに折っています。

【紐のひっくり返し】
006
紐の一方の端も縫っていますので、角の縫代をきれいに折りこんだら、その角を崩さないようにしてていねいにひっくり返しの作業を始めます。竹の20cmものさしを使う事が多いです。ものさしを先に進めるというより、たまった生地をすこしづつ引きおろすような気持ちで進めると、気持ちよく細い紐でもひっくり返ります。
楽しいですよ!


【衿付け】
007
まだ途中ですが、身頃と地衿(下の方)の衿が縫い合わされて、ちょっとあわせてみました。衿の出来上がりがはっきりと分かって、達成感がありますよね。もうすぐできます!

2時間半のおけいこ、今回ここで時間になりました。
次回も続きます。

洋裁くらぶ 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。 

Banner2_2

←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0)

2008年4月 3日 (木)

花冷え・午後のクラス・原型開始!・チュニック完成!

午前からの雨が晴れたものの、冬の終わりのように寒いこの日は、暖房をつけて生徒さんをお待ちしていました。

♪初級カリキュラムのベストが終わり、今後の服作りの計画を実現する“原型”の作成を始める生徒さんです。ベスト完成の前回もごらん下さい。

初級カリキュラムでは、方眼定規やカーブルーラの出番はありませんでした。更に細かいミリ単位の計算も無用でした・・・・。が!原型作りでは・・・。
【原型の外枠をひく】
Img_5907
原型を書き込む枠を正確に真っ白い紙に線をひくのも初めてでは緊張します。
すこしづつ、方眼定規の使い方や、寸法をのとり方に慣れましょう。

【袖ぐりの寸法を正確に測る】
Img_5912
身頃の型紙を終えて、袖の原型を作るためには、袖ぐり寸法が必要になります。カーブの線の寸法を正しく取るためには、メジャーを立てて固定し、すこしづつ指を移動させながら測ります。

【身頃完成】
Img_5913
この日の2時間は電卓との協調作業(戦いとも?)、更にはミコ先生が、「曲がっています。」「定規をしっかり押さえてね。」などと注文が多かったので、ようやくお時間でホッとしましたね。お疲れ様!
原型ができたら、身体に合った寸法のご自身だけのお洋服がすこしづつ仕上がっていきます。
さて、ワンピースを作りたいって・・・。次回はデザインをご相談しましょう。



♪もうお一人の生徒さんです。
そろそろチュニックできたかしら?前回ほぼ完成してました・・・。
というミコ先生の気持ちが分かったのか・・・。
生徒さん:「先生完成していません。」
ミコ先生:「まだ寒いですからね。」と言うことで、最後のまとめをしました。

【ミシン】
Img_5908
縫い残しの裾や、袖ぐりの玉縁布の始末をミシン縫いしました。

【ポケット口のかんぬきミシン】
Img_5918
脇のスラッシュポケット(縫い目利用のポケット)の上下には、補強のためにミシンを行ったり来たりして、かんぬきを入れました。
簡単で丈夫な方法です、お薦めします。

【完成!】
Img_5914
コンシールファスナー、三角布の切り替え、キャップ型のパフスリーブ,etc・・・。
盛りだくさんのテーマがありました。
本当の完成!おめでとうございます!!次回からギャザーたっぷりのワンピースの予定です。

洋裁くらぶ 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。 

Banner2_2

←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0)

2008年4月 2日 (水)

花冷えの春・午前のクラス・簡単ブラウス・きりびのブラウスジャケット

午前のコースは太陽があふれるように差し込むのですが、春を目前にしたこの日は花冷えの午前のコースになりました。

でも、生徒さんの初級カリキュラムのブラウスが出来上がりました!!
“初めての服”作成だそうです。前回のようすもごらん下さい。

【糸ループと釦】
Img_5904
【完成】
Img_5903
着ている服のまま簡単ブラウスをはおりました。袖が白黒ギンガムチェックです。
【次は簡単ベスト】
Img_5905
作成の波に乗った生徒さん、ニコニコ顔で次の簡単ベストの裁断をスタートしました。
「ニコニコ~~」

もう一人の生徒さんは・・・。
前回、ブラウス風ジャケットの型紙を作り終えて、ご自宅で裁断してきました。
ミコ先生:「あっ、生地が違いますね?」
生徒さん:「黒の生地はやめました。」
と言うことで、ジャガード織りの雰囲気のある素材をお使いになります。
【きりび】
Img_5899
“きりび”の印に慣れている生徒さんです。つるつる動く生地ですし、合印で切り込みをいれるとほつれやすい生地なので、“きりび”が最適です。

【たくさんのパーツ】
Img_5906
こんなにいっぱいのパーツの、必要な箇所に“きりび”をしました。
縫代付きの完成パターンなのですが、袖付けの合印や、タック位置に“きりび”があれば、縫いの作業がすいすいいきます。
下準備の折りアイロンもしました。

風邪と用事が重なりお休みの生徒さんがもうお一人います。
4月には3人で楽しくおけいこをしましょう。

お待ちしています。

洋裁くらぶ 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。 

Banner2_2

←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0)

2008年4月 1日 (火)

週末の月2回・ブラウスやジャケットの型紙、簡単エプロンなどなど・・・。

おけいこの様子をご紹介する前に、今日は4月1日エイプリールフールですね。
昨年の今日、顔を半分隠したチュニジアの“砂漠の民”マダムミコをご紹介しています。
それに、昨年のお花見は4月に入ってからでした。
新年度の始まりという方も多い、でも、エイプリルフールの今日、真剣なそしてユーモアのある一日、日々を送りたいものです。

では、週末の洋裁loveコースのおけいこの様子をご紹介します。
前回もごらん下さい。

♪前回、一回のおけいこで初級コースのトートバッグを作成した生徒さんです。
この日からは簡単エコエプロンの作成開始しました。
【初級コースのエプロン裁断】
Img_5874
脇のくりがエプロンのポケットになる裁断です。作り方も裁断もエコいっぱい。

【ミシン縫い】
Img_5878_2
折りアイロンなどの下準備をひととおり終わって、さっそくミシンにかかりました。

【次回仕上がり】
Img_5882
脇のカーブ、紐の地縫いミシン、ポケット口などのミシンが終わりました。
ご自身でも小物を作るという生徒さんです。お宅でかなり進めれば、次回すぐに仕上がってしまいそうです。その次を考えていますね・・・。


♪ミコ先生も小柄なのですが、もっともっと小柄な生徒さんの悩みは、自分サイズの服がない・・・です。よくわかります。
前回、原型を作成しましたので、この回から、さっそくシンプルな襟付きブラウスの製図にかかりました。
【自分サイズのブラウスの型紙】
Img_5875
原型を使いながら、製図をどんどん引いて頂きました。

【縫代つきの型紙】
Img_5879_2
シンプルブラウスなので、製図はスイスイできました。初回は仮縫い無しで一枚仕上げることとし、縫代の付け方を覚えて頂きました。

【型紙完成】
Img_5880
衿や袖も、すべてのパーツに縫代を付けて、カットしました。
次回は裁断します。
半袖の季節に仕上がるよう頑張りましょうね。

♪洋裁の経験のある生徒さんは、初夏から夏に便利な一重のコットンジャケットを作成することになりました。
【夏ジャケットの型紙】
Img_5881_2
お持ちのスタイルブックに適当なデザインを発見!二枚袖、テーラード、切り替えと素敵なデザインです。ズバリ作ってみることにしました。

【複雑なライン】
Img_5876
作図が複雑ですが、後ろ身頃を終え、前身頃、テーラードの製図など、出来上がっていきました。袖も形の良い二枚袖です。頑張っています。

【作図の完成】
Img_5881s_2 
二時間半、真剣に取り組んで、複雑なテーラードジャケットの製図が完成しました。
次回も、スイスイ進みそうですね。

週末の遅い午後のおけいこです。
ゆったりと真剣に集中する時間が流れています。
充実の週末です。

洋裁くらぶ 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。 

Banner2_2

←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »