« 2011年 裁縫ボランティアの「さいほうばこ」 | トップページ | いざ釜石へ!故郷のために走り続けるデザイナーの想い。 »

2013年5月12日 (日)

連休が終わった・・・

2013年5月もご訪問ありがとうございます。

三陸釜石のハートをあなたに
釜石マダムミコ工房をいよいよ春スタートしています!

連休にはワークショップをしました。

前回あっぷ済み・・・ほっと。

Ranking1人気ブログランキングへ

さて、釜石マダムミコ工房 いつの間にか
昼間はこんなにスタッフが居ます。

__

内職さんも空いているミシンで縫製中なので、4人です。
雇用は3人、だいぶ前に書いた事業計画書どおりの人数です。
とても真剣に新たな仕事に取り組んでいます。

初心者の二人に、長い間縫製工場で働いてき他一人の組み合わせです。

まだ始まったばかりで、仕事も遅く、量も十分ではありませんが、地元釜石の地産地消、釜石の人たちの縫製を受けたいと思っています。

あすから、裁縫のお手伝いや、洋服のお直しチラシを内陸の仮設住宅を中心に配布する予定です。

Photo
箱崎町で手内職をしてくれている主婦さんです。
ミニミニ虎っこストラップの後半を手でしあげてくれます。

連休中の店番ボランティアも手を上げてくれた、頼もしい若い主婦さん。


連休前に、岩手日報さんが、その後いかがですか?と寄ってくれました。

___3
あわただしい私をささっと取材、野田村でくるみの加工事業を始めた女性と共に、釜石マダムミコ工房も取り上げてくれました。

そうです!働く場と集う場、みなさんが求めているもの・・・

私の思いは間違ってなかった。

あとは継続あるのみです。

本当に強くならなくては。

 

続きをお楽しみに~


loveletter コメントは承認後の公開になります。
少しお待ちいただく場合がありますがご了承下さい。

洋裁くらぶバナー少人数で個別のレッスンです。

アリガトウいつもポチッ
Ranking1人気ブログランキングへ



バナーを作成

|

« 2011年 裁縫ボランティアの「さいほうばこ」 | トップページ | いざ釜石へ!故郷のために走り続けるデザイナーの想い。 »

『ふるさと いわて 釜石』」カテゴリの記事

釜石マダムミコ工房」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2011年 裁縫ボランティアの「さいほうばこ」 | トップページ | いざ釜石へ!故郷のために走り続けるデザイナーの想い。 »