« 素敵なつながり・マダムミコチャンネル・いろいろなチャンネル | トップページ | 洋裁くらぶ初級カリキュラムのトートバッグや巾着ポーチ、手縫いセットも加えてみました。型紙 »

2008年6月 7日 (土)

Stagiaire Najla 6.立体裁断・仕様書、工程分析、付属購入まで

前回の、Stagiaire Najla 5.立体裁断から型紙 からまた3ヶ月以上も経ってしまいました。ナジラ(Najla)は、マダムミコがチュニジアの繊維センターに赴任していた時に、立体裁断の研修を願い出た専門学校の学生です。ナジラの強い動機が、私の帰任前たった二ヶ月間の実質32日の短い期間に研修を完成させてくれました。その様子を11回に分けてご紹介する今回が6回目になります。

第5回目【11日目から15日目】では、立体裁断のトワルを型紙にするところをご紹介しました。※16日目から22日まで、ナジラは学校の授業に出ていましたので、こちらの研修はお休みになりました。

テーマ:国営航空のスチュワーデスの制服

第6回目【23日目から28日目】です。
仕様書の作成
Dossier_tunisair_s
仕様書というのは、洋服の絵型で形を目で確かめ、どのような各所のサイズなのかが記載され、生地の添付で素材を確認し、生地と付属品の必要な用尺を示し、さらに裁断の仕方や縫製の方法の指示まで仔細に表わしたものです。この指図書一枚を見れば、どんな生地でどんな風に作る“計画”なのかが一目瞭然になるというものです。

工程分析を描く
Gamme_de_montage_s
工程分析表です。縫製の効率のいい順番を示すものです。
このイラストは仏語の未熟なマダムミコが、工程分析について研修生に理解しやすいように描きました。専門用語など洗練されている環境(書く人も読む人も)なら、文章の方がいいのですが、私も研修生も仏語の専門用語については、そのレベルがありません。
文章の中にポイントのイラストを入れると更にいいんですが・・・・。

付属品をそろえる

Img_1146s
型紙ができて、必要な布地や付属品の用尺がはっきりしたら、初めて付属品の購入をします。製品の仕事では、すべてが計画に基づいています。

立体裁断から、型紙をつくり、そして仕様書、工程分析、材料をそろえて、ようやく作品の縫製を始める準備が整いました。

次回からの縫製の様子は、あまり間を置かずにご紹介したいのですが・・・。

マダムミコ

|

« 素敵なつながり・マダムミコチャンネル・いろいろなチャンネル | トップページ | 洋裁くらぶ初級カリキュラムのトートバッグや巾着ポーチ、手縫いセットも加えてみました。型紙 »

指導◆ナジラの立体裁断」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Stagiaire Najla 6.立体裁断・仕様書、工程分析、付属購入まで:

« 素敵なつながり・マダムミコチャンネル・いろいろなチャンネル | トップページ | 洋裁くらぶ初級カリキュラムのトートバッグや巾着ポーチ、手縫いセットも加えてみました。型紙 »