« チュニジアの同僚へ技術移転?お仕事・マダムミコの日本料理会(その1) | トップページ | リバーシブルギャザーハットの作り方・生徒さん »

2008年7月28日 (月)

コットン裏地の夏スカート完成、ドレスのサテン練習、チェックの裁断・3人の生徒さん

午後の3人2時間半のコースです。
久しぶりに3人の生徒さんが揃いました。

♪お一人目の生徒さんは、コットン裏地の夏スカートを作成中でした。
裏地をつけて、ウエストの辺りを仕上げたらたぶんできあがって・・・前回のようすもご覧下さい。
【ウエストのゴムと共布ひも通し】
0723gogo_002
スカートの身頃の縫いをきれいに仕上げていらっしゃいました。
ミコ先生:「とてもきれいですね~」
ウエストには平ゴムのほかに共布紐を通します。
さっそく“紐”を裁断し、縫い上げました。ゴム通しを使って、まずゴムを通します。
「?」、いま思い出しましたが、まず、紐を通したほうがやりやすいですね、ごめんなさい。工程を間違えていました。
でも生徒さんに助けられました。お上手に完成しました。

【完成!】
0723gogo_004
やさしい雰囲気の生徒さんにこの花柄ボーダーのプリントとってもお似合いでした。
ほかの生徒さんとミコ先生:「可愛いい~」と、声が揃いました。
完成おめでとうございます。
左サイドバーの「生徒さん作品集2」にアップ済みです。

【次はピンタックブラウス】
0723gogo_009
本に載っている型紙を使います。お時間ぎりぎりでしたが、集中とスピードで写しました。
きれいに線が引けていますね。

次回に続く・・・です!楽しみ。



♪♪お二人目の生徒さんです。
年末目標にドレスを作成します。前回、広いテーブルで長いドレスの型紙の準備を済ませました。

【生地扱いの練習】
0723gogo_008_s
この素材になるかどうか未定ですが、どちらにしてもドレスのサテンなどの素材は、縫製が簡単ではありませんので、練習を兼ねて小さなブラウスを作成します。
ダーツにチャコで印をつけて、ていねいにていねいに正確にピンをうち・・・。

【後ろ身頃と前身頃】
0723gogo_008
真剣に、一箇所ずつ、しつけをかけています。


【仕付け】
0723gogo_007
目標がはっきり定まっているから、集中して、ていねいに正確に仕付けができました。
次回は、ドレスの素材を用意して、裁断をします。同時進行で縫いの練習も続けましょう。
初心者さんです。ドレスなんてすごい目標ですが、計画的に作ることで充分可能です。
でも、頑張らないとね!おけいこでサポートします。



♪♪♪3人目の生徒さんは、夏休みを早めにとられたので、とっても久しぶりでした。でもどんどん縫う方なので、前のブラウスなどは当然終わっています。前回のようすもご覧下さい。

【型紙の決定】
0723gogo_001
基本型は同じで、ノースリーブにします。
生徒さん:「どこをどう直したらいいのですか。」
ミコ先生:「身幅を1cm、上身頃を1cm・・・えーっと前回は・・・。」
生徒さん:「・・・・・。」
グレーディングは難しいですね。でも、やっぱりやってしまう、お上手な生徒さんです。

【片耳がレースのシーチング】
0723gogo_005
この素材を使うと、レースの位置が横地になるので、身頃のどこかに接ぎを作って、他は縦地を使いたいですね・・・。
※薄手シーチングは生地が不安定で横地はとても伸びやすいので、横地使いは避けましょう。

【チェックも用意済み】
0723gogo_010
今回はチェックを使うことにしました。柄あわせの勉強をしながら、柄を合わせて、ほぼ本番に近い粗裁ち中です。

次回は仕上げてくるのでしょうか・・・・。

 

洋裁くらぶ

バナー 洋裁loveな人 の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。
Banner2_2 ←ランキングに参加しています。お役に立ちましたらクリック お願いします!

|

« チュニジアの同僚へ技術移転?お仕事・マダムミコの日本料理会(その1) | トップページ | リバーシブルギャザーハットの作り方・生徒さん »

『洋裁くらぶの日々』07’08」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コットン裏地の夏スカート完成、ドレスのサテン練習、チェックの裁断・3人の生徒さん:

« チュニジアの同僚へ技術移転?お仕事・マダムミコの日本料理会(その1) | トップページ | リバーシブルギャザーハットの作り方・生徒さん »