« 洋服の型紙作りサークル「夏も!」 | トップページ | 国際協力のNGOとリバーシブルのトートバッグ・生徒さん »

2008年8月 4日 (月)

(その2)チュニジアの同僚へ技術移転?お仕事・マダムミコの日本料理会

【チュニジアで料理しました。その2】です。
【その1】もご覧いただければ嬉しいです。

チュニジア滞在2年間の予定の中で、こんな大掛かりなのは、たった一度です。ラストチャンスのその日は訪れました。
※注:食事はお弁当も含めて、毎日ほぼ自炊でした。

とにかく諸般の事情があり、ひとりで、全部支度しました!!

【チュニジア人同僚とチュニジア友人のための日本料理の会(一部日本人)】
Img_1060_500_2 
前回と同じ写真です。

何を作ったのか、前回の続きをご紹介します。一回きりです。

【冷奴】
Img_1051
「ハウスのほんとうふ」は在外日本人御用達ですね。とっても簡単にできて、「お豆腐ってこうやって作るの?」って、はっきりわかります。在外日本人の方が詳しいかも。
(生姜もパリ購入)

☆☆☆ チュニジア人には・・・可もなく不可もなく、インパクトがないようです。

【煮豆】
Img_1052
白いんげんの乾物はありますが、甘い煮豆は日本の食べ方です。これはヨーロッパ製の金時豆のゆで缶詰に甘く味をつけました。

☆☆☆☆ チュニジア人は甘いの大好き。

【納豆と香味野菜のかき揚げ天】
Img_1064
いろいろな納豆料理レパートリーのひとつです。
自画自賛ですが、これ絶品です。

ところで、チュニジアでは、自家製のミコ納豆をしばらく製造していました。
製造というと大げさに聞こえますが、ある時期、納豆屋のように毎日作っていました。5kgくらいの大豆が納豆に なったと思います。在チュニジアの日本の知人友人にはもちろんプレゼントしまくり、本人は、つらいとき苦しい時に、この貴重な納豆を食べて自分を慰め勇気を奮い立たせました。これ、おおげさじゃないんです。

☆☆☆☆☆ 美味しいね・・・。それだけ。サクッとなくなっていましたから、普通においしいんです。
チュニジアには“大豆”自身が存在しないので、説明も省きました。ですから、納豆製造のマダムミコの秘密?はチュニジア人へは守られています。

【普通のサラダ・ミコ風】
Img_1065
オリーブオイルとガーリックベースの、オリジナルサラダは、きゅうりとラディッシュを薄切りにして和えました。お皿とカラーコーディネート。

☆☆☆ 別に・・・普通の野菜だし。。。特別な反応はなし。



【コロッケ】
Img_1066
カンボジア、上海で、データ済み。コロッケは国籍関係なく、みんな好きなメニューです。
コロッケを買う方が多いようですが、私は自分で作るコロッケが一番美味しく感じます。
チュニジアは「土」がいいので、“じゃがいも”がとても美味しいんです。
コロッケはじゃがいもの味がいのち、当然おいしい。

☆☆☆☆☆ 「クロケット、セボン、(コロッケおいしい。)」、日本食が口にあわない人が、ひもじくならない為にも、このメニューは、必須です。イスラム圏なのでビーフコロッケです。


【お吸い物】
西洋パセリ(三つ葉のつもり)、ベルガモット(柚子のつもり)、板麩、とろろ昆布、など。
写真無しですが、下の写真のテーブルの上にお椀がいくつか・・・。

☆・・・・・・・・・・・・とろろこんぶが理解できない????同僚の反応でした。
☆☆☆☆☆・・・・時に国境を越えた舌を持っている人が居ます。
          「TORORO、NORI トレビアン!」って。

【チュニジア人同僚、友人、日本人の友達も少し】
Img1085_1091_1089_1090_2
私にとっても、チュニジア人にとっても、ラマダン前のチャレンジだったかもしれません。
このあと、日本人を招いて、残りを平らげました。

やっぱり、日本人のため?

マダムミコ


洋裁くらぶ

バナー 洋裁loveな人 の集まりです!サークル勉強会『洋服の型紙作り』とは別開催です。
Banner2_2 ←ランキングに参加しています。お役に立ちましたらクリック お願いします!

|

« 洋服の型紙作りサークル「夏も!」 | トップページ | 国際協力のNGOとリバーシブルのトートバッグ・生徒さん »

チュニジア大好き」カテゴリの記事

コメント

すごい!
チュニジアで、しかも一人でこれだけの料理を作るなんて、ほんとにすごいです!

投稿: yoshi | 2008年8月 5日 (火) 08時21分

『チュニジアと地中海の旅』のyoshi様!
“納豆”後継者のyoshiさん!
マルタ島の“眠る女性”がお気に入りです。
ありがとうございます!
(↑↑お仕事前のクリック・・・。)

投稿: マダムミコ | 2008年8月 5日 (火) 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199694/22559539

この記事へのトラックバック一覧です: (その2)チュニジアの同僚へ技術移転?お仕事・マダムミコの日本料理会:

« 洋服の型紙作りサークル「夏も!」 | トップページ | 国際協力のNGOとリバーシブルのトートバッグ・生徒さん »