« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月31日 (木)

シンプルブラウス・リバティープリントのスカート・和服リメイクジャケット・3人の生徒さん

午前月2回3人のコースです。
前回も今回も暑い中、みなさん「あつい~ですね。」と言いながらお出かけくださいました。


♪お一人目の生徒さんです。リバティープリントでコットン裏付きのスカートを作成中です。前回コンシールファスナーもつけて、ほぼ仕上がりました。さあ完成します!

【ウエストの部分ゴム】
Img_8089
ウエストベルトの脇の所に、少しだけゴムを使って寸法の調整が楽な着やすいスカートです。ベルトが仕上がって・・・・。

【完成!!】
Img_8090
オフィスでも、お買い物でも、どちらにもぴったりな素敵なスカートが仕上がりました。
おめでとうございます!!
生徒さん作品集2にアップします。

【次の裁断】
Img_8094
リバティープリント続きますね~。同じ型紙を使用します。プリントですが、前回と同じように柄あわせが必要ですね。無地と同じように使える柄と、大きな格子のように柄あわせが必要なプリントと、プリントには二種類あります。柄あわせは一手間かかりますので、避けたい方は、生地の購入時にちょっと考えましょうね。



♪♪お二人目の生徒さんです。初級カリキュラムのシンプルブラウスを進行中です。
今回の目標は衿ぐり作りです。

その前に、袖ぐりのステッチを仕上げましょう。

【袖ぐりのステッチ】           【衿ぐり見返しの端カガリロックミシン】
Img_8086

【接着芯地の裁断】
Img_8093
初めて接着芯地というものを裁断します。
動きやすいので、固定してローラーカッターで裁断してみました。


【衿ぐりの見返し付け】
Img_8102
ぐるっと衿ぐりの見返し縫いをしました、ゆっくりていねいな生徒さんの作業は順調にすすむので、ストレスなく、すっきりと進みます。次のおけいこでは、衿ぐりの仕上げをしましょう。

【お二人の生徒さんの途中経過!】
Img_8092ボディーはひとつなので、お二人分を一度に着せています。


♪♪♪三人目の生徒さんです。和服のリメイクジャケットはもうすぐ完成しますが、裏つきの本格的なジャケットは、最後のまとめにも時間がかかります。

【袖口や袖ぐりの中綴じ】
Img_8088
仕付け糸を使い、しっかり中綴じします。


【裾仕上げ】
Img_8101
裏地のゆとりを再確認中です。


【完成のイメージ】
Img_8103_2 
見た目はできていますが、見返しや裾のまつりなどなど、見えないところの始末がたくさんあります。あせらずに、次回完成しましょうね。

今日は、もうひとつ、↓↓↓下に、記事があります。


洋裁くらぶバナー 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。
Banner2_2 ←ランキングに参加しています。お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カンボジアの緯かすり・NHKの朝のニュースで・・・

先ほどのNHKニュースで、どこかで展示会をしていると言っていました。
カンボジアのフォーマルウェアに使用する、高級な伝統の【緯かすり】手織りの絹織物です。
マダムミコチャンネルを見ていただいている方には、おなじみの絹織物ですね。
ぜひ、この機会にもう一度、手織りの工程などご覧下さい。

カンボジアの緯かすりのできるまで

マダムミコ工房では、この生地を着分で輸入して販売しています。
ポーチなどの小物にしての販売ではなく、布地としてお届けしたいというのが、マダムミコの気持ちです。ハサミを入れるのは、お手に取ったみなさま自身で・・・。
ドレスはもちろん、このまま、壁にタペストリーとして飾ることもできます。

ソファーに掛ければ、お部屋が一変します。
安価なものではありませんが、一本一本、伝統の技と心と新しい物をどんどん作るカンボジア人の感性で、織られています。
ちょっと前、ほんの10数年前からの技術の復興品です。

ブログマダムミコ工房も訪ねてください。

マダムミコ

洋裁くらぶバナー 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。
Banner2_2 ←ランキングに参加しています。お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

ピークドラペルのテーラードジャケット完成!次も・・・生徒さん

午後、月3回のコースです。生徒募集中!

裏無しのテーラードジャケット作成中の生徒さん、前回のようすもご覧下さい。

【完成!!】
0728_012_2
カーブのミシン縫いも、ポケット付けも、ラペルの四つ止めも、「任せて!」と、心強い生徒さん、裾あげや、袖口の始末をおうちで進めて、釦ホール(外注)と釦付けを仕上げて、完成しました。生徒さん作品集2にアップ済みです。

ピークドラペルのテーラードジャケットです。難易度高いです~。おめでとうございます。
仮縫い無しで一気にしあげたので、完成して着用で、袖口が太いかなあ・・・。
次回は修正することにしました。

今回は、さっそく、その次回のジャケットです。早い~

【型入れ】
0728_008 
よく見えませんが、グレンチェックの織物です。
ミコ先生:「柄合わせは大丈夫ですか?」
生徒さん:「柄あわせ?」

【型入れ】
0728_011
生地をアイロンで整えました。ダブル巾の上側と下側の柄をていねいにあわせて、裁断台にひろげてから・・・・、さあ、型入れが今回の山場です。
後ろ中心の選び方、縫い合わせるパーツの横の柄あわせ、もちろん前中心の選びかた・・・。なんとか、できました。

【縫い代付け】
0728_010
縫い代無しの型紙だったので、チャコで縫い代をつけて、この日裁断を終える事ができました。


洋裁くらぶバナー 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。
Banner2_2 ←ランキングに参加しています。お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火)

リバーシブルギャザーハットの作り方・生徒さん

今日の目標~
リバーシブルハットを完成します!   ⇒⇒前回


【トップとサイドを接ぐ】
0728_003
上のほう、仕付けています。ブリムは縫いあがり済み。

【内側のサイドとブリムを接ぐ】
0728_004
リバーシブルの内側の方を先にブリムと接ぎます。

【表のトップも付ける】
0728_006
ブリムも全部中に入れ込んで、帽子の頭の部分を縫い合わせる感じです。

【ひっくり返し】
0728_007
内側のサイドの縫い残しから、帽子を全部取り出します。ほとんど取り出したところでした。

【完成!】
0728_009
口の綴じをしていませんが、着用してお帰りになれました。
ほぼ完成、おめでとうございます!!

↓↓型紙あります。


【シンプルブラウス】
0728_001
ブラウスも2着目です。釦の糸ループを覚えて頂きました。


洋裁くらぶバナー 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。
Banner2_2 ←ランキングに参加しています。お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

コットン裏地の夏スカート完成、ドレスのサテン練習、チェックの裁断・3人の生徒さん

午後の3人2時間半のコースです。
久しぶりに3人の生徒さんが揃いました。

♪お一人目の生徒さんは、コットン裏地の夏スカートを作成中でした。
裏地をつけて、ウエストの辺りを仕上げたらたぶんできあがって・・・前回のようすもご覧下さい。
【ウエストのゴムと共布ひも通し】
0723gogo_002
スカートの身頃の縫いをきれいに仕上げていらっしゃいました。
ミコ先生:「とてもきれいですね~」
ウエストには平ゴムのほかに共布紐を通します。
さっそく“紐”を裁断し、縫い上げました。ゴム通しを使って、まずゴムを通します。
「?」、いま思い出しましたが、まず、紐を通したほうがやりやすいですね、ごめんなさい。工程を間違えていました。
でも生徒さんに助けられました。お上手に完成しました。

【完成!】
0723gogo_004
やさしい雰囲気の生徒さんにこの花柄ボーダーのプリントとってもお似合いでした。
ほかの生徒さんとミコ先生:「可愛いい~」と、声が揃いました。
完成おめでとうございます。
左サイドバーの「生徒さん作品集2」にアップ済みです。

【次はピンタックブラウス】
0723gogo_009
本に載っている型紙を使います。お時間ぎりぎりでしたが、集中とスピードで写しました。
きれいに線が引けていますね。

次回に続く・・・です!楽しみ。



♪♪お二人目の生徒さんです。
年末目標にドレスを作成します。前回、広いテーブルで長いドレスの型紙の準備を済ませました。

【生地扱いの練習】
0723gogo_008_s
この素材になるかどうか未定ですが、どちらにしてもドレスのサテンなどの素材は、縫製が簡単ではありませんので、練習を兼ねて小さなブラウスを作成します。
ダーツにチャコで印をつけて、ていねいにていねいに正確にピンをうち・・・。

【後ろ身頃と前身頃】
0723gogo_008
真剣に、一箇所ずつ、しつけをかけています。


【仕付け】
0723gogo_007
目標がはっきり定まっているから、集中して、ていねいに正確に仕付けができました。
次回は、ドレスの素材を用意して、裁断をします。同時進行で縫いの練習も続けましょう。
初心者さんです。ドレスなんてすごい目標ですが、計画的に作ることで充分可能です。
でも、頑張らないとね!おけいこでサポートします。



♪♪♪3人目の生徒さんは、夏休みを早めにとられたので、とっても久しぶりでした。でもどんどん縫う方なので、前のブラウスなどは当然終わっています。前回のようすもご覧下さい。

【型紙の決定】
0723gogo_001
基本型は同じで、ノースリーブにします。
生徒さん:「どこをどう直したらいいのですか。」
ミコ先生:「身幅を1cm、上身頃を1cm・・・えーっと前回は・・・。」
生徒さん:「・・・・・。」
グレーディングは難しいですね。でも、やっぱりやってしまう、お上手な生徒さんです。

【片耳がレースのシーチング】
0723gogo_005
この素材を使うと、レースの位置が横地になるので、身頃のどこかに接ぎを作って、他は縦地を使いたいですね・・・。
※薄手シーチングは生地が不安定で横地はとても伸びやすいので、横地使いは避けましょう。

【チェックも用意済み】
0723gogo_010
今回はチェックを使うことにしました。柄あわせの勉強をしながら、柄を合わせて、ほぼ本番に近い粗裁ち中です。

次回は仕上げてくるのでしょうか・・・・。

 

洋裁くらぶ

バナー 洋裁loveな人 の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。
Banner2_2 ←ランキングに参加しています。お役に立ちましたらクリック お願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月27日 (日)

チュニジアの同僚へ技術移転?お仕事・マダムミコの日本料理会(その1)

チュニジアで料理しました。

チュニジア滞在2年間の予定の中で、大掛かりなのは、きっと一度になるだろうと想像していましたが、本当に、帰任前の断食期間(ラマダン)の直前に、ラストチャンスのその日は訪れました。
さかのぼる二年弱前に、同じ日本人の奥様方に、「ミコさん、そんな時は手伝うから言ってね!」と心強い言葉を頂いていましたので、二年間すっかり安心してあてにしていた私です。ところが、お願いの連絡をしたら、ラマダン前のラストチャンスの状況は皆さん全く同じ・・・やさしい断りの言葉とエールを頂きました。
がっかり・・・。いえ、ありがとうございます・・・。

それで、ひとりで、全部支度しました!!

【チュニジア人同僚とチュニジア友人のための日本料理の会(一部日本人)】
Img_1060_500_2 
イスラム圏です。アルコールを飲まないので、ワインの替りにミネラルウオーター。

何を作ったのか、ご紹介します。一回きりです。

【Namassu なます】
Img_1047_2
大根の替りに、パリの中華食材屋で仕入れた“パパイヤの乾物”を使ってみました。干し柿の替りは当地のレーズンを利用。

☆☆☆普通に好評「これ何?」


【Hijiki ひじきの煮物】
Img_1048_2   
日本食材の残り放出!同じくパリ(フランスですよ。)の食材屋で仕入れた“干ししいたけ”や“あぶらげ”を長期冷凍保存しておいたものと当地のニンジンなどと。

☆☆☆☆☆ 絶品発言多数・・・。万国共通の美味しさ?開眼です。


【Chirashi Zushi ちらし寿司】
Img_1049
日本購入ちらし寿司の“料理作成キット”を使用。在外日本人なら、いつもお世話になっているあれです。錦糸玉子は現地の鶏卵でマダムミコのお得意です!!

☆☆☆ 「ワオー、チラシズシ・・・。」とは言うものの、にぎりのほうが人気でした。

【Nigiri & Makizushi にぎりとまき寿司】
Img_1050
お得意ではないですが、必死で作りました。お魚の豊富なチュニジアですが、スーパーで柵で売っているわけではありません。マダムミコ一人では準備がしきれず、このにぎりはスモークサーモン利用しました。巻き寿司のかんぴょう美味しかったあ~~。二年間言われ続けた“すし”を作りました。

☆☆☆☆☆ 「セボ!きれい、セデリシューおいしい。」「ミコ!うそつき!あなた、すし作れるじゃない!」美しさとおいしさで完璧に人気ナンバーワンです。

料理の紹介の途中ですが、長くなりそうなので次回に続けます。

マダムミコ


洋裁くらぶ

バナー 洋裁loveな人 の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。
Banner2_2 ←ランキングに参加しています。お役に立ちましたらクリック お願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

夏休みのパリへ・チュニジアから

ある夏休み、チュニジアからパリへ出かけました。
やはり、夏休みのようなパリです。


【モンマルトルの生地街】
Img_0912_s
生地屋を撮っていませんが、サクレクール寺院の近くに生地屋(一般向け日暮里に似ています。)が並んだ通りがあります。服飾ミコ先生の調査先として必須なんです。


【広場の野外映画】
Img_0916_s
パリ市が市民のために無料で夏に催します。
市民のための背伸びしない“文化”の豊かさを感じます。
ワインやお弁当を用意して、夕暮れまで食べてお喋りして開幕を待ちます。そろそろ始まります。「・・・・フランス語・・・・・フランス語・・・・」。楽しい時間でした。


【休みの日のウィンドウ】
Img_0920_s
さあ、パリの街へ・・・。でもこの日は休日です。
でも、ミコ先生にはぴったりなんです。ショーウインドウをパチパチ撮影可能な日になるから・・・。

【手工芸】
Img_0920_b
手工芸というか、ミシンとアイデアの駆使ですが、とても気になるデザイナーでした。

マダムミコ


洋裁くらぶバナー 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。
Banner2_2 ←ランキングに参加しています。お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

初級カリキュラムシンプルブラウスの袖付け・生徒さん

月3回夜間のコースです。生徒募集中です。

♪初級カリキュラムを進行中の生徒さん、初心者さんですが、地道にしっかり進めて、本当にいろいろな事が上達しています。今回は袖付けが目標です。前回もごらんください。

【袖付けのピン打ち】
0722_001
シャツ袖は、縫い代を身頃側に倒す少し肩の落ちた“いせ”のない袖のことを言います。
このシャツ袖では、脇を縫う前に袖付けをしてしまいます。写真の下のほう、ピンをたくさん打っている様子が見えますね。合印とそのあいだを細かく打ちます。


【仕付けをしてミシン】         【ロックミシンとアイロン仕上げ】0722_004_2
袖つけミシンはカーブの違う袖ぐりと袖山を縫い合わせます身頃のほうを上にして縫うと、よりやりやすいと思います。1cmの印を見て、なだらかにカーブを切りましょう。ロックミシンと仕上げアイロンをして袖付け無事終了しました。


【前身頃・後ろ身頃・両袖つきました】
0722_003
四つのパーツが平らにつながったところです。左側が前身頃右側が後ろ身頃、写真の上下が袖になります。


【着用してみると】
0722_005 
脇縫いは、まだしていませんが、かぶってみました。衿ぐりと袖ぐりの感じいいですね~

宿題で脇縫いをしてきたら、次回はロックミシンから始めて、裾と袖口を仕上げます。前のループや釦をつけたら、完成しますね!7月中にできますね~

※↓↓↓どなたでもお使いになれるシンプルブラウスは、マダムミコ工房ショップにあります。


洋裁くらぶバナー 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。
Banner2_2 ←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

次は自分サイズのワンピース・トートバッグ完成・二人の生徒さん

週末の遅い午後のクラスです。この日はお二人でした。

♪お一人めの生徒さんです。
前回、ほぼ完成しましたが、おうちで釦をつけて、【完成!】。洗濯もして、きちんと縫われていることを家族にも証明したそうです~~~。前回のようすもご覧下さい。

【完成!】
Img_7875_2
極小サイズの生徒さんのブラウスをボディーに着せる事ができませんので、体にあてていただきました。左サイドバーの「生徒さん作品集2」にすでにアップ済みです。

さて、次の作品作りにかかりましょう~わくわく~。
【自分サイズのワンピース開始!】
Img_7881
手前の二つの素材が候補の生地です。薄いローンで作るか、比較的しっかりしたコットン刺繍レース生地で作るか・・・。型紙を作るときも生地のイメージが影響します。見ながら、どちらでも合いそうなゆるみやカーブを描きます。

※生徒さんの要望のデザインを、相談しながら原型を元に作図にしています。

【作図】
Img_7891
カーブルーラーの使い方も上手になって来ました。

【型紙 ソーイングパターン】
Img_7893
マダムミコ工房ショップで紹介している型紙をです。生徒さん、とてもある型紙に興味があります・・・。
生徒さん:「えっ?自分サイズのブルマーができるんですか?」
ミコ先生:「もちろんです。楽しいですよ~」

※ショップにある型紙は、S/M/Lの3サイズです。

♪♪お二人目の生徒さんです。
初級カリキュラムを始めたところで、リバーシブルのトートバッグを作成中です。
前回のようすもご覧下さい。



【ミシン縫い】
Img_7878
トートバッグの持ち手の紐をリバーシブルで縫い、両端をステッチで押さえます。持ち手を片方の口にミシンで仮付けしてから、二つの袋の口を合わせてぐるりと縫います。


【縫い合わせると】
Img_7884
二つの袋を縫い合わせると、こんな具合になります。脇の縫い残しの口から、袋をひっくり返したら・・・。

【ほぼ完成!】
Img_7892
突然、のように・・・、完成しています。袋の口にステッチを入れました。
裾の三角かどの縫い代をを留め合わせて、明きの口を“渡しまつり”でとじれば、本当に完成です。こちらの作品も左サイドバーの「生徒さん作品集1」にすでにアップ済みです。

おめでとうございます!!


洋裁くらぶバナー 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。
Banner2_2 ←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

袖口のイテコイ明き作成の生徒さんとベビーエプロンのバリエーションの生徒さん

月2回午後 お二人のコースです。

♪お一人目の生徒さんは、“きりび” “仮縫い”した、基本のブラウスの袖(長袖)を作成中です。前回のようすは・・・。この日の午前の様子です。

【袖口明きの小さな見返し】
0717_017
ごくごく、普通の原型サイズの長袖です。袖口はギャザーを多少入れて、カフスをつけるデザイン、基本の縫い方を完璧にマスターすれば、あとはらくらく~~。賢い考えです。

ヘアピンカーブにミシンで明きを縫いました。やっぱり芯地があったほうがよさそうなので、小さく、あとから接着しました。

【イテコイ明き】
0717_018
イテコイ明きといいます。
なぜって、へアピンカーブを“行って来い(戻る)”のようだからですって。ずーっと昔、先輩に聞きました。細い5mm縫い代を半分(2.5mm)に分けるハサミを入れたら、返しながら一気にコバステッチ(端ミシン)を掛けます。一気にステッチで押さえないと、ほつれる縫い代巾ですから、息を止めるように慎重に大胆に一気に・・・です。
生徒さん、ものすごくお上手にできました。さすが!完璧志向・・・。

【袖下の縫い代ロックミシン】
0717_014
袖下のミシンをかけたら、ロックミシンで縁カガリ始末をします。すごくほつれやすい生地なので、油断大敵です。
午前と午後と続けた生徒さん、毎回のポイントを押さえて、だいぶ進みましたね~。
次回に続きます。



♪♪お二人目の生徒さんです。
ここ数ヶ月、ベビーのよだれかけや、ミトン、などなど作成し続けて来ました。
そのわけは・・・、そうです!もうすぐママになるからなんです。気がついていましたね~
前回のようすもご覧下さい。


【ガーゼのパイピングテープ付けミシン】0717_016
この日までの、おけいこでは偶然なのですが、型紙を作ったり、裁断をしたりはしていたのですが、ミシンを踏んでいませんでした。出産前の最終回のおけいこです。急にミシンモードがかかったらしく・・・・。お仲間の生徒さんも応援して・・・・ミシン掛けがスタート。

動きやすい、ガーゼのパイピングテープです。

お仲間の生徒さん:「上手、上手、うまく縫えてるわよ~。。。。」
ご本人生徒さん:「楽し~い、ミシンって楽しいですね。」
ミコ先生    :「すみません、これまでお手伝いしすぎましたね~」

と、ちょっと可笑しな会話でした。


【メインは刺繍の小鳥やクマ】
0717_015
刺繍が全部仕上がって、どんどんテープをつけていきます。丸いところ自然に伸ばさず縮めず、カーブを切っていきましょう。

【紐位置のミシン縫い】
0717_019
衿ぐりから裁ち出した結び紐になるパイピングの端ミシンは、少々気を使います。

【ベビーのセット完成!!】
0717_021
どうですか?できました。こんなにいっぱいのママの愛情です。
何気ない配色なんですが、品があって小さな生きものたちの刺繍がとっても可愛いんです。(生徒さん作品集2にアップ済みです。)

健やかな赤ちゃんの誕生を心から願っています。

こちらのコースは、そんなわけで8月から生徒を募集しています。
ゆったり、マイペースの少人数コースです。ゆっくりでも、しっかりおけいこが身につきます。洋裁大好きさん、お待ちしています。


洋裁くらぶバナー 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。
Banner2_2 ←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

リバーシブルトートバッグの作成の生徒さんと基本のブラウス長袖の生徒さん

月2回お二人余裕のコースです。時間がゆったり流れています~。

♪初級カリキュラムと手縫いを並行している生徒さんです。
前回(←クリック)が初回でした。


【リバーシブルトートバッグ】
0717_009
持ち手紐をリバーシブルで縫っています(二種類の生地をあわせて)。縫い代に折りアイロンにかけたら、毎度おなじみ?のひっくり返しです。うまくいきました!


【アイロン】
0717_007
脇縫いをしたら、アイロンで縫い代を割ります。
ところで、初心者さんたちの“叫び”をまた聞きました。

初心者生徒さん:「楽し~い。」(ミシンを踏みながらです。)

※ミシンで布地を縫い合わせる行動は、人の脳に“楽しさ”を感じさせるようです。『洋裁くらぶ』の初心者生徒さんのデータより:マダムミコ


【手縫い】
0717_011
そして、手縫いも進めました。初心者の強みです。ゆびぬきを使ってちくちく基礎を固めましょう。次回は、ピンクションもできるといいですね。

※↓↓↓初級カリキュラムの型紙はマダムミコ工房ショップにあります。

 

♪♪お二人目の生徒さんです。前回の花柄の基本の半袖ブラウスの釦ホールが終わって完成しました。この回からは、前に裁断仮縫いを済ませた、同じ型のブラウスを長袖にして作成することにしました。

【もう縫っています。】
0717_012
仮縫い済みのブラウスですので、おうちでかなり進めていらっしゃいました。



【長袖の作図】
0717_006_2
半袖の型紙と原型を置いて、長袖の作図をしました。縫い代をつけています。
 

【長袖の裁断】
0717_010
さっそく出来上がった型紙を生地の上において、慎重に裁断をしています。
余分な生地がテーブルより垂れて引っぱられるので、ありったけの重石をテーブル端にのせています。

こちらの生徒さんは午後も続けます。


洋裁くらぶバナー 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。
Banner2_2 ←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

砂漠の織物

本日3連休の最終日も、とっても暑くなるようです。
明日からの平日にそなえて休養しましょう・・・。

久しぶりにチュニジアの自然編(そんなのあったかしら?)の中の織物編、やっぱり服飾ミコ。

【南部の織物キリム】
P3200071_350
羊やらくだの毛で織る平織りの織物です。伝統的な柄が多いようですね。
砂漠のオアシスのみやげ物屋の様子です。どれもこれも欲しくなってしまいます。


【生活の中のキリム】
P1010016_350
テントに使われる毛の織物です。これを“キリム”とよぶかどうかは、定かではありませんが、南部の景色の中のこのナチュラルなテントに自然な生活を思いました。

【サハラ砂漠】
P3200046_400_2 P3200044_400 
“砂漠”はご存知、砂の一粒一粒で出来上がったものです。
でも日本で見ていた砂と違って、サハラの“砂”って“粉”のようで“つぶ”などみえない、こまかい粒子でした。それも“赤い色の粉”です。

砂漠の景色は、“赤い粉”のような“砂”が風によって、時には立体的に、時には平面的に造形されたものなんです。抗いようのない自然に、むしろ素直な気持ちが沸き起こる、そんな“砂漠”に惹かれるマダムミコでした。

洋裁くらぶバナー 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。
Banner2_2 ←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

上海 松江の酔白池

いよいよ梅雨が明けました!
だからって・・・。暑い毎日を納得するだけですが・・・。

上海体育館から出ている高速バスに乗って松江を訪ねました。
“酔白池”というのは由緒ある大きな公園のような庭園です。

その中から涼しそうな蓮池の景色で、涼をとってくださいね。

【蓮池】
P7190011_2
これから花が本格的に咲きそうです。

P7190006_2 
角、角と曲がりくねった回廊がたくさんあります。角が多いほど、いいんだそうですよ。

P7190007 
蓮池で休憩して、竹林をゆっくり歩くと、こころもち涼しくなりました。

ある夏の休日でした。

マダムミコ

洋裁くらぶバナー 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。
Banner2_2 ←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

シンプルブラウス・肩縫いと衿ぐり作り・生徒さん

昨日、左サイドバーに、『洋裁くらぶ』の生徒さんの作品をアップしたことをお知らせしました。
びっくり!!
皆さん、ご自身の作品探しをしたのでしょうか・・・・。これまで一番のアクセス数でした。
おけいこで作成した作品ですので、ざくざく次々とはできませんが、それぞれ努力、苦心の作品ですものね。。。。。
生徒さん作品集 1『洋裁くらぶ』初級カリキュラムで作った作品です。
生徒さん作品集 2 その他の作品です。


さて、いつものように、おけいこの様子です。
月3回夜間のコースは定員3人ですが、まだ募集しています。

♪初級カリキュラムのシンプルブラウスの作成中の生徒さんです。手縫いの基礎から始め、根気よくあせらずカリキュラムを進めてきたら、気がつかないうちに、いろいろな事ができるようになりました。
継続は力なりです。生徒さんを見ていて、ミコ先生が納得してしまいます。前回のようすもごらんください。

【縫い代1cm巾のミシン縫い】
0717_001
肩縫いをしています。縫い代つきの、印無しの型紙を使って、1cm巾の縫い代でミシン縫いをします。ミシンの定規にあわせてまっすぐ縫うだけですが、なれる前は緊張したものですね。今はすいすい~~。

【ロックミシン】
0717_002s
ロックミシンも慣れました。ゆっくり~が、早く作るコツなんです。わかりますね?


【衿ぐりの見返し】
0717_003s
シンプルブラウスは、衿無しのデザインです。衿ぐりに細い見返しをつけて、地縫いし、5mm巾のステッチで仕上げるようになっています。
~地縫いをしています~

【衿ぐりの縫い代】
0717_004s 
衿ぐりのカーブのきついところは、縫いしろに細かく切り込みをいれます。それから、縫い代をアイロンで折ってから、表に返し、更に仕上げアイロンをかけましょう。

次回は、袖付けができそう!続きます。

※↓↓↓どなたでもお使いになれるシンプルブラウスは、マダムミコ工房ショップにあります。

洋裁くらぶバナー 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。
Banner2_2 ←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

『洋裁くらぶ』生徒さんの作品集・左サイドバーに!

左サイドバーを見てください~
『洋裁くらぶ』の生徒さんの作品をアップしました。


『洋裁くらぶ』初級カリキュラムで作った 生徒さん作品集 1
その他の 生徒さん作品集 2 です。

これまで、『洋裁くらぶ』のホームページに“生徒さんのコレクション”として順次アップする計画をしていましたが、これがなかなか進みません。すみません。

でも!ブログの画像コーナー作りはとっても簡単でした。
早く気が着けばよかったですね~。

お知らせでした。

マダムミコ

洋裁くらぶバナー 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。
Banner2_2 ←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

ピークドラペルのテーラードジャケット作成中・生徒さん

午後の月3回3人のコースです。生徒募集中!洋裁大好きさん、ぜひいらしゃって下さい、とっても楽しいクラスです。

♪今回はお一人でした。
細くとんがったラペルの衿先が難しい本格的なテーラードカラーのジャケットを作成中です。前回、謎に包まれた(?)四つ止めを覚えて感激の生徒さんでした。ミコ先生も満足!四つ止めでしっかり止まっているので衿まわりのミシンも無事終わっています。

衿を表にきれいに返すところから始めました。
【上衿の綴じミシン】
0714_001
ラペルの衿先や、上衿の衿角、すべてうまくいきました。善は急げ~~。

生徒さん:「先生、今日できますか?」
ミコ先生:「できるかもしれません・・。がんばりましょう!」
ということで、早く仕上がるよう、ミシンでできるところは、手作業はやめ、ミシン縫いにしました。上衿内側を縫い付けているとこです。

【袖付け仕付け】
0714_003
仮縫い無しで進めているジャケットなので、袖付けの前に、ピンで表から留めて着用して確かめています。合い印を付け直して、ていねいにしつけとピンを打ち、ていねいにするところはていねいに・・・、袖付けの準備完了。


【袖付けミシン】
0714_002
1cmの縫い代でぐるっと縫うだけです。
縫い代付きの型紙をきちんと作れば、縫いの工程は、本当に楽なんです。こちらの生徒さん、ミシンがお上手です。

遅ればせながら・・・・。
【ピークドラペル(剣衿先)】
0714_005
写真がぶれてしまいました。本当にきれいにできたんです。


【釦位置の確認】
0714_004 
生徒さん:「素敵だわ~~。」
ミコ先生:「本当にきれいにできましたね。」

釦は仮の物です。位置だけ見ています。
次回は完成しますね。

洋裁くらぶバナー 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。
Banner2_2 ←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

胸ポケット付きのシンプルブラウス・台衿付きのシャツカラー・二人の生徒さん

午前月3回3人のコースです。お一人生徒募集中です。

♪お一人目の生徒さん、シンプルブラウス再びと言うことで、初級カリキュラムのシンプルブラウスの二度目の作成中です。

さすが、ミシンの踏み方も、作業の手順もなれて順調に進んでいます。前回袖付けを終えました。ステッチも仕上げて、今回は、プラスアルファーと言うことで・・・・。

【胸ポケットはオリジナル】
0714_001_2
胸ポケットをつけます。

【オリジナルロゴ作成中???】
0714_004_2
ポケットに挟み込む予定。こんな小さなパーツの端ミシンを足踏みミシンでできるようになった、かつての初心者さんです。継続は力なりですね。

【ポケット完成!!】
0714_006
エコエプロンのポケットの付け方、思い出してくださいね!
ロゴ?生地端の文字をうまく利用しました。



【帽子も同時に作成】
Img_7805
共布で作成中のリバーシブルハットも忘れていません、ブリムの端をぐるりと縫っているところ、カーブを切るのがうまくなりました。
次回は、ブラウスが完成、たぶんハットも、そして、ドルマンブララウスの裁断に入れるかなっというところです。続きます。

シンプルブラウスやリバーシブルハットの型紙ソーイングパターン販売中です。

♪♪もう一人の生徒さんです。
白いシャツブラウスを作成中です。前回、ケンボロができて、シャツ衿のとんがった角つくりもうまく行きました。

【前端のステッチ】
Img_7806
表裏のない生地を使用していますので、裁ち出しの前端をぐるりと表に折り返してそのまま前立てに見せかけます。


【シャツ衿の台衿作り】
Img_7810
台衿の丸みを縫ったところです。カーブをきれいにつくるために、画像のように、縫い代を切り落とします。

【上衿と台衿接ぎ】
Img_7812
上衿の周りには、端ミシン(コバステッチ)をかけています。台衿の丸みもうまくできました。

【台衿付きシャツカラーのパーツ完成!】

Img_7813
替えカラーのように、衿が出来上がりました。
とっても、きれいですね。次は身頃につけましょう。

次回に続きます。

洋裁くらぶバナー 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。
Banner2_2 ←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

シンプルブラウス続々、次は基本のブラウス

月に数回、台東区の生涯学習センターの学習室を借りて、サークル勉強会「洋服の型紙作り」を開催しています。

6月はシンプルブラウスの型紙をやっていました。そして7月になって、シンプルだから、みなさん次々と仕上げて・・・・。

【帽子とおそろい】
0704_003
着ているブラウスはシンプルブラウスです。表裏の両面使いのコットンでした。濃いプリントがくっきりのほうで、チューリップ型のハットを作っていらっしゃいました。
とってもいいアイデアですね。


【ナチュラルハーブ系のプリント】
0704_004
一気に仕上がる方なのですが、ちょっとゆっくりめに作成して頂きました。
きれいな縫製なんです。この方の着ているブラウスは、着物のリメイクだそうです。とっても素敵なチュニックでした。リメイクは、物を大切にする心が感じられて本当に好きです。


【可憐な小花柄プリント】
0704_005
優しい穏やかな柄です。あわせるボトムの色の範囲が広くなりそう・・・、きっとしょっちゅう着るブラウスになりますね!
※どなたでもお使いになれるシンプルブラウスはマダムミコ工房ショップにあります。↓↓↓



シンプルブラウスはなんと言ってもシンプル、ですから特に問題もなく進みました。それでこの回は新しい型紙をスタートしました。

【原型補正のための基本のブラウス】
0704_006
1/5作図で研究中・・・。
型紙サークル、どんどんおしゃれな型紙をひいて洋服を増やしていくのも一案ですが、ここに集まった皆さんは、“型紙”に少なくとも興味を惹かれた方々です。
そして、サポートできる、私がいます。
基本をマスターするのが一番お得では?っと考えました。

次回から、原型を検証できるブラウスの型紙を作成し、徹底的にご自身の体型に迫ります~~!!!

では、次回もお楽しみに!

洋裁くらぶバナー 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。
Banner2_2 ←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

Stagiaire Najla 11.立体裁断研修の総仕上げ・飾りつけ

コレクションが完成し今回が最終回になります。

専門学校の学生だったナジラが、日本人のマダムミコに立体裁断研修を申し出たのは、この日をさかのぼること半年くらい前でした。本当にやる気があるのかなあ・・と半信半疑で始まった研修は、この研修の前に7回に分けて立体裁断基礎編応用ブラウスでご紹介しています。

その後、マダムミコの帰任2ヶ月前に、約束どおり現れたナジラと、実質32日間のおもいがけない使命感研修がスタートしました。ナジラとの出会いのようすは、こちらに詳しく書いています。


前回 10.縫製の仕上げのようすに続けて最終回のようすをご覧下さい。

テーマ:国営航空のスチュワーデスの制服
※このテーマは、所属先のチュニジア繊維技術センターから指示されたものです。


第11回目【最終日40日目】飾り付け展示のようすをご覧下さい。

【マネキンに着せつけ】
Img_1296s
真剣なまなざしのナジラです。右胸にはチュニジアの航空会社のロゴも縫い付けました。

【ストールの準備】
Img_1303
衿元にストールを巻きつけます。

【衿元のストールを結ぶ】
Img_1304
イスラムの女性はストール使いに手馴れています。


【コレクションの出来上がり】
Img_1308
ナジラの小さなブースです。航空会社のスチュワーデスの制服の提案が飾られました。かたわらのボディーには立体裁断したシーチング(立体裁断に使うみざらし木綿)も展示しました。そして、その間には、立体裁断の工程を簡素化して、私が表現してみました。

【完成!ナジラのブース】
Img_1305_400   
ナジラに敬意を表して、大きな画像でご紹介します。

私は、これまでの工程中、時間を見つけてすこしづつ、パワーポイントや書類にこの研修をまとめていました。飾り付けの画像を最後に加えて、この日の夜パワーポイントを仕上げました。本当にぎりぎりでした。実は、この翌日が私の2年間の活動の報告会の日だったのでした。ナジラとの研修は、二年間のたった合計3ヶ月でしたが、この3ヶ月のために、私は2年間のチュニジアでの技術移転の時間を過ごしたと言っても過言ではない、というような気がします。各国のコラボレーションによる技術移転は容易ではありません、まして即効性への期待はしにくいものですが、ナジラのような研修生に出会えた事は、技術移転への希望を示しています。

私は、ナジラにも研修の様子をまとめたパワーポイントを贈りました。可笑しいのは、その中身のフランス語はつたない私のフランス語を聞きながら、彼女自身が翻訳したものです。この飾り付けの日から6日後に、私は二年間を過ごしたチュニジアを離れました。

11回に分けてご紹介した、ナジラとの研修のようすはこれで終わりです。
チュニジアといえば、一度だけチュニジア人のために(日本人のためでなく)日本料理の会を催しました。

同僚:「ミコ、あなたは、日本人だからSushiが作れるでしょう?作ってごちそうしてください!」
マダムミコ:「いいえ、作れません。日本人でも作れる人と作れない人がいま~す。残念でした!」

そんな会話を2年間続けて来ましたが、「マダムミコ」、やる時はやる!ということで、次回は、マダムミコの日本料理?の腕前とパーティーの様子をご紹介します。そう言えば、カンボジアでも2年に一回でした・・・・。

洋裁くらぶバナー 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。
Banner2_2 ←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

雪景色から珍珠滝まで・中国

本日も30度を越えるとか・・・・。
ふっーう、暑いですね。季節の変り目がむずかしいです。
麦茶~水出し緑茶~、とかわりばんこに飲んでいます。

この週末は、洋裁をひとやすみして、涼しい景色を探しました。


ある秋の国慶節の休暇に、ローカル(中国人向け安い)ツアーで九塞溝に旅しました。
Pa040046s_2
「さあ、景色を楽しんでください!」と、峠辺りでバスをとめてくれます。まだ秋だったのですが、標高の高い山道の途中の景色は山水画そのものでした。うっ~寒かった。

九塞溝には、幾つもの滝景色があります。そのなかでもこの“珍珠滝”は圧巻です。
【珍珠滝】
Pa030040s
ナイアガラの滝を見た事がありますが、原始森の中にある、珍珠滝の美しさとスケールの大きさは、感動的でした。

※九塞溝は、先日大きな地震の被害を受けた四川省にあります。幸いこの世界遺産の地域の被害は少なかったようで、そろそろ観光が再開されるようです。

梅雨はまだ明けない?

マダムミコ

洋裁くらぶバナー 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。
Banner2_2 ←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

水郷烏鎮

まだ梅雨明けしてないでしょうか?
テレビもラジオもネットでも確かめていませんが(朝)、どうも今日は暑そうですね。

カンボジアの新着が少しあるので、今(昼)、洗い作業をしています。

本日のブログは~~

しばらく中国のことを書いていませんでした。
2006年の年末に行って以来ずーっと行ってないし、自分のことにわくわくな中国の友人達が、頻繁に訪れる事がない、私のためにニュースをくれないし・・・。
ということで、懐かしい写真から、少しだけ涼しそうな景色を一枚。

P1040001
上海体育館から、いろいろなバスが出ていますが、そのバスに乗り、ある寒い冬に水郷の町“烏鎮”に、行きました。指先も、ほっぺも、頭もすべてが凍えるように寒い日でした。もちろんダウンコートを着ていましたが・・・。


もう一枚。
P1040014
曲技の準備のようです。広場で長い細い木を登っていました。(記憶が定かでないですが、上に上っていました。でも今見ると、木?では細すぎ・・・でも空に向かって・・・???)バスの出発の時間が近づき、演技は見なかったのですが、冷やりとしませんか?

マダムミコ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

“ドレスとジャケット”アンサンブルの型紙を作りました!生徒さん

3人のコースです。

お二人がお休みだったので、作業台いっぱいに型紙を広げて、ドレスの長い型紙を作るチャンス!です。

♪ドレスを作る計画の生徒さん
とても形のいいデザインの型紙を見つけたとのこと、型紙はそのまま使うことにしました。

【ドレスの型紙を写す】
Img_7794
長いドレスです。型紙をメンディングテープで貼り合わせて、寸法を確認してから、大きなテーブルに広げて開始しました。写すだけ(長い部分は指示に沿って書き足します。)なのに、この作業けっこう大変です。


【ジャケットの型紙は、縫代をつけてカット】
Img_7798
アンサンブル用のジャケットの型紙も、形がいいのを上手に見つけてきた生徒さん。グレーディングの線がたくさん入っています。生徒さんのサイズを探して、縫代を付けてすぐ裁断ができるようにカットしました。


【裁断???】
Img_7799
ドレスの裁断ではありません。とろ~ん、つるつるした布地です。
実は、初心者さんの生徒さん。簡単にドレス作成にはかかれません。少し練習をすることにしました。同じ布で小さなブラウスを作りながら、縫製の練習をします。そのブラウスの裁断をしています。この日はブラウスの裁断まで進みました。

【初心者さんのピンクション完成!】
Img_7800
おけいこ3回目でドレス作成にかかった生徒さんは初心者さんです。
前回、途中までだった“手縫いのピンクッション”を仕上げて持って来ました。
よくできました。

次回も続きます。

洋裁くらぶバナー 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。
Banner2_2 ←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

初級カリキュラムのシンプルブラウス・和服のリメイクジャケット・リバティプリントのスカート・生徒さん

午前月2回3人のコースです。久しぶりに3人揃いました。

♪久しぶりの生徒さんは、初級カリキュラムの“シンプルブラウス”を作成中です。
シンプルブラウスの型紙はマダムミコ工房ショップにあります。

【袖付けのピン打ち】
0708_004
シャツ袖仕立てでは、袖付けをしてから、袖下と脇を続けて縫いあわせます。まず袖付けです。合印をあわせて、間を待ち針でとめていきます。

【途中アイロン】
Img_7788
袖つけミシンと縫代カガリのロックミシンが終わりました。袖付けの縫代を整えながら、縫代を身頃側にていねいに倒します。ていねいな作業の生徒さん。間違いがないです。
このあと、袖ぐりのステッチをかけ、脇を縫って・・・、その前に襟ぐりを仕上げます。

次回は襟ぐりの仕立てですね。


♪♪お二人目の生徒さんは、和服のリメイクジャケットを作成中です。“型紙”“きりび”“仮縫い”、ていねいな仕上げを目標にじっくり作っています。

【釦の布ループ】
0708_003
かなりアップの写真です。釦付けの共布ループを作成しています。正バイヤスを二つ折りにして、生地に合わせて6mmくらいの巾で縫って頂きました。


【共布ループのひっくり返し】
0708_005
ひっくり返しの頭が出て来たら、こっちのもの??、あとはスルスルと動かしましょう。引っぱる感覚ではなく、ずらすことを意識するとうまく行きます。


【完成間近!!】
Img_7787
前回作ったポケットをピンで留めました。アシンメトリの前端には、この日作った共布ループがついています。

次回に続きます。



♪♪♪三人目の生徒さんです。リバティーの綿ローンプリントでスカートを作成中です。

【コンシールファスナーの引き上げ】
0708_001
コンシールファスナー付け、難しいですか?
いいえ、とっても簡単です。止まりの下は2~3cmの隙間を作るようにしましょう。ミシンはファスナーの明き止まりできっちり縫い止めます。それ以上縫っては駄目。
この隙間からファスナーの引き手を引き出して・・・・。

【ファスナーの引き手を引くと・・・】
0708_002
引き手を出したら、一気に引き上げます。そうするとファスナー付けが終わっていますよ。試してみてください。ちょっとコツを覚えれば、これが一番。
留めの金具をファスナーどまりに移動して、小さなペンチなどで留めます。

【ベルト布付け】
0708_006
ミシンで縫い合わせています。

【ほぼ完成!!】
Img_7790
こちらもほぼ完成ですね!次回はウエストのゴム部分の仕上げをしましょう。

洋裁くらぶバナー 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。
Banner2_2 ←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

シャツブラウスの衿先作り・テーラードの四つ止め・午前と午後

この日は、午前、午後とも、それぞれのコースの生徒さんがお一人だけでした。


♪午前の生徒さんは、白いシャツブラウスを作成中です。前回の様子もご覧下さい。
シャツブラウスには、洋裁のパーツ作成の技術がいろいろ必要ですので、一つひとつ覚えていただいています。

【左袖口のケンボロ】
Img_7758
前回は右袖のケンボロを作りました。今回は左袖のケンボロです。対称に作ればいいのですが、考えるとむずかしい・・・。
生徒さん:「むずかしいですね~。」
ミコ先生:「できましたね!」

【シャツ衿のとんがった衿先】
Img_7760
薄くて柔らかい生地なので、助けられます。縫代のとんがりは大まかにはカットしていますが、衿先の細くとんがった隙間に、残りの縫代を全部おりこみます。容易ではありません。

【衿先とんがりのひっくり返し】
Img_7764
アイロンで縫代をきれいに折って、そのままの状態を保って・・・折り返します。
そのままの状態・・・です。ひっくり返しながらぐちゃぐちゃにならないように・・・です。
慎重に~

【上衿の出来上がり】
Img_7765
衿先が仕上がり、台衿とあわせるところです。左右のケンボロも完成! 部分、部分を仕上げて、くっつけるとすっきりとした服作りができます。
次回も続きます。



♪♪午後の生徒さんです。本格的な剣衿(とんがった衿ですね~午後も・・・)のテーラードジャケットを作成中です。前回のようすもごらんください。

【表衿とみかえし】
Img_7766
テーラードジャケットの衿は、こうなっています。前身頃につく見返しが、表のラペルになって、上衿に続きます。最初にこうやって接いでおきます。部分、部分を作成していきます。

【四つ止めのポイントの糸を渡す】
Img_7769
この日の、ポイントは“四つ止め”です。テーラード衿の上衿とラペルの止まり位置はを表側の止まりと下側の止まりを正確にあわせないと、きれいにはできません。「上衿」と「表ラペル」、「地衿」と「下側の身頃」、この四箇所を一点で結ぶのが、“四つ止め”です。
糸を渡して~。

【四つ止め完成!】
Img_7771
キュッと引っ張って結びます。これで表側と下側の縫いが楽にできます。



【試着】~生徒さん~

Img_7772
袖もピンで留めただけ、衿の返しもまだです。でも試着しました~
ハットも作ろうかしら~~。テーラードジャケットの形が見えてくると、俄然やる気が出ます。渋い色合いのジャケットは、色白の生徒さんが着ると、とっても品のいい素敵な色合いになります。(帽子はマダムミコの私物です。)

次回に続きます。

リバーシブルハットの型紙は、マダムミ工房ショップで販売しています。

洋裁くらぶバナー 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。
Banner2_2 ←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

シンプルベスト作成中・自分サイズのブラウス完成・久しぶりの洋裁トートバッグ開始・3人の生徒さん

週末の遅い午後、月2回3人のコースです。

♪お一人目の生徒さん、先日はお休みされたので、お久しぶりでした。
初級カリキュラムを進めています。ベストの裁断や芯張りが済んでいました。
それに宿題もきっちりこなし、前後の身頃をぬいあわせ済みです。とってもきれい!

前回
のようすもご覧下さい。

【縫代の折り返し】
0705_004_2
前見返し付けから開始しました。
ピンうちをていねいにして、1cmの縫代でぐるりと縫います。
次に、写真のように縫い目の山をキセを持たせずきっちりアイロンで折りましょう。

【後ろ中心の接ぎミシン】
0705_008_2 
次には後ろ中心接ぎをしました。これで、ベストの形ができたはずです。とっても仕事のていねいで、きれいな仕上がりの生徒さんです。

【襟ぐり、前端、裾、ぐるりと仕付け】
0705_012_2
縫代をアイロンできれいに折ったあと、ひっくり返し、表から仕上げアイロンをかけました。衿ぐりも前端も裾もアイロンで整えてから、しつけで留めます。
ぐるりステッチをかければベストの外回りは仕上がりです。
次回は袖ぐり見返しをつけましょう。順調に進んでいます。

♪♪お二人目の生徒さんです。自分サイズの初めてのブラウス作りです。原型から作図し、縫代付きの型紙を作って、順序よく、根気よく進めています。いよいよ~できる~。前回のようすもご覧下さい。

【袖付けミシン】
0705_001_2
しつけまで終わっていました。この回はミシンですね!ぐし縫いのいせこみをうまく入れ込みながら、ていねいにゆっくりミシンが、進みます。すごく真剣です。

【釦ホールと釦位置の印し付け】
0705_010_3
袖付けが無事できて、ほっと。もうすぐです!

【ほとんど完成!】
0705_006

釦付けの間隔を見るために試着しました!
初めて作った、自分のブラウスです。じわーっと喜びが沸いてくるようです・・・。
生徒さん:「う・れ・し・い・・・・。」
小柄な生徒さん、とっても可愛いんです。皆さん声が揃ってしまいました。
みんな:「可愛い!!!」、ほぼ完成(次回、画像予定)おめでとうございます!!!


♪♪♪三人目の生徒さんは、この日が初回でした。
生徒さん:「久しぶりの洋裁です。」
ミコ先生:「ゆっくり、進めましょうね。」

いろいろこれまで縫ったこともあるのですが、基本からスタートすることにしました。
【リバーシブルトートバッグの裁断】
0705_002_2
初級カリキュラムのトートバッグの裁断です。あらためて、ハサミのしくみを覚えました。正確に切るってあんがい難しいんですね~~。
トートバッグの型紙はマダムミコ工房ショップで販売中です。

【縫製の準備】
0705_007_2
リバーシブルの別布や、持ち手の布も裁断終了!柄位置を考慮したりしていると、裁断にもそれなりに時間がかかります。ゆっくりがいいですよ。

【ミシン開始】
0705_009_2
縫代付きの型紙を使って、布地への印無しでミシンをかけています。初級カリキュラムを進めている生徒さんにはおなじみの方法ですが、以前に裁縫をされた方には、印無しは少し不安なよう、でも大丈夫です、、ミシンのサイドにあるものさしにあわせれば、あっという間に縫いあがってしまいます。

次回も続きます。

洋裁くらぶバナー 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。
Banner2_2 ←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

型紙たくさんアップしました!・マダムミコ

先週やっていたことは、工房ショップにアップする型紙の仕様書や絵型などなど・・・。
昨晩までに7型追加できました!
~~~。。。
トップページまでは、まだ更新できずそのままなので、ここでご紹介します!
おもいきり宣伝です。
※ブログの方が、私には簡単~

P8a_2
前ギャザーフレンチ カシュクールのノースリーブもアップしました。

P13a
ユニセックスなロングシャツチュニック、ホームウエアでも外着でも・・・
これにあわせるとぴったりな、8分丈ホームパンツもお薦めです!

P16b 
なんと言っても!ブルマー・・・。


今回のおすすめポイントは、アットホームな型紙!家でくつろげて楽しいかっこいい、幸せ~。
自分で作る“マイショーツ”もあります。
ショーツや、ブルマーは、暖めていた型紙で、実はマダムミコの得意です。

他に、リバーシブルハットもアップしました。

本日は洋裁くらぶの日ですので、これから支度します。

洋裁くらぶバナー 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。
Banner2_2 ←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

シルクは自由自在・マダムミコ ストール遊び

暑いけど、冷房やら扇風機の風やらで、いやーな寒さ・・・。
本当に、この季節はにがてです。

ネックレスも軽いものがいいのですが・・・、それも耐えられない時、私はシルクストールをくるくる細く巻き込んで、ストールネックレスにしてしまいます。細くすれば暑くないし軽くて本当に楽です。もちろん、適度な温度調節ができて、「おしゃれ」がキーワードです。
マダムミコ工房のストール↓↓↓

Yonnsyokummemiko_2


このストールは、本当はこんなにふんわり大判です!
02c

華やか過ぎて難しそうな色合いに見えますが、実はどの色とも相性がいいんです。

シルクのアクセサリーだと思っています。

お気に入りで、ちょっと遊びました。
今日中に、型紙 ソーイングパターンを追加しなくちゃ。。。。

マダムミコ

洋裁くらぶバナー 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。
Banner2_2 ←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

Stagiaire Najla 10.立体裁断・縫製の完成

マダムミコのチュニジア時代、チュニジア人研修生ナジラとの40日の研修の様子です。
前回9.では、“縫製”の期間一週間の後半の様子をご紹介しました。今回と次回の全11回でこのシリーズは終了します。

いよいよ、コレクションの完成も近づいて、ナジラとの研修期間も残り少なくなってきました。コレクションの完成はほぼマダムミコの帰任と同時の予定です。
それ以上早くなることは望めず、願わくば遅くならないように・・・・。

テーマ:国営航空のスチュワーデスの制服
※このテーマは、所属先のチュニジア繊維技術センターから指示されたものです。

第10回目【38日目~39日目】縫製の仕上げのようすをご覧下さい。



【スカートの縫製】
Img_12671
ジャケットの仕上がりが見えてきたので、スカートにかかりました。スカートも裏付きですが、ジャケットの工程に比べると1/3以下の内容です。プロになるなら、あっという間にきれいに仕上げなくては・・・。真剣です。どんどん上手になっていきました。

【協力隊員がウエストの芯地を接着】

Img_1269ss
青年海外協力隊員って聞いたことありますか?
マダムミコも14年前のカンボジアで協力隊員でした。このチュニジアにもたくさんの日本の若者がボランティアで様々な活動をしています。ナジラとの研修の様子を見学にマハディアという地方都市で活動をしている若い友人が訪ねてくれました。
彼女は服飾の仕事ではないのですが、洋服を作る趣味があり、自作の洋服をよく着ていました。この日はプレスのお手伝いを買って出てくれました。
協力隊員って、現地の言葉がぺらぺらなので、ナジラや他の同僚達とのコミュニュケーションが簡単!うらやましくって、助かって、嬉しいひとときでした。
Aさん、ありがとう!

【スカートの仕上げ】
Img_1273ss
ミシンの作業が終わり、この日はオフィスです。もう作品が出来上がる頃、マダムの貫禄の装いのナジラです。

【スカートの完成】
Img_1275s_2
できました!
ウエストのヨークとプリーツの向こう側の布が同じパープルカラーです。左ポケット口にはジャケットの肩とおそろいのブレードをつけています。

【ジャケットの完成】
Img_1278ss
ジャケットも裏地のまとめなど終えて、こんなふうにしっかり仕上がりました。
後は、ボタンホールとボタン付けです。ボタンホールの手穴カガリは、密なスケジュールにはまらないので、マダムミコがサポートし作成しました。

【チュニジア人の先生】
10_2_2
トレボ!(美しい)トレトレビアン(とって~もステキ)っと、他の学生達の研修をしている先生(男性)が絶賛してくれました。他にもいろいろ言ってくれたんですけど、仏語なのでね~。

【完成!!】
Img_1288
マダムミコの帰任までの、決まった期間2ヶ月の間に仕上げる事が命題でした。
2ヶ月間の勤務日は40日です。ナジラは学生なので学校に行かなければ行けない日があり、残る実質32日(シリーズは40日間でご紹介しています。)で、スケジュールをこなしました。私は本当に幸運にもすばらしい研修生と出会う事ができました。

次回の最終回はチュニジアの繊維センターの展示場での飾り付けのようすをご紹介します。お楽しみに! 

洋裁くらぶバナー 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。
Banner2_2 ←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

基本のブラウス完璧な仕立て・ベビーのよだれかけやミトン

午後月2回2時間半お二人のコースです。

♪お一人目の生徒さんは、午前の続きです。
【手カガリのボタンホールの完成】
01pm
さすがの出来上がりです。とってもきれいです。

【穴カガリの最後の糸】
02pm
ホールの裏側で糸に通して、切ります。

【ボタン付けて完成!】
03pm
ボタン付けって簡単ですけど、やっぱり基本があります。1~2個練習して、後はおうちで完成させることにしました。ボディーに着せ付けて、完璧なブラウスがほぼ完成!!おめでとうございます。この次は、完璧な長袖ブラウスの作成が始まります。

♪♪午後のもうお一人の生徒さんです。
前回は、ベビーミトンのとっても小さなパターンや、ためし縫い、それにエプロン(よだれかけ)に刺繍などしました。
【クマの刺繍完成】
04pm
前回、刺し始めたクマの刺繍です。ピンクのよだれかけを加えて完成!図案は生徒さんのオリジナルです。ところで、“クマ”です。ミコ先生、前回のご紹介で、ずーっと“たぬき”と書いていました。う~~ん、ごめんなさい。もうすでに直しましたが、この回のおけいこで、「クマ?」っと聞いてしまいました。

【小鳥と四葉のクローバー】
05pm

グリーンの糸で、四つの花びら・・・・??
生徒さん:「先生、花びらではなく四葉です!」
このあと、飛んでいる小鳥にもピンクのエプロンが風にそよいでるように描かれました。
うまいなあ~~。

【ベビーミトン二足】
08pm
ミコ先生との共同作業です。左は生徒さんの裁断、右はミコ先生がロックミシンをつなげてかけたところです。生徒さんが持ち上げて、モビールみたい~~。みんなこうやって遊びます。

洋裁くらぶバナー 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。
Banner2_2 ←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

リバーシブルトートバッグや手縫いの基礎・手穴カガリのボタンホール・二人の生徒さん

午前月2回お二人のコースです。この回から新しい生徒さんが来てくださいました。

♪初回の生徒さんです。ちょっと緊張されているこの雰囲気伝わりますね~。

【リバーシブルトートバッグの二種類のコットン】
01am
初心者さんということで、初級カリキュラムや手縫いの基礎を進めながら、様子をみることにしました。初回はトートバッグから始めます。

【裁断】
02am
お道具の説明など、ざっとすませ、さあ裁断です。
生徒さん:「切っていいんですか?」
ミコ先生:「はい、切ってみましょう。」
徐々にすべきこともありますが、時には、“切る”しかないことも・・・。
大丈夫です。ハサミのしくみ、切り方のポイント、安全な裁断・・・。網羅しています。

※リバーシブルトートバッグの「型紙ソーイングパターン」は、マダムミコ工房ショップにあります。

【手縫いの基礎 ・ 普通まつり】
03am_4
やさしいお母さんです。お子様の繕い物をしたいんだそうです。基本の習得もしましょう。

【止まりの糸留め】
04am
始まりの糸留めや、終わりの糸留めは、縫い目の中に隠します。キワより内側で玉を作り、縫代の中に引き込みます。
あっという間の2時間半でした。次回もミシンと手縫いの基礎と並行して進めます

♪♪午前のお二人コースで、以前からおけいこを続けている生徒さんです。
  前回から、手かがりのボタンホールに挑戦してみました。

【ボタンホールが一面】
05am
刺繍のように、布地一面にボタンホールが咲きました!
刺繍のお得意な生徒さんは、すっかり手カガリのボタンホールにはまっています。

【ホール位置のミシン】
06am
ホールの位置に、あらかじめ細かい針目で地縫いミシンをします。

【手穴カガリ中】
07am
練習は充分です。さあ本番開始・・・・。
午後のコースへ続きます。

洋裁くらぶバナー 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。
Banner2_2 ←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

麻の裏無しテーラードジャケット好調作成中・生徒さん

月3回午後のコースです。3人のコースでお一人募集中です。
この回は、お一人がご都合がありお休みされたので、たったお一人で進めました。

♪麻の裏無しテーラードジャケットを作成中の生徒さんです。前回のようすもご覧下さい。
さて、前回は、切り替えの接ぎなどをミシンで進めました。
今回は、まだ裁断していなかったパーツの裁断から始めます。

【衿と見返しの裁断】
Pm_001
麻は比較的硬めの生地になります。ちょっと力がいります。小さなパーツは縫代つきの型紙に仕上げたので、その通り裁断するだけ!地の目に注意しましょう。

【接着芯地の裁断】
Pm_002
テーラードジャケットには芯地使いが重要です。芯地の裁断中。そしてこの後は、芯地をアイロンで接着しました。

【ポケット作りとポケット付けミシン】
Pm_003
ミシン縫いの大好きな生徒さんです。お一人なので、ミコ先生も作成に参加しました。生徒さんはミシン、ミコ先生は裏方作業~~。アウトポケットがうまく付きました。


【見返しと表衿を縫い合わせる】
Pm_005
表上衿とラペルになる前見返しを接ぎます。短い距離ですが、この縫いがテーラードジャケットの一番目立つ部分なります。

静かに(3人の時は終始おしゃべり??)黙々と進めたお時間でした。
生徒さん:「先生、今日できなかったですね・・・。」
ミコ先生:「ごめんなさい、お一人だから進むかなあと思って・・・。」
・・・という具合に力の入っていたおけいこの時間でした。

【手作りつながり】
Pm_006 生徒さん作成の携帯ケースや小物入れ、あっという間に作るらしいです。ミシン刺繍が入っていて可愛いんです。ビジネスウーマンの憩いのひとときですね。

洋裁くらぶバナー 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。
Banner2_2 ←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

シャツ袖口のケンボロ明き作成・シンプルブラウス作成・二人の生徒さん

午前月3回3人のコースです。お一人生徒募集中です。

♪お一人目の生徒さんは、前回シャツブラウスの型紙を仕上げました。おうちで裁断をすませ、少し縫い始めています。いつも早い生徒さんです。前回もどうぞご覧下さい。


【袖口のケンボロ仕付けしてみる】
Am_004
ケンボロは、袖口の前立てのようなものです。いろいろな作り方がありますが、最初は表裏が全く同じ見え方になる仕立てでやってみます。ミシンで縫いながらだと、しくみが難しいようなので、仕付けで仕上げてみました。

【ケンボロ】
Am_005
これです。右上がミコ先生の仕付け分の見本です。
左下が生徒さん作成中の右袖のケンボロです。しつけです。

【ミシン】
Am_009
地縫い(中縫い)なしで、ミシン縫いで仕上げてみました。
生徒さん:「難しいですね。」
ミコ先生:「最初はそう感じますね。」
生徒さん:「難しいんですね。」
ミコ先生:「でも、できましたよ!」
生徒さん:「はい!できましたね。」

♪♪もうお一人の生徒さんは、シンプルブラウスとリバーシブルハットをお揃いで作成中です。この回は、シンプルブラウスを進めました。前回もどうぞご覧下さい。
【リッパー】
Am_003
前端が縫いあがってみると段違いになっています。片方を2mmくらい多めに縫って、もう一方をやはり2mmくらい少なめに縫ったりすると、4mmの段差が容易にできますね。
直して、完璧に仕上げたい“欲”の出てきた生徒さんです。リッパーで解いています。

【袖付けミシン】
Am_007
足踏みミシンが、もうすっかりお上手になってしまいました。電動ミシンのフットコントローラーではありません、本当に足でシーソーのように踏むんです。シャツ袖付けです。袖を下にして、身頃側から縫います。

【袖付け】
Am_010
袖山の形が見えますね~~。

【八分丈のホームパンツとオフタートルドルマンブラウスの生地】
Am_013

次の作品の準備も進んでいます。
※ホームパンツの型紙は、近日、マダムミコ工房ショップで販売開始予定です。生徒さんは一足早く準備万端です。

洋裁くらぶバナー 洋裁loveな人の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。
Banner2_2 ←お役に立ちましたらクリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

~生徒さんのブログ四人目のリンクです~

いろいろとブログやネットの情報を教えていただいている生徒さんの散歩ブログです。
さすが!
HPからは、格安温泉旅行やバリ島情報まで別にリンクしています。
お上手ですね~~。
そして、洋裁のことはほとんどない・・・。
そうです。
洋裁だけではなく、いろいろがいいと思うマダムミコと、考えが同じです。
sayaさん、リンクありがとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »