2010年11月 5日 (金)

5.完成!こども着物【一つ身単衣/和服】

ご訪問ありがとうございます!はじめての和裁~
5回目のおけいこで最初の作品できました!


生徒ミコ頑張りました!いや、師匠かな・・・
みっこ師匠の完成お絵描きも見てください!

洋裁のミコ先生、和裁は素人、時々出かけるついでに、みっこ師匠(和裁の先生おったんてーねみっこさん)に教えてもらうことにしました。

和裁の説明は素人になりますので、詳しくできません。写真のタイミングも外れているかもしれませんがご了承下さい。いつかは完成、プロになるわ!

こどもが着用する一つ身単衣を洋服巾の生地で作っています。
⇒前回までもご覧下さい。



【5.袖付け、肩や腰揚げ、紐飾り縫い~完成まで】一回2時間半のおけいこ分をアップします。

前回衿ができました。今回は袖付けから始めます。

おけいこの工程~写真をアップします。

さっそく、みっこ師匠が袖を身頃に当てて確認~
Kmn_004
実際の必要寸法と生地のなじみをみています。

Kmn_008
一つ身の絵型は出ていなかったのですが、これとおなじように
作っています。そう!テキストはみっこ昭和の主婦博物館の所蔵品です。

※昭和の主婦博物館は、将来(いつ?)ミコ先生が開設予定の博物館です。
みっこ師匠のアトリエは物があふれていて(ほんとうに)いつ整理できるか予測がつきません。

この日、みっこ師匠、風邪の引き初めだったことが後日判明
Kmn_009
袖をチクチクぬいつけて、縫い代をくけました。(たぶん、記憶~)
止まりの閂がまだでした。今度やります!

Kmn_013
その間、じっとできない師匠は、紐を縫っていました。

次からが、こども着物の特徴の仕立てです。
【揚げ】です。

Kmn_016
着丈を調節するのが腰揚げ、後ろはそのままタック(必要分量)を
つまめばいいのですが 、前は上下の合わせが同寸ではないのです。

Kmn_019
微妙な美意識!そのためには技術が要求されます。
精進精進~みっこ師匠がすると、なんだかかっこよくできます。

もう一つの揚げです↓↓↓

Kmn_020
寸法や位置は師匠の指示。

Kmn_021
何とか最後まで行きそうです。

Kmn_022
中縫いして、端に紐を折り返し・・・

表からこんなことをしました。
Kmn_029
本の通りでなくとも、好きなように飾り縫いしていいそうです。
自分のデザインでいいそうですよ。最初なので、本の通りできるか
どうか、簡単そうなので試して見ました。
今度はミコ意匠を考えたいと思います!

Kmn_030
こどもの一つ身を洋服巾の綿生地で仕上げました。


次は四つ身かな、順に基礎のおけいこ希望、生徒ミコです。


みっこ師匠の風邪ですが、その後、ゆっくり一週間ほどで
治りましたので、ご心配なく。

※マダムミコの洋裁教室、空きクラスで生徒募集中です
洋裁くらぶバナー

Ranking1人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2010年10月29日 (金)

4.衿付け共衿も付いた【一つ身単衣/和裁】

ご訪問ありがとうございます!和裁、4回目のおけいこです!

あと何回でできるかな・・・生徒ミコ頑張らなくっては。

洋裁のミコ先生、和裁は素人、時々出かけるついでに、みっこ師匠(和裁の先生おったんてーねみっこさん)に教えてもらうことにしました。

和裁の説明は素人になりますので、詳しくできません。写真のタイミングも外れているかもしれませんがご了承下さい。いつかは完成、プロになるわ!

こどもが着用する一つ身単衣を洋服巾の生地で作っています。
⇒前回までもご覧下さい。



【4.裾のくけ、衿付け、共衿付けまで】一回2時間半のおけいこ分をアップします。

生徒ミコ、前回衿付け地縫いまで終了しました。


おけいこの工程~写真をアップします。

29_002
もう一人の生徒も洋服地巾で初歩のこどもの一つ身を開始するところです。

さて、私の続き~

29_004
まず、裾の仕付けをくけて仕上げました。

29_005
それから、長い衿付けの見返し側をくけていきました。

みっこ師匠はもうひとりの生徒の裁断指導してました~

29_006
ミコ生徒、黙々と針仕事にいそしみましたよ。
片手で写真撮るので針を休ませてます。

29_008
衿ぐりのところに更に共布で共衿をつけます。

29_009
付け位置の按配はみっこ師匠にしてもらってから、

共衿をくけました。

29_010

完成!!!いえ、袖がまだ付いていません。。。

でも、すぐだわ!
みっこ師匠によると、こどものきものは袖をつけても
仕上げがいろいろあって簡単には仕上がらないそうです・・・。
次回できるかな。


さて、もう一人おけいこしていましたね・・・。

29_011
裁断と袖作りと進んでいました。

2人の指導お疲れさま、みっこ師匠ありがとうございました!

続きをお楽しみに~

※マダムミコの洋裁教室、空きクラスで生徒募集中です
洋裁くらぶバナー

Ranking1人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

2010年10月22日 (金)

3.衿付け地縫いまで【一つ身単衣/和裁】

ご訪問ありがとうございます!和裁を開始しました!

このシリーズひそかに人気ですか?
では、生徒ミコ頑張らなくっては・・・。人気はみっこ師匠~

ミコ先生、和裁は素人、時々出かけるついでに、みっこ師匠(和裁の先生おったんてーねみっこさん)に教えてもらうことにしました。

和裁の説明は素人になりますので、詳しくできません。写真のタイミングも外れているかもしれませんがご了承下さい。いつかは完成、プロになるわ!

初歩のこどもが着用する一つ身単衣を洋服巾の生地で作っています。
⇒前回までもご覧下さい。



【3.前端、裾、衿付け地縫いまで】一回2時間半のおけいこ分をアップします。

前回脇縫いまで終了しました。


写真をいっぱいアップします。
3_001
すごい~年輪ですね!(栞が可笑しい。。。)

3_002
脇縫いが終わって始末をしています。

3_005
長い脇の縫い代はこんなふうに~

3_006
前端衿下をくけて、裾はひとまずしつけました。
訂正:衿の下側のおくみの端のことは衿下という名称で呼ぶそうです。
着物を仕立てなくても着物を着る人はご存知ですね。

3_007
次は衿付けします。

3_008
解ってやっている作業と、大雑把とは、見え方が紙一重ですね。
もちろん、解ってやらなくては・・・

3_010
着物~衿付けの衿ぐりはT字です。

3_011
角を小丸に衿ぐりに衿を縫い付けていきます。

3_012
身頃から見たところ~

3_013
“良い”加減を身につけるには、手縫いの技術が身についていること必須ですね。

3_014
衿を一折したところ、もう一折します。

3_015
?衿付けに縫い目が二本?記憶がないです~後で思い出します。

答え⇒衿のなかに衿芯を入れたことを忘れていました。
    その衿芯を止めた縫い目と衿付けの縫い目の二本になったということでした。

3_017
次回は衿見返し側のくけから続けます。 

続きをお楽しみに~

※マダムミコの洋裁教室、空きクラスで生徒募集中です
洋裁くらぶバナー

Ranking1人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2010年10月11日 (月)

2.肩当、居敷当、おくみ付け、脇縫い【一つ身単衣/和裁】

ご訪問ありがとうございます!マダムミコ、和裁を開始しました!

趣味の空中ガーデンや仕事作成メモは⇒
ミコ店長の備忘録pencil
釈迦結び作り方

ミコ先生、和裁は素人、時々出かけるついでに、みっこ師匠(和裁の先生おったんてーねみっこさん)に教えてもらうことにしました。

和裁の説明は素人になりますので、詳しくできません。写真のタイミングも外れているかもしれませんがご了承下さい。いつかは完成、プロになるわ!

初歩のこどもが着用する一つ身単衣を洋服巾の生地で作っています。
⇒前回までもご覧下さい。



【2.肩当、居敷当、おくみ付け、脇縫い】一回2時間半のおけいこ分をアップします。

3
前回裁断したものと出来上がった袖を並べてみました。

2
名称を書き込んでおきます。

1
洋裁にないのは“おくみ”ですね。

5
普段着の着物は当て布が大切のようです。(よそゆきも?)

7
“くけ”は上下、“まつり”下上・・・です。

8
“おくみ”の縫い代の始末中だったと思います。

9
脇縫いの運針中~早くてとてもきれいに縫い上げます。

10
対面で、生徒ミコも同じことをしていました。

11
というわけで、早業で左右とも脇縫いまで終了しました。

続きをお楽しみに~

※マダムミコの洋裁教室、空きクラスで生徒募集中です
洋裁くらぶバナー

Ranking1人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2010年10月 4日 (月)

1.裁断と船底袖【一つ身単位/和裁】

ご訪問ありがとうございます!マダムミコ、和裁を開始します!

趣味の空中ガーデンや仕事作成メモは⇒
ミコ店長の備忘録pencil
               

ミコ先生、和裁もできるの?って思った生徒さん、すみません違うんです。和裁は素人、時々出かけるついでに、みっこ師匠(和裁の先生おったんてーねみっこさん)に教えてもらうことにしました。

みっこ師匠、宜しくご指導お願いします。

和裁の説明は素人になりますので、詳しくできません。写真のタイミングも外れているかもしれませんがご了承下さい。いつかは完成、プロになるわ!宣言します。

今のところは着物初級コースの作成過程をお楽しみいただければ幸いです。

まずは初歩のこどもが着用する一つ身単衣を洋服巾の生地で作ります。



【1.裁断と船底袖】一回2時間半のおけいこ分をアップします。

1
メモするのがせいいっぱい、数字は師匠が管理。

Kimono1
なんとか、できた。和裁はイメージが大切。裁断寸があっても仕上がり寸がわからない・・・

Kimono2
適当に(最善の位置で)、いい具合に(最善の馴染み具合で)綴じます。

Kimono3
“くけ”は洋裁では滅多に使わない始末、習いたては面白いです。

Kimono4
この“かんぬき”は、洋裁でも頻繁に使います。師匠の方がきれい~

Kimono5
できた!みっこ師匠がブログにお絵描きしています。


名称の決定的な違い!発見!

洋裁の袖丈⇒和裁の袖巾
洋裁の袖巾⇒和裁の袖丈

袖の捉え方の違い~考えると分ります。

続きをお楽しみに~

※マダムミコの洋裁教室、空きクラスで生徒募集中です
洋裁くらぶバナー

Ranking1人気ブログランキングへ

| | コメント (0)