« 洋裁のミコ先生が今年作った服 | トップページ | 今年の最終おけいこは:後ろベンツのタイトスカート・長袖シャツのケンボロ作り・エコエプロン作成開始・3人の生徒さん »

2011年12月28日 (水)

ふるさといわて釜石

ご訪問ありがとうございます。
3月11日に私のふるさと釜石を大きな津波が襲いました。
動画で最初に見たのが、港近くの従兄弟の職場付近に津波が押し寄せる様子でした。
まさかという思いでした。

↓↓↓釜石のミコ工房(将来)テーマは三つです。
Mikko2011/12秋冬~2012春夏コレクション

あの様子を、いまだ、いとこたちは見ていません。
世界中の人たちが驚愕したようすを現地の人は観ていない。釜石は山間の国道に沿って細長く、海から内陸へと町が作られています。私がこどもの頃住んでいたのは内陸の小佐野町と上中島町でした。津波は関係ありません。
4月には釜石を訪れましたが、親類の家は箱崎町で流され、助かった者も、避難所でしたので、内陸の幼なじみの家に泊めて貰いました。(その後もいつも幼なじみの家に泊めてもらっています。)

あれから9ヶ月以上もう10ヶ月も間近です。
4月から、もっとまえ3月の半ばから、私は釜石に行こうと住もうと思い、仕事を考えていました。6月頃から声にして、行動を始めました。でもまだまだです。10月には将来のかまいしのマダムミコ工房をイメージして、ショップで工房を披露しました。まだ途上ですが、先日は復興を願って企画した、大漁アロハのオンラインショップも作り始めました。
次は、来年、小さな仕事を釜石で始めたい。
しっかりした計画と、アナウンスと、作業で、進みたいと思います。

カテゴリ⇒『ふるさと いわて 釜石』

今日は、すぐ後で、午後月2回3人コースのおけいこのようすをご紹 介しま す。



loveletter コメントは承認後の公開になります。
少しお待ちいただく場合がありますがご了承下さい。

|

« 洋裁のミコ先生が今年作った服 | トップページ | 今年の最終おけいこは:後ろベンツのタイトスカート・長袖シャツのケンボロ作り・エコエプロン作成開始・3人の生徒さん »

『ふるさと いわて 釜石』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 洋裁のミコ先生が今年作った服 | トップページ | 今年の最終おけいこは:後ろベンツのタイトスカート・長袖シャツのケンボロ作り・エコエプロン作成開始・3人の生徒さん »