2007年9月24日 (月)

スカートとブラウス・今作成中!13.リフォーム・ブラウスは完成!!マダムミコ

昭和レトロワンピースから現代のブラウスへリフォーム中!
いえ、前回 12.で、お話したとおりすでに完成し、前回も着て出かけ?ました。
お蔭様で?この頃続いてた残暑に気持ちよく着られました!!
残暑の恩恵はこのブラウスに・・・。

Img_3230
袖も無事ついて、前打ち合わせもいい感じ・・・。

Img_3236
どこから画像を撮ってもフェミニンで、この頃のマダムミコの気分にぴったりです!!

Img_3233
春に作ったドレスのブラウスに、「普段着のゆとり」を、目分量でいれてしまいましたが、自分の服なので、様子が分かっているせいか、うまく行きました。自画自賛!!

Img_3237
はい!これが本当の完成画像です。打ち合わせの奥は、何箇所かをスナップでとめています。前端の一個だけ、糸ループがけのボタンにしました。

さて、覚えていますか??
↓↓↓元の極小の昭和レトロワンピースです。このワンピースはもうありません。
Img_2914_3   
このワンピースから、↓↓↓

このブラウスが再生しました。→そして、前身頃とカフス、ボタンだけが残りました。
Img_3233_2    Img_3239  

「今作成中!スカートとブラウス」
次は、遅まきながら、少しずつスカートの直しに掛かります。

Img_3067_2  Img_3096 

スカートの方は、後ろ身頃の傷の部分を張り替える修理ですが、一度お直しの方法をアップしたいと思います。

少し時間がかかるかもしれませんが、お楽しみに・・・。

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年9月23日 (日)

スカートとブラウス・今作成中!12.リフォーム・袖付け・マダムミコ

スカートのお直し(後ろ身頃張替え)と、ワンピースからブラウスへのリフォーム中です。
ブラウスはほぼできました。しかし、スカートはまだなんです。
それに、スカートはできるかなあ・・・・。少し弱気。タイトルを毎回書いていて、少し反省・・・。

まあ、とにかくブラウスの工程を進めます。もうできました!!前回11.もどうぞ、ご覧ください。
Img_3226
そうです、袖は前回できました。このあと袖も付けたんです。


Img_3228
袖付けのピンを打っているところです。厳密には、昭和レトロワンピースの袖は、春のドレスの身頃の袖の形をしていないのですが、袖ぐりの地の目を整え、身頃と自然に合わせながら、袖底を整え、ギャザー位置を決めました。左右が同じにならないといけません、印をつけて、一度はずして、左右の身頃と左右の袖に同一の印を付ける手間を惜しんではきれいな服はできません。けっこう山場なんです。


Img_3229
袖山のギャザーは,当時のぐちゃぐちゃギャザーミシンははずしてやり直しました。
袖ぐりが伸びているので、ピンだけでミシンに掛かるのは危険、しつけで袖ぐりを安定させています。


Img_3231
細かいギャザーを殺さない(せっかく寄せたギャザーをタックにしない)ように左指と右手の目打ちで、ミシンの押さえの下に均一なギャザーを押しこみながら、ミシンを進めます。
1cmのステッチ定規が目安です。

Img_3234
ミシンのあとは、袖ぐりにロックミシンをかけました。あの昭和レトロ、マダムミコ素人少女時代は裏地バイヤスで玉ぶち始末したのですが、今回は現代の始末方法を選びました。
(ちょっと、過去の私に負けたかなあ?)


さあて・・・。ゆっくりのようでも、工程を休まず進めば・・・。
Img_3230_2
はい、このとおり袖が付きました!!!!
あっけないでしょう?

うっ?それに袖が付いたのだから、確かできているはず?
そうです、冒頭で申し上げたとおりできました。
何か言い足りないので全体画像は明日にお預けです!

でも、できたらすぐ着たいんです。
皆さんにご紹介する前に、もう秋の気配なので急いで着て出かけます。

「行って来まーす。」
「あっ!スカートは?」、今日は別なスカートで・・・。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年9月19日 (水)

スカートとブラウス・今作成中!11.リフォーム・袖カフス再現・マダムミコ

ワンピースからブラウスへ数十年の時間を経て再生中です!
前回 10. までに身頃ができました。

ワンピースの袖をそのまま使いたかったのですが、7.フスがはまらない!という、アクシデント?が発生して、やむなく新しいカフスを付け直すことにしました。

それで、今回はカフスです。
Img_3202
裁断しておいた、新しい、大きなサイズの!カフスの袖下側を縫います。

Img_3203_3
出来上がりにアイロンで折って、さらに見返し側の縫い代もあらかじめアイロンで折り返しておきました。


Img_3219
さあ、また、ほどき~~。古いカフスをはずします。例の細かいぐちゃぐちゃ縫いが目の前に再現、う~ん。



Img_3220  
カフスは距離が短いのであっという間にほどけてホッと。。。。
前のカフスと、新しいカフスの大きさ(上腕囲)を比べてください。人生の年輪ってこんなところに・・・・現れるの?(周囲5cmは増やしました)

Img_3221
カフスをつけます。数十年前のギャザーミシンをそのまま活用しています。
ほどきの作業がパスできてホッと・・・。



Img_3222
数十年前のギャザーミシンは曲がりも大胆!!でした。今の私は慎重ですよ!



Img_3223
明き無しのカフスにしたので、ぐるりと縫ってできあがりました。左右ともできあがり!!


Img_3224
カフスの見返しは、表からの落としミシンで縫って仕上げます。
カフス付けの前に、すでに出来上がりに折っていましたので、数箇所にピンを留めれば、そんなに難しくありません。
※落としミシンとは、縫い代のキワにミシンをかけて、裏側の布をとめることです。カフスには、ミシンがかからないので、ミシン目が見えにくくきれいで、丈夫にできます。ウエストベルト付けなどでも良く使う仕様です。



Img_3225_2 
↑↑落としミシンです。


Img_3226_2
さて!前のカフスをはずして、新しいカフスがつきました。
見えてきましたね、こうなるとやる気が出ます。

次回は仕上がりでしょうか? お楽しみに。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (4)

2007年9月18日 (火)

スカートとブラウス・今作成中!10.リフォーム・脇袋縫いと裾切り替え付け、もうすぐ~~

前回9.で衿ぐりができました。

次に脇を縫い合わせます。それから裾切り替えを仕立てて、身頃の上下を縫いあわせます。今日はそこまで進めます。

ではまず、薄物に最適な袋縫いで脇を仕上げます。
【袋縫い】
Img_3199
袋縫いは、最初表から縫って、ひっくり返して裏から縫って縫いあがります。
裏から縫わないように注意しましょうね!
縫いしろの端をきっちり合わせてから、4ミリ以内の細い細い縫い巾でミシンをかけます。

Img_3198 
最初の縫い目にキセがはいらないように、4ミリのところできっちり折り返します。
これで、裏側から、脇線の位置にミシンをかけられます。

もともとの縫い代は、1cmでした。最初に4ミリで縫ったので、仕上げは6ミリ。これでちょうど1cmのところで出来上がるようにミシンが入ります。
Img_3195

縫い代を袋の中に閉じ込めるようにして縫うので「袋縫い」と言います。
Img_3197
出来上がった脇縫いの「袋縫い」も、通常の縫い目と同じように片倒しておきましょう。
薄手のコットンですから、ミシン作業の途中で、手アイロン(指先で、アイロンのようになじませること)しながら進めると仕事がはかどります。
Img_3200


あら!いつの間にか、できていました!!
Img_3201
前身頃とヨーク付け、肩縫い、衿ぐり仕上げ、などなど・・・覚えていますか?


【裾切り替え作り】
Img_3204
前裾には、↑↑こんなふうにプリーツをたたみます。上身頃の打ち合わせに続くように作りたいんです。


Img_3205
陰ひだの奥に、思いっきりのスラッシュ開きを作りました。


Img_3206
上身頃の開きのイメージできるでしょうか?このあと、上の身頃と同じように、袋縫いで裾切り替えの脇を縫い合わせました。


Img_3208
次に、上下を縫い合わせる前の、パーツ(部分)のうちに、裾の三つ折ミシンも仕上げてしまいます。パーツが小さいうちに、できる作業を進めるのが、効率のいい作り方になります。


【上下の縫い合わせ】
Img_3209
一気に、上下を縫い合わせています。もうすぐです~~。


右前身頃
Img_3210 Img_3212
左下前はこうなっています。


【身頃できあがり】
Img_3235
後ろのダーツ見えますか?それから脇の袋縫い、そして、上下の縫い合わせ。
できましたね?



昭和レトロのssサイズワンピースから、現代のMサイズブラウスへと再生中です!!
Img_3218 Img_3215 Img_2914
前みごろの開きは、こんなふうです。
昭和レトロのワンピース→→



このワンピースは、もう存在しません。何か不思議な感じですね。
次回は、袖をつけましょう。残暑が厳しいのでまだ間にあいそう!

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年9月16日 (日)

スカートとブラウス・今作成中!9.リフォームの衿ぐり仕上げ・マダムミコ

昨日から続いて、ブラウスの衿ぐりの縫製を進めています。
このブラウスの衿ぐりには、前肩ヨークがくっついているので、ちょっとだけ縫製が、込み入っています。
前回8.で衿ぐりのミシンを始めました~~。
Img_3180_2
出来上がりの衿ぐり見返しの控えを意識して、縫い代のずらしを正確に押さえながらぬっていきます。

Img_3183
こんな感じに進んでいます。

Img_3181
↑↑ちょうどここ・・・・衿ぐりは前ヨークと前みごろの接ぎ位置までです。
ここから下は前身頃になります。


Img_3184
つまり、片方の前ヨークの衿ぐりから後ろ身頃の衿ぐりを通って、もう片方の前ヨークの衿ぐりまで、衿ぐり見返しがついています。


Img_3185
↑↑衿ぐりが縫いあがったら、ひっくり返す前に、縫い代を浅くカットします。
画像は、芯のついた見返し側の縫い代を3mmくらい落として、縫い代に段差をつけた状態です。

Img_3187
薄いコットンなので、アイロン無しでも工程を進めましょう。衿ぐりの縫い代を見返し側に片倒しして、端ミシン(コバステッチ)をかけています。



Img_3188
はい、↑↑衿ぐり見返し前ヨーク見返し付きは、こんなふうにできました。


でも・・・。まだ表ヨークとヨーク見返しは、くっついていません。
Img_3189
ちょっと見にくいと思いますが、表ヨークとヨーク見返しの縫い代を掴んで、表に引き出し、ピンで留めたところです。この後、ミシンが入るところまで縫っていきました。



Img_3192
衿ぐり端まではミシンがはいらないので、画像のように、指一本分縫い残しができます。
ここは、あとで手縫いでまつりましょう。


Img_3193 Img_3194
↑↑右身頃衿ぐりできあがリです。

↑↑ひっくり返して、右身頃を見返し側から見たところ。

参考になったでしょうか?続きは、次回・・・。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年9月15日 (土)

スカートとブラウス・今作成中!8.リフォーム縫い始め、ダーツから・マダムミコ

昭和レトロワンピースから、現代のブラウスへ再生(リフォーム)中です。
久しぶりなので、滞っていると思ってませんか?いいえ・・・進めましたよ。
前回7.で裁断後のパーツ裁断や芯貼りを終え、今日はいよいよミシンミシンです!!

うっ!最近、生徒さんもマダムミコもミシンミシン・・・秋ですもの・・。残暑も~~。

【後ろ身頃のダーツ縫い】
Img_3170_2
薄い木綿の生地なので、ダーツのしつけの替わりに、シルクピンを縦に留めました。

Img_3171_2
ミシンを進めながら、手前のピンを抜いていきます。

Img_3172_2
ダーツの止まりは、角にならないように丸く縫い止めます。ていねいに・・・。

Img_3168_3
はい!ダーツのできあがり。左右とも縫いました。


【前ヨーク付け】
Img_3175_2
前身頃は、肩のところでヨーク接ぎが必要でした。春のドレスと同じように・・・。
縫い代1cm、ステッチ定規を使います。

Img_3174_2
右前身頃のヨークを縫い合わせました。左も縫いました。


【肩縫い合わせ】
Img_3176_2
前後肩を縫い合わせます。ヨークの見返しがつくので、縫い代は1cm、ステッチ定規を使います。



【衿ぐり見返しつけ】を始めます~~。
Img_3177_3
↑↑↓↓肩を縫い合わせると、一気にブラウスの様子が見えるようですね。
Img_3178
前回、用意した衿ぐりの見返しを、こんなふうに乗せます。前ヨークにもしっかり見返しがつきます。

Img_3179
見返しを控えると、衿ぐりの仕上がりがきれいですね?
そのためには見返しを余分に縫う=表側を控えて縫う、ことになります。
それで、上のように縫い代をすこしずらします。

Img_3180
ミシン、ミシン・・・始めました。
本日はここまで、衿ぐりが仕上がるのは次回になります。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (5)

2007年9月10日 (月)

スカートとブラウス・今作成中!7.パーツ裁断と芯貼り・マダムミコ

昭和レトロワンピースをブラウスへリフォーム中です。前回までに裁断が終わりました。
前回→6.リフォームの裁断

今回からは、縫製にかかります。
縫製?と言うと正しくありません、特に今日の作業にはミシンはないので“組み立て”とでもしておきましょう。

↓↓前回裁断終了の様子
Img_3143_2
この中にまだ、足りない物がありました。


Img_3144
これは、後ろから前の衿ぐりの見返しです。
前にはヨークがありますので、ヨーク裏を衿ぐり見返しとつなげて裁断しました。


Img_3153
薄手の接着芯を貼って、さらに縫い代をあらかじめアイロンで折ってしまいます。
そうすると、この後の作業が楽になります。



Img_3152
前みごろの前端は、地の目(縦地の目)を使っています。見返しではなく、1cmの折り返ししかないので、テープ状にした芯を貼りました。

Img_3154
前の部分をボディーにあててイメージを確認!
↓↓芯を貼った、前端の折り返しはこんな具合です。
Img_3155
軽い綿のブラウスなので、これで芯貼りは終わりなのですが、思わぬ発見が!!
ちょっとがっかりなんです~~。

↓↓
Img_3148
ワンピースの袖をそのまま使いたかったのですが、なんと!カフスがはまらないのです。
つまり~~言いにくいのですが、画像のとおり寸法が不足~~つまり4cmくらい当時より成長??したらしい。明らかに。
ちょっと信じられないのですが、そういうことでした。わたし太っているかなあ?
※画像は腕ではなく、袖まんじゅうに着せたイメージ画像です。わかりますね!

↓↓それで急きょ、あらたなカフスの用意をしました。
Img_3149_2 Img_3150
衿ぐり見返しと同じように、縫い代はアイロンで折っておきます。
さあ、これで芯張りが終わったので、次回は本当にミシンの作業に入れます。

次回をお楽しみに・・・。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (6)

2007年9月 8日 (土)

スカートとブラウス・今作成中!6.リフォームの裁断・マダムミコ

昭和レトロワンピースをブラウスへリフォーム続けます。
前回→5.リフォーム型入れ

新しい生地からなら、ここからスタートですが、リフォームは、ほどいたり、裁断とデザインの再計画をしたり・・・ここまでが長かったです。
でも好きな生地で服が復活って、ちょっと楽しみ~~。です~~。

Img_3132
いよいよ裁断します。型入れは上の通りです。


Img_3133
後ろみごろの巾が足りないです。前脇で足すことにします。脇で型紙ちょっと折っています。見えますか?利用するパターンはヨーク切り替えですが、今回は肩線まで続けます。

Img_3138
後ろみごろ裁断。一丁上がり!!利用パターンは後ろ中心ファスナー明きですが、このブラウスはワに変更します。

Img_3135
スカート一枚の方で、前みごろと後ろ裾切り替えがはいりそうです。うん、大丈夫!!
前にはタックも入れたい!!前みごろのタック分量と、後ろ裾切り替えの丈をお互い調節しながら、タック分量を決めました。

Img_3139
後ろ裾切り替えを裁断しました。春のドレスのブラウスより、身幅にゆとりを入れています。
 

Img_3136
タックを入れた状態で、前みごろも裁断します。
?そうそう、後ろみごろの巾が足りない分、ゆとりのある前みごろのほうで、巾を足します。


Img_3075_2
5分で決めたデザインは、こんなでした。前みごろのタックは、ほんの少しだけ叶います・・・。


↓↓前の裾切り替えは、デザイン画のようにプリーツにするんですが、用尺は大丈夫?
Img_3137
タック分(プリーツ分)を折って型入れしてみます。 OK!!

Img_3142
前みごろの、上と下です。

Img_3099 
これで、↑↑こんなデザインのブラウスの裁断終わりました。

Img_3143
ほうらね!リフォーム前のワンピース覚えていますか?
もうすぐ、生まれ変わります。

次回から縫製にかかります。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※左上カテゴリーにあった『洋裁くらぶ』お問合せ・お申し込みに替わって、『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (0)

2007年9月 7日 (金)

スカートとブラウス・今作成中!5.リフォームの型入れ・マダムミコ

昭和レトロワンピースをブラウスへリフォームしています。
前回→4.リフォームほどき終わりまで

今日は、ほどいてハギレのようになったパーツにブラウスの型入れをします。
Img_3111 【計画】
・もとの袖から→袖を作る~~簡単!!
・もとの後ろみごろから→後ろみごろ~~たぶん大丈夫!!
・もとのスカートから→前みごろと前後すその切り替え!!

・・・これで、たぶんブラウスができるはずですが、リフォームは、一枚の長い布から作るわけではありませんから、実際にほどいたワンピースのパーツを並べて、ブラウスの型紙を置きながら、デザインと裁断の検討をします。

※型入れとは、型紙を生地の上に並べて、効率的な裁断の計画をすることです。


Img_3124
また?ほどき?
そうです、ギャザーミシンがまだ残っていました。

Img_3127
Img_3126
数十年のギャザー跡です。アイロンで丁寧にのばしています。


Img_3128

←袖はそのまま

←後ろみごろは、後ろみごろとして使います。

←スカート一枚からは、前みごろをとりたいと思います。


←もう一枚のスカートと、上のスカートの残りで、前と後ろの裾の切り替えをとりたいんですが、だいじょうぶかなあ・・・・。



Img_3130
↑↑春に仕立てたドレスのブラウスの型紙を置いてみました。
分量は、間にあいそうです。デザインと寸法の微調整だけで大丈夫!!

よかった~~~。

Img_3131
裁断のために、生地を中表にワにして型入れが完成しました。
後ろみごろから後ろみごろですが、少し肩幅が足りません。
う~ん、!!。そう、肩幅はむしろこの巾位でOKでした!!
パフスリーブが助けてくれます。

次回は裁断します。
リフォームの手間、分かっていただけるでしょうか?
一枚の長い布地なら、ここまでの過程はすべて省略されていますよね!

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※左上カテゴリーにあった『洋裁くらぶ』お問合せ・お申し込みに替わって、『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (2)

2007年9月 6日 (木)

スカートとブラウス・今作成中!4.リフォームほどき終わりまで・マダムミコ

昭和レトロ花柄の極小ワンピース(自分の)のリフォーム前回 3.リフォームほどく前に から続いてほどいています。

↓↓こんな縫製でした。

Img_3105_2 Img_3107_2


袖ぐりのバイヤス始末の“ほどき”と格闘の結果、ようやく
↓↓一袖はずれました!!

Img_3103 
Img_3102
さあ、もう一袖も格闘します!!


ほどなく、実はかなりの時間を用して、二袖ともはずし、ウエストもはずしました。
↓↓

Img_3111
まるでこれから組み立てるようにも見えますが・・・。
紛れもない“ほどき”の結果です。


さらに、後ろみごろを使うので、前と後ろをほどいて離します。

Img_3112_2
↑↑無事、後ろみごろが独立!しました。


ああ、これで、大まかなほどきと裁断の準備は終わりました。

Img_3113
型紙は、春に作ったドレスのブラウスを利用します。
次は、ほどいたパーツを広げて、デザインとの検証をしながら型入れ、裁断へと続けていきます。
明日続けます!お楽しみに!
ほどいてホッとしました。

♪ランキングへ参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

※左上カテゴリーにあった『洋裁くらぶ』お問合せ・お申し込みに替わって、『洋裁くらぶ』単独のホームページを作りました。右の『洋裁くらぶ』からご覧いただけます。

| | コメント (2)